整備士を乗せないまま運行しているのがバ韓国の航空会社


またまたバ韓国の格安航空会社関連のニュースです。


本来、整備士を同乗させておかなければいけない路線なのに、

乗せ忘れたままバ韓国から日本に飛んできたエアプサンの旅客機。


その事が判明し、帰りの便が足止めを喰らい、運航が6時間も遅延していたのです!!!!!


会社側は「整備士が運航日程を勘違いしていたようニダ」と釈明しているようですが……。



このニュースを知ったバ韓国塵ども。

航空い会社を責めるのかと思ったら、



「この時期に日本に行くなんてトンデモないニダ!」


「遅延の時間で強制的に反省したニカ?」


「全国民が日本旅行ボイコットしているのに許せないニダ!」


「日本旅行を拒否した整備士こそ愛国者ニダ!」



……などと、日本旅行した屑チョンどもを責めていたのですwwww



日々放射能を浴び続けているバ韓国塵どもなので、脳みそがとろとろに溶けてしまってるんでしょうね。



きゃつらに正常な判断を求めることは、天地がひっくり返っても無理だということがよく分かりますねぇ。



-----------------------
整備士を乗せ忘れた!韓国の旅客機が日本で大幅遅延=韓国ネット「整備士が日本旅行ボイコット?」

 2019年9月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の格安航空会社(LCC)エアプサンが整備士の同行を忘れ、乗客約130人が名古屋に足止めされる騒動があった。

 記事によると、15日午前10時40分に名古屋・中部国際空港を出発し、釜山(プサン)・金海(キムヘ)空港に向かう予定だったエアプサン機の運航が6時間遅延した。遅延の理由は「離陸前の機体点検ができなかった」ことだった。

 中部国際空港にはエアプサン機担当整備士がいないため、名古屋便の運航の際は整備士を同行させることになっているが、この日、同機は釜山を出発する際に整備士を乗せていなかった。そのため、急きょ福岡にいた自社整備士を呼び寄せ、機体点検を行ったという。

 エアプサン関係者は「秋夕(チュソク、中秋節)で臨時増便をしたため、整備士が運航日程を勘違いしていた」と説明。同社は乗客に謝罪し「消費者紛争解決基準」に従い、運賃の20%を賠償するという。

 この記事に韓国のネットユーザーからは「全国民が『ノー日本』と言ってる時に、その130人は何なんだ?」「みんな心を一つにして日本不買運動に賛同してるのに。日本で足止めされて、強制的に反省の時間を過ごすことになったのか」「今は行くべき時じゃないと言われても、鼻で笑って日本に行ったんだろう」「整備士が日本旅行ボイコットしたんだな」「整備士は愛国者だ」など、日本を訪れた人々への批判が殺到している。

https://www.recordchina.co.jp/b745517-s0-c30-d0144.html
-----------------------



>離陸前の機体点検ができなかった

つまり、行きの便は機体点検せずに運航されていたわけです。


やはりバ韓国の航空会社はテロ組織みたいなものでしょう。


いつ墜落してもおかしくない空飛ぶ棺桶なので、今すぐにでもバ韓国からの路線は全て廃線にするべきなのです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ