海外移住を目論むバ韓国塵どもに死あれ!


沈没し始めた泥船から逃げ出すように、海外に移住するバ韓国塵が急増しています!

海外移住を目論む屑チョンの数は、

この2年間で5倍以上にも膨れ上がっているとのこと!!


国に対して何の愛着も持っておらず、

自分の利益だけで身の振り方を決めるという屑チョンらしい選択です。



これは由々しき問題ですね。


これ以上害獣どもが地上に拡散してしまっては、後に控えている除鮮作業の効率が悪くなってしまいます。


理想は、ヒトモドキどもを朝鮮半島に隔離して、丸ごと火の海にして焼却することなんですから。


世界各国が一丸となってバ韓国からの移住を認めないようにするべきでしょう。



もしくは、移住を希望する屑チョンにはGPSでも埋め込んでおいて、

いつでも殺処分できるように準備しておくのが正解でしょうね。



-----------------------
韓国の政治・経済に不安感、海外に移住する韓国人が急増

 ソウル・汝矣島に住む資産家Aさん(50代)は最近、海外の不動産を調べている。息子には韓国から近い東京都内のマンションを、娘には米ニューヨークのマンションを買ってやろうと考えている。Aさんは「うちの子どもたちが将来、どの国で暮らすことになるのか確信がない。景気が回復する様子もないし、資産を持つ人を敵視する現政権が交代する様子もない」と言った。

 大手企業の部長カンさん(40代)は昨年、妻と5歳の娘を米グアムに行かせ、自身はソウルで一人暮らしをしている。米国での研修期間中に生まれた娘には米国の市民権がある。カンさんは給料700万ウォン(約65万円)のうち400万ウォン(約37万円)を毎月送金している。その金額で妻と娘はベッドルームが2つあるグアム内陸地域の一戸建て住宅の家賃や中型車のリース料などを払って暮らしている。カンさんは「娘をPM2.5や学校内の過酷な競争の中で生活させることができなかった。私も退職後に韓国を離れることに未練はない」と語った。

 韓国を離れて海外移住する韓国人が増えている。外交部(省に相当)によると、昨年の海外移住申告者数は2200人だったという。2016年の455人に比べると、2年で約5倍に増えた。リーマン・ショックがあった2008年以降で最多であると同時に、人数が4けたに達したのも9年ぶりとなる。資産家は韓国の政治・経済状況を、中産階級は環境・教育問題を主な原因として挙げている。

 移住者急増について、韓国政府は今年5月、「制度の変更により、海外移住者が国民年金を一時払いで受け取れるようになったため、『海外移住申告書』の提出が集中したことが原因だと推定される」と述べた。しかし、複数の専門家は「そのような理由だけで最近の急増ぶりを説明することはできない」と話す。事実、韓国社会の所々で移住者増加を示す現象が生じている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/06/2019070680014.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ