圧倒的な火葬場不足に陥っているバ韓国


現在、バ韓国では圧倒的な火葬場不足に陥っているようです。


ソウルの場合、2か所の火葬場をフル稼働しても死体を処理しきれず、

他の地域の火葬場を利用しているとのこと。



この火葬場不足の減少は、加速度的な高齢化と予算不足のため。



ま、いいんじゃないですかね。


死体を掘り起こして姦淫するのが大好きなヒトモドキどもなので、

むしろ歓迎している屑チョンのほうが多そうですwwww



近い将来、朝鮮半島が火の海になり死体が溢れかえることになります。

まとめて焼却することになるので、きゃつらの穢れたDNAは完全に消滅することとなるでしょう。



もちろん、海外に散らばっている害獣どもを完膚なきまで駆逐するのも重要ですね。



-----------------------
足りてないのに…韓国の火葬施設予算80億ウォン減

■ソウル3500人分、京畿道では1万5000人分不足

 保健福祉部が10月4日、国会保健福祉委員会のチョン・チュンスク議員室に提出した資料によると、火葬場の不足は深刻な状況だ。ソウルの場合、火葬場が1日に3.3カ所、釜山は4.5カ所、大邱は0.7カ所、京畿道では14.5カ所足りないことが分かった。

 ソウルの場合、2017年基準で3万8000件が火葬による葬儀を執り行ったが、2カ所の火葬場で32の火葬炉をフル稼動させても3万4500件しか対応することができなかった。不足分の3500件は他地域の火葬場を利用するほかなかった。年間5万件の火葬が行われている京畿道はさらに深刻だ。年間3万4000件しか収容できないため、残りの約1万5000件は仁川や忠清などの火葬場を利用している。全国的には17の市・道のうち、ソウル、京畿、釜山、大邱を除くその他の地域の火葬施設は余っているが、人口密集地域であるこの4地域はこれまで施設を増設することができず、慢性的な火葬施設の不足現象を患っている。

■年間死亡者30万人時代、火葬場は今後も不足

 火葬場を増やさなければ、不足現象はますます深刻化するほかない状況だ。福祉部は、高齢者層が増えたことで、年内に「死亡者数30万人時代」へと突入するとの見通しを示している。昨年の死亡者数は29万8800人で、関連する統計を作成し始めた1983年以降で最も多かった。これに加え、火葬率も年々増加する傾向にある。昨年は86%を突破し、今年は87%以上に上るものと予想されている。

 順天郷大学のキム・ヨンハ教授は「来年の総選挙を控え、基礎年金の引き上げといった公約予算や高齢者の働き口のようなばらまき予算が増加したことで、火葬施設や末期がん患者などのためのホスピス予算などが逆に減らされてしまったようだ」という。これについて、福祉部の関係者は「火葬場を新設する場合、嫌悪施設といった理由で住民たちが反対するケースが多く、予算の割り振りも低調とならざるを得ない側面がある」と説明している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/11/2019101180137.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ