反文デモに参加するバ韓国塵。き、機銃掃射したい!


暴挙を続ける文政権に対し、バ韓国軍が警戒しているようです。


反米・親北路線をひた走る文大統領に対し、多くのOB軍人・戦友会が堂々と“反文政権”を訴えているとのこと。



とくに過激なのは決死隊と呼ばれる600匹の集団。

メンバーの半数が20~30代の退役軍人・予備役で、

大統領府前で寝泊まりしながら連日“反文デモ”を繰り広げています。



ま、危機感を覚えているのは事実でしょうけど、実際にクーデターを起こすような屑チョンは皆無でしょうね。



ヒトモドキどもは自分さえ良ければ後はどうなっても構わないという醜い精神構造をしているので、

結局は口先だけで終わってしまいそうです。



それに、文大統領にはバ韓国を終了させるという大事な使命があるので、

軍の決起になど負けず、最後まで信念を貫いてほしいものです。



-----------------------
韓国で反文勢力の「決死隊」決起か!? GSOMIA破棄阻止へ軍OBら「命をかけて文大統領を引きずり下ろす」 識者「失効期限の23日まで予測不能」

 首都ソウルでは10月3日、文政権打倒を訴える「300万人以上」(主催者発表)という大規模集会があった。

 元韓国国防省北韓分析官で、拓殖大学主任研究員の高永チョル(コ・ヨンチョル)氏は、この集会に「OB軍人・戦友会」として参加した。

 大統領府(青瓦台)の入り口前には600人程度の「決死隊」が陣取っていた。半分ほどが20~30代の退役軍人・予備役。大統領府前で寝泊まりしながら連日、「文大統領は退場だ」「米韓同盟を守れ」「GSOMIA破棄は自殺行為だ」などとプラカードを掲げ続けているという。

 日本ではあまり報じられないが、「反文デモ」は毎週土曜日、継続して開かれているという。

 高氏は「GSOMIAの失効は、期限の23日午前0時まで予測不能だ。現実となれば日米韓の安全保障協力には大変なダメージとなる。鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は普段は文氏の顔色をうかがっているが、本音は『GSOMIAは維持すべきだ』という考えだろう。軍部の大勢も同様だ。今後、文政権が『離米・従北』姿勢を強めれば、『北朝鮮にのみ込まれかねない』との危機感が強まり、軍部も動くほかなくなるのではないか」と分析する。

 前出の高氏は「軍の将校らは『文政権が軍の解体まで狙っているのでは?』と警戒し、不満をためている。『反文』で盛り上がる国民世論を後ろ盾に、彼らがいつ爆発し、決起してもおかしくない」と指摘する。

 ドナルド・トランプ米大統領が8月末、フランスで開かれたG7(先進7カ国)首脳会談で、「文在寅という人間は信用できない」と酷評するほど、文氏を嫌っていたという。

 さらに、米空軍のB52戦略爆撃機2機が10月25日、対馬海峡を通過して日本海(韓国名・東海)上空を飛行したことが注目されている。

 高氏は「対馬海峡を通過して、日本海を飛行した経路は注目だ。文政権が、米韓同盟の弱体や、朝鮮半島の赤化統一を画策していることを見据えて、『米軍はいつでも朝鮮半島を制圧できるぞ』というメッセージを送る意図もあっただろう。B52の飛行は金曜日なので、翌日の『反文』デモを側面支援したともいえる」と分析した。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191104/for1911040001-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ