日本の神風にも嫌われているバ韓国の首相


訪日中の李洛淵首相が、屑在日どもとの懇談会に出席していました。

その場に参加していた屑在日は、


「日韓関係の悪化により、息を殺して生活するしかないニダ」


と窮状を訴えていたとのこと。



息を殺してるなら、そのまま窒息死してくれないと困りますね。


日韓関係がどうなろうとも、害獣が益獣に変わることは絶対にありえません。


我々人類の発展のためには、ヒトモドキどもを完全に消し去らねばならないのです。


まだまだきゃつらは己の立場を理解していないようですね。


あの少ない脳みそで理解できるかどうか不明ですが、自ら死を選ぶくらいにもっと追い詰めたいものです。



-----------------------
李洛淵首相に会った在日韓国人たち「息を殺して暮らしている」

 日本を訪問中の李洛淵(イ・ナクヨン)首相に会った在日韓国人たちが「息を殺して暮らしている」と語り、韓日関係改善を要求した。これらの人々は、李洛淵首相が23日に主宰した同胞代表招待昼食懇談会に出席し、深刻なまでに悪化している韓日関係で大きな困難を抱えていることを強くアピールした。昼食懇談会の歓迎のあいさつでは、呂健二(ヨ・ゴニ)在日本大韓民国民団(民団)中央本部団長が「韓日関係が非常に難しいため、我々在日韓国人は息を殺して生活するしかない。我々も韓日親善交流のために最善の努力を尽くすが、政府の動きがなければ、その成果は限定的だ」と述べた。

 李洛淵首相が東亜日報東京特派員として東京にいたころ、東京支局秘書だったソ・スンジャ民団中央本部文教局副局長は別のインタビューで、「在日韓国人社会は本当に死ぬか生きるか、生活ができるか否かの状況に置かれている。在日韓国人の子どもたちのほとんど、99%は日本の学校に通っている。そうした子どもたちが今、どのような立場で学校に通っているのか、(李洛淵首相が文在寅〈ムン・ジェイン〉)大統領に何かお話しなさることができるなら、そういう子どもたちのことも視野に入れて、国が果たすべき役割を考えてほしい」と言った。これに対して、李洛淵首相は「さまざまな苦労をたくさんなさっていることはよく知っている。韓日両国政府が何か打開策を見いだせるよう、役割を果たしていく」と述べた。

 李洛淵首相は同日、慶応義塾大学の学生たちに会った時には、「韓日関係が円満でないために最も胸が痛むのは、若者たちの心に傷を与えることだ。父親世代が歴史からの傷をもって両国関係を見つめているとすれば、(若者たちは)どんな傷も受けることなく相手を見て、未来を構築できるようにすることが、大人たちがすべきことだ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/24/2019102480004.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ