子供に殺されるのを待つバ韓国塵の親世代


ここ最近になって、自分の両親を被保険者として保険に加入する未婚の屑チョンが増えているようです。


要するに、

老い先短い親に保険をかけ、死んでくれるのを待つという寸法ですねwwww



今後は、保険金目当てで両親を殺害する屑チョンが増えてくれることでしょう。



ただ殺されるのを待つだけではあまりにも不憫なので、

親世代も子殺しに励んでいただきたいものですwwww




自分の子供に保険をかけ、さっさと殺して余生を楽に生きる……。

そんなライフスタイルがバ韓国で流行ってくれることに期待できそうですなぁ。



-----------------------
韓国の未婚30-40代、両親向け保険加入は既婚者の4倍

 サムスン生命人生金融研究所はこのほど、結婚しない30-40代が既婚の同世代に比べ両親を被保険者とする保険に加入するケースが多いとする調査報告をまとめた。1人で両親を扶養しなければならないため、保険に頼る傾向が強いと言えそうだ。

 報告書は今年4月1日から5月10日までの期間に首都圏と5つの広域市に住む30-49歳の男女2665人を対象にアンケートと面接調査を行い、結果をまとめたものだ。

 回答者が最近1年間に加入した保険の被保険者の割合を見ると、既婚者は本人(60.3%)のほか、配偶者(22.4%)、子女(15.2%)の割合が高かった。これに対し、未婚者は本人を被保険者とするケースが91.1%と大半を占めたが、特徴的なのは両親を被保険者とするケースが7.8%あり、既婚者(2.1%)の4倍近くに達したことだ。サムスン生命は「未婚者が1人で両親の面倒を見なければならないという負担を認識した結果、それを軽減するために両親の保険に関心が高いとみられる」と指摘した。

 個人への面接調査で、30代男性Aさんは両親の病気介護の問題で家族が対立する周囲のケースを見て、保険加入を検討したという。30代女性Bさんは数年前まで両親とは別居していたが、両親の健康問題をきっかけとして同居し、両親の保険に関心を抱いたと答えた。

 未婚者が両親のために最も加入している保険はがん保険(19.3%)で、終身保険(18.0%)、損害保険(15.2%)が続いた。30-40代の未婚者は介護保険の加入割合(4.0%)も既婚者(1.1%)に比べ高かった。30-40代の未婚者が自分のために加入した保険はがん保険(19.1%)、損害保険(16.0%)、終身保険(12.8%)の順だった。未婚者の老後対策用年金保険の加入割合は11.7%で、既婚者(9.2%)に比べやや高かったが、両親を被保険者とする保険に比べれば差は小さかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/28/2019082880070.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ