バ韓国に登場した北朝鮮式飲食店


ソウルで営業していた日本式飲食店。

一連の不買運動を受け、先日閉店していたとのこと。


しかし!


その跡地には、北チョンのカリアゲ君の祖父と父親を称える肖像画が掲げられた「北朝鮮式飲食店」がオープンするとのこと。


しかも、ご丁寧に北朝鮮の国旗まで飾られているんだとか。


いやぁ、イイ感じじゃないですか!


ヒトモドキどもを効率よく駆逐するには、カリアゲ君に支配してもらっておくのが一番ですからねwwww




地獄絵図となっているバ韓国なので、

北朝鮮がパラダイスのように思えるのでしょう。



低能どもは豚に飼われながら死んでいくのがお似合いですねwwww



-----------------------
日本式飲食店の跡に北朝鮮風の飲食店出現

 ソウル市麻浦区の弘益大学前では、北韓の金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)父子の肖像画を外壁に描いた「北朝鮮式飲食店」が開業に向け準備中だ。日本の木造建築物をまねて作った2階建ての有名日本式飲食店が最近の反日ムードで閉店した場所だ。

 15日午後、弘益大前の「平壌スルチプ(編注・スルチプは飲み屋の意)」は年末の開店を目標に内装工事が盛んに行われていた。2階建ての建物の前面には北韓女性の大きな絵を含む3メートルサイズの看板が掛かっている。現場では20代のAさんが外壁にかけてあった幕を剥ぎ取った。そこには北韓の金日成主席と金正日国防委員長の父子の肖像画と人共旗(編注・人民共和国旗)が姿を現した。人共旗の下には「トンムドゥル(編注・皆さんの意)の消費を大々的に増やそう」「もっと多くの酒をトンムドゥルに」と書かれた宣伝ポスターが描かれていた。

 幕を剥ぎ取ったAさんは自分を「平凡な市民」と呼んだ。Aさんは「数日前にソーシャルメディアであるネットユーザーが撮影したこの建物の写真を見て、事実かどうか確認しようとやって来た。全国民を愚弄し、こそこそ人共旗と金氏一家の写真を隠していたことに腹が立ち、幕を剥がした」と話した。

 店舗内部も北韓でなければ見られないはずの絵やスローガンであふれていた。壁には金日成とみられる男を北韓の女子学生が取り囲んで泣く姿が描かれていた。真っ赤な外壁には白い文字で「民族の団結した力で平和の新時代を開いていこう」という文言も書かれていた。

 この建物ではわずか2カ月前まで日本式の飲食店が営業していた。日本の木造家屋をまねた内装で若い世代に人気だった。周辺で自営業を営むCさん(56)は「韓日関係が悪化し、弘益大近くの通りに並んでいた日本式の飲食店が一つ二つと閉店し、あんな奇妙な飲み屋ができた」と話した。

 建物周辺には見物に訪れた市民が集まった。主にソーシャルメディアを見てやって来た人たちだった。大学生のHさん(24)は「過去の共産主義国の宣伝物のパロディーで『友よ、試験は目前だ』といった文言が書かれたノートを持って歩くことが最近の流行ではあるが、それでも金日成・金正日の顔写真まで描くというのは行き過ぎだ」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/20/2019092080114.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ