バ韓国軍にはファーウェイ製品がお似合い


バ韓国軍は、アメリカからのファーウェイ排除要求に対して、

「ファーウェイ製品は使っていないニダ!」

と回答していました。



しかし、


実際はファーウェイを始めとする中国製品が数十の部隊で使われていたことが判明!!!!



やっぱり病気なんでしょうね。


常に嘘をつき続けていないと死んでしまうのでしょう。



こんな国と同盟を結ぶのは自殺行為です。


有事の際、バ韓国が味方についたほうが負けるのは当然でしょう。



日米ともにさっさとバ韓国と縁を切り、

有事に備えるべきでしょう。



そのためにも、国内に巣食う害獣どもの掃除が重要です。


強制送還するなり、道端に並べて銃殺するなりして後顧の憂いを断っておきたいものです。



ヒトモドキ駆除のためなら、いくら税金が使われても文句を言う日本人は皆無でしょうから。




-----------------------
韓国軍、ファーウェイなど中国製品のリスクを把握していた

 ファーウェイを含む中国製品を通じてサイバー攻撃を受ける可能性について、韓国軍はこれを昨年から認識していたことが14日までに分かった。韓国軍はこれまで米国からのファーウェイ排除要求に「ファーウェイ製品は使っていない」と回答し、中国製品を通じたサイバー攻撃のリスクには口を閉ざしてきた。韓国軍の周辺では「軍はサイバー攻撃のリスクを把握していたが、米中の間で双方の顔色をうかがい積極的な対応ができなかったのではないか」などの指摘が相次いでいる。

 本紙がこの日入手した資料「北朝鮮によるサイバー活動増加予想に伴うセキュリティー上の脅威および対策通知」によると、韓国軍の情報当局は昨年11月「北朝鮮など第三国によるサイバー攻撃などのリスクが予想される」として各軍に文書で注意を促すと同時に、対策に乗り出すよう求めていた。韓国軍は文書の中で「IoT(モノのインターネット)や5G(第5世代移動通信)を含む第4次産業技術(監視カメラやドローンなど)の導入が本格化し、わが軍の国防統合データセンターや防衛事業庁などが新たな手口のサイバー攻撃を受け、情報を奪われる可能性が高まっている」と指摘した。その具体的な例として「中国製のIoT製品や5Gネットワーク機器を使用する際、バックドアなどを使ったサイバー攻撃が懸念される」と明記されていた。

 韓国国防部(省に相当)は情報当局からの文書について「中国の具体的な製品名や機器は名指されていない。一般的な話として中国で製造されたIoTや5G関連の機器にはバックドアを通じたサイバー攻撃の懸念があるため、セキュリティーには格別に注意を促すという趣旨で作成された」と説明した。韓国軍は表向きは中国製品の使用を否定しているが、ファーウェイを含む中国製品は数十の部隊で直接・間接的に使用されているという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/15/2019101580054.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ