フィリピンの観光地で環境汚染をするバ韓国塵に死を


フィリピンのリゾート地でバ韓国塵が立小便をして逮捕されていました!


またそれ以外にも、禁じられていた海岸で飲酒を行った罪でバ韓国塵4匹も逮捕されていたようです。


このリゾート地は環境汚染が深刻となり、しばらく全面閉鎖されていた島です。

再び入島を許可した矢先に、屑チョンによって環境が破壊されていたわけです。



やはり屑チョンが海外旅行するという行為は、それだけで死罪に相当するでしょう。


入国するだけで、現地の人の生命と財産を脅かすことになるのですから。



解決策は簡単です。

ヒトモドキが入国したと同時にその場で殺処分することです。



観光によって外貨を稼ぐという一面もあるでしょうが、屑チョン1匹が入国しただけでその何百倍もの被害があるのですから。


この日本も屑チョンの観光客を締め出すだけではなく、国内に棲息している害獣どもを狩りだして完全なる浄化を目指すべきでしょう。


ヒトモドキのいない国……。


想像しただけでほっこりしますよね?


治安も向上し、観光価値も急上昇!


まさにいい事尽くめなんですから!



-----------------------
フィリピンのリゾート地で立小便、韓国人観光客が逮捕=韓国ネット「恥ずかしい」「こういう部分で日本に勝とうよ」

 2019年9月27日、韓国・KBSによると、フィリピンの有名リゾート地・ボラカイ島で最近、韓国人観光客が立小便をして警察に逮捕されていたことが分かった。

 記事によると、韓国人観光客は13日にボラカイ島の海岸で立小便をしていたところを現地の警察に発見され、逮捕された。すぐに拘留はされなかったものの、召喚状が発行された。また、警察は現地の法律に違反してボラカイ島の海岸で飲酒した韓国人観光客4人も逮捕したという。

 フィリピン当局はボラカイ島の環境汚染が深刻なレベルに達したことを受け、昨年4月に環境対策として全面閉鎖を決定したが、半年後に再び観光客の受け入れを開始した。その後は海岸でのパーティーや飲酒、喫煙を禁止したが、環境汚染行為が相次いで摘発されているという。

 今年8月には海岸で子どもに大便をさせたり、使用済みのおむつを砂浜に埋めたりした中国人観光客の姿がカメラに捉えられた。今月12日にも海岸で立小便をした中国人観光客2人が逮捕されていた。

 このニュースに韓国のネットユーザーからは「恥ずかしい」「国の恥さらし。外国にまで行ってそんなことをするなんて」「韓国に帰ってこないで」と批判する声が上がっている。

 また、「逮捕してくれてよかった。反省して今後は気をつけて」「フィリピンの法律で厳しく処罰してほしい」「罰として海岸の掃除をさせてほしい」と訴える声も。

 そのほか、「こんなんじゃ日本に勝てないよ。基本的な秩序は守って」「経済戦争ではなく、まずはこういう部分で日本に勝とうよ」との声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b748176-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ