日本に併合される前のヒトモドキども


脱北してバ韓国で暮らしていた親子が、ソウルで餓死していました!


母親のほうは10年前に脱北していたとのこと。

そして、収入は1か月8600円ほどの養育手当だけだったようです。


こんな国が、


「南北統一すれば経済力で日本に勝てるニダ!」


とか言ってるんですから、お笑い草ですねwww



朝鮮半島に暮らすヒトモドキが大量に餓死……。



想像しただけで胸熱なので、さっさと統一国家を樹立していただきたいものです。



-----------------------
飢えから逃れるため韓国来たのに…餓死した脱北者親子

 10年前に脱北して韓国に来た女性が、韓国で出産した息子と一緒に暮らしていた賃貸マンションで死亡しているのが発見された。通帳残高は0ウォンだった。警察は餓死の可能性が高いと見ている。

 ソウル冠岳警察署は先月31日、ソウル市冠岳区奉天洞のマンションで脱北者の女性(42)と息子(6)が死亡しているのが発見されたと今月12日、明らかにした。遺体の腐敗状態から見て、警察はこの親子の死亡時期を約2カ月前と推定している。

 警察関係者は「まだ最終的な解剖結果が出ていないが、さまざまな状況から見ると、親子は餓死したと推定される。自殺した状況も他殺が疑われる点も現時点ではない」と語った。親子が発見された時、この家で食べられるものと言えば袋に入った粉唐辛子だけだったという。法医学専門家は「栄養失調状態が続くと複数の疾病が発症して合併症により死に至るが、一般的には『餓死した』と表現する」と話す。

 警察や脱北者らによると、親子が住んでいた13坪のマンションの部屋は保証金547万ウォン(約47万円)、家賃9万ウォン(約7800円)の賃貸物件だった。親子はこの家賃を数カ月滞納していたという。室内で発見された通帳の残高は「0ウォン」。5月中旬に3858ウォン(約330円)の残高を全額下ろしたのが最後だった。親子の死亡推定時期はそれから約2週間後だ。

 死亡する直前、この親子の定期収入は1カ月10万ウォン(約8600円)の養育手当だけだったことも分かった。ある脱北者は「飢えから逃れようと脱北した人が大韓民国のソウルで飢え死んだというのが信じられない」と言った。政府が昨年実施した北朝鮮離脱住民定着実態調査では、回答者の3人に1人が「経済的支援が必要だ」と答えている。「就職・起業支援」を希望した脱北者が24.9%で最も多く、「直接の所得支援」を希望した脱北者は12.3%だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/13/2019081380015.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ