日本製品不買で自らの首を絞めるキチガイバ韓国塵ども


文政権の経済首席秘書官が、先日とんでもない発言をしていましたwww


「バ韓国経済は善戦しているニダ!」


「経済危機説は誇張されたフェイクニュースニダ!!」


しかし!


その2日後、IMFがこの真っ赤な嘘を明らかにしていたのです。


バ韓国の経済成長率の伸びが鈍化し、来年以降のバ韓国の失業率も上昇するという判断でした。



ま、屑チョンが嘘しかつけないのは周知の事実ですが、

いよいよ通貨危機が現実味を帯びてきました。



ここが文大統領の腕の見せ所ですね。


在日屑チョンを始めとした海外同胞の資産を差し押さえるなど、

死に物狂いの抵抗を見せてほしいものです。



ヒトモドキどもが苦しめば苦しむ分だけ、我々人類にプラスとなるんですから。


-----------------------
韓国通貨危機! 文政権「韓国経済は善戦」発表直後にIMFからダメ出しの“赤っ恥” 海外の投資家や企業も見限る 

 「韓国経済は善戦している」。13日にこう発言をしたのは、青瓦台の李昊昇(イ・ホスン)経済首席秘書官。中央日報によると、人口5000万人以上の国で2番目に高い成長率であることを根拠に「経済危機説は誇張されている」とも述べたという。

 ただ、韓国経済に詳しい朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は、こうした見方について「実態が全く伴っていない」と疑問視する。

 「文政権は具体的な手を打っていないのに善戦などできるはずもなく、虚偽の発言というしかない。法相を辞任したチョ国(チョ・グク)氏の問題もあり、これ以上国民の怒りを買えば政権が崩壊しかねないため、あたかも対策を講じていると国民に思わせようと政府が言葉を選んだのだろう。ただ国民は政府が信用に値しないと感じているに違いない」と指摘する。

 李秘書官が“楽観視発言”をした2日後の15日、韓国経済が善戦していないことを裏付けるかのようなリポートがIMFから発表された。

 「世界経済見通し」の中で、韓国の経済成長率は2019年が2・0%、20年が2・2%と、それぞれ4月時点の見通しから0・6ポイントの大幅引き下げとなった。米中貿易戦争や中国経済の減速で経済が悪化するとの見立てだ。

 日本の成長率見通しも19年が0・9%、20年が0・5%だからほめられたものではないが、気になるのは消費者物価指数の見通しだ。韓国は19年が0・5%、20年が0・9%。デフレ脱却道半ばの日本(19年1・0%、20年1・3%)を下回っているのだ。

 IMFは韓国の失業率についても19年に4・0%、20年に4・2%と上昇を見込んでいる。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191018/for1910180002-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ