バ韓国海軍の鉄くず空母を見てみたいwww


バ韓国海軍が、7万トンきゅうの中型空母の建造を“検討”していたようです。


しかし、

予算不足のため中型空母を諦め、軽空母の建造に切り替えたとのこと。



いやぁ、惜しいことをしましたね。


中型空母だろうが軽空母だろうが、進水式の場で沈むのは間違いなかったでしょう。


どうせなら、より大きい鉄くずを見たかったものですwwww




計画では2022年から建造を開始し、2033年に進水予定とのことです。


そこまでバ韓国という国が存在しているとは到底思えませんね。




一度も稼働することなく沈む空母……。

是非見てみたい気もしますがwwww


-----------------------
韓国海軍、7万トン級中型空母建造を検討していた

 韓国海軍が空母建造事業を推進し、7万トン級の中型空母の建造を検討していたことが分かった。

 国会国防委員会所属の崔宰誠(チェ・ジェソン)共に民主党議員は10日、海軍が大型輸送艦-II計画を確定するために行った研究過程で、中型空母と軽空母の2つの案を検討したと明らかにした。海軍が考慮した中型空母は全長298メートル、満載排水量7万1400トン。固定翼航空機(戦闘機、支援機)32機と回転翼航空機(ヘリコプター)を共に搭載できるよう建造される予定だった。乗組員は操縦士・整備士など航空人員640人を含む1340人だった。

 軽空母は全長238メートル、満載排水量4万1500トン。固定翼航空機12機と回転翼航空機8台を同時に搭載する。乗組員は720人(航空人員320人含む)。

 崔宰誠議員によると、海軍は取得費用と取得期間を総合した結果、最終的に軽空母に決定した。中型空母の予想取得費用は5兆4000億ウォン(約4860億円)、軽空母は3兆1000億ウォンだった。

 関連事情をよく知る政府筋は「海軍の中型空母は英国のクイーンエリザベス級空母を念頭に置いたものであり、海軍は実際には中型空母を望んでいた」とし「しかし予算問題のためにあきらめた」と伝えた。英国が2隻保有するクイーンエリザベス級空母は全長283メートル、満載排水量7万600トン。

 防衛事業庁は7日、国会国防委員会の国政監査業務報告で、2022年から2033年まで軽空母級大型輸送艦-IIを建造すると明らかにした。2033年の進水が目標ということだ。

 崔議員は「現在、北東アジア主要国家の軍備拡張ペースを考えると軽空母では不足する」と指摘した。海軍計画によると、軽空母は攻撃ヘリコプター24機以上、機動ヘリコプター12機以上、垂直離着陸戦闘機16機以上をそれぞれ運営する。崔議員は「中型空母級能力を備えるよう計画を変更すべき」と主張した。

https://news.livedoor.com/article/detail/17211337/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ