バ韓国の10大財閥崩壊の日が間近に!


2019年上半期における、バ韓国10大企業グループの業績が判明していました。


なんと、バ韓国の屋台骨を支えるこの10社の営業利益は、

前年比53パーセントダウン!!!!!!!!


半分以上も利益を減らしていたのです。



日本による輸出管理強化の影響は、この上半期(1月-6月)にはほぼ影響がないというのにwww


つまり、日本の動きに関係なく、とっくの昔から経済が崩壊していたわけですね。



これは下半期の結果が楽しみですなぁ。

ホワイト国から外された影響がモロに出るはずですからwww


1年で半減ってことは、もう1年もすれば営業利益が無くなり赤字に転落していることでしょう。



いよいよバ韓国のXデー到来が現実味を帯びてきましたね。




しかし、国が終わってもそれがゴールじゃありません。


この日本や世界中に散らばっているヒトモドキどもを完全に駆逐してこそ、人類の勝利と言えるでしょう。



-----------------------
韓国10大企業グループの営業利益、1年で半減

 今年上半期の韓国の10大企業グループによる営業利益が前年同期比で半減した。4-6月期で比較すると3分の1に減少したことが分かった。

 大企業グループ専門のデータサービス、インフォビックスが10大企業グループに属する上場企業90社(金融関連を除く)の半期報告書を分析した結果、今年上半期の営業利益(単独ベース)は合計で21兆2977億ウォン(約1兆8700億円)となり、前年同期(45兆8189億ウォン)に比べ53.5%減少した。特に4-6月期の営業利益は8兆1093億ウォンで、前年同期(21兆9189億ウォン)を63%も下回った。

 上半期に営業利益が増加したのは現代自動車グループと現代重工業グループの2社だけだった。

 ハンファグループは主力系列企業、ハンファケミカル(72%減)とハンファ(64%減)の不振で、営業利益が73%減の1180億ウォンとなり、10大企業グループで最大の減少幅を記録した。サムスングループの営業利益も66%減の7兆9443億ウォンだった。世界的な半導体景気の後退でサムスン電子の営業利益が70%減少したことが響いた。

 一方、現代自動車グループは新車効果などで起亜自動車と現代自動車の営業利益がそれぞれ250%、86%増え、グループの営業利益も38%増えた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/19/2019081980003.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ