崩壊間近のバ韓国・サムスン電子


バ韓国の屋台骨を支えているサムスン電子が、いよいよ危険水域に突入したようです。


今年の4月から6月にかけての営業利益は、

前年比56パーセント減というものでした!!!!!



これから半導体関連の輸出規制が始まるので、

この数値は間違いなく悪化していきます。



屑チョンどもの絶滅という全人類の願いが、

また一歩現実に近づいた形でしょう。




ヒトモドキを根絶やしにしたという功績を後の世に残すため、

我々日本人はもっと頑張らなければなりませんね。



-----------------------
輸出優遇除外:営業利益56%減のサムスン電子を襲う「ジャパンショック」

7-9月期以降はさらに心配との声も

 サムスン電子の収益性に警告ランプがともっている。サムスン電子は5日、今年4-6月期の売上高が56兆ウォン(約5兆1700億円)で前年同期間比4%減、営業利益は6兆5000億ウォン(約6000億円)で56%の急減という連結決算(速報値)を発表した。売上はほぼ同じだが、手元に残った利益が半分以下に減ったという意味だ。今年に入ってからはこのような傾向が続いている。昨年は1-3月期の営業利益が15兆6000億ウォン(約1兆4400億円)、同年4-6月期が14兆9000億ウォン(約1兆3750億円)だったが、今年は1-3月期の営業利益が6兆2000億ウォン(約5720億円)、同年4-6月期が6兆5000億ウォン(約6000億円)と大幅に減少した。売上高に対する営業利益を意味する営業利益率は前年4-6月期が25.4%だったが、今年4-6月期は11.6%になった。つまり、1000ウォン(約92円)分を売ると、昨年は254ウォン(約23円)もうかったが、今年は116ウォン(約11円)しかもうからないということだ。

■日本の経済報復など、不確実性が加わる…今年下半期も「五里霧中」

 スマートフォンの収益性は中国との競争のせいで後退している。上半期に発売した同社の主力製品「Galaxy(ギャラクシー)S10」が世界のスマートフォン市場低迷で期待されたほど売れていないのが大きい。また、中国・ファーウェイ(華為技術、Huawei)社に対抗して「世界販売台数1位の座を守るため、Galaxy A・Galaxy Mなどの中低価格スマホのモデル数を大幅に増やしたことも、収益性悪化につながった。4月に発売予定だった折り畳みスマホ「Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)」は製品の欠陥問題で発売が2カ月以上先送りされている状態だ。8月に発売予定の下半期主力製品「Galaxy Note(ギャラクシー・ノート)10」と再発売を控えるGalaxy Foldの発売時期がほぼ同じであることも、どのような影響を与えるか未知数だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/06/2019070680013.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ