LGディスプレーがアップルに供給していたiPhone11の液晶パネル。


品質確認のためあらかじめアップルに提出していたサンプルとは大違いの粗悪品を納入していたことが判明!!!


もちろんそれが発覚し、生産された物全てが破棄される事態になったようです。



間違いなく原因はひとつですね。


日本の輸出規制を受け、急遽国産化したという素材が使い物にならなかったんでしょう。



これから先も似たような事が頻発するに違いありません。


日を追うごとにバ韓国の屋台骨が崩壊していくので、実に見ごたえがありますなぁwwww




-----------------------
LGディスプレー、iPhone11向OLED品質不良...9月に供給「ゼロ」レベル

 LGディスプレーがiPhoneに供給する OLED(有機発光ダイオード) パネルに品質問題が発生していたことが分かった。今年8月中旬から9月まで1ヶ月以上生産された物全体が廃棄されたものと把握される。今年最初の新型iPhoneでOLED供給契約を成功させたLGディスプレーが、中小型パネルの動力さえ喪失することはないかという懸念が出ている。

 8日複数の関係者に従えば、今年9月 LGディスプレーのiPhone11 (PROMAX)OLEDに品質問題が発生した。モジュール組立後のシステムの評価の段階でパネルに縦縞が生じる現象が現れたことが分かった。

 アップルのiPhoneは、中国のフォックスコンを使用して全量組み立てられる。責任がフォックスコンにあるのか、LGディスプレーにあるのかどうかは、正確に確認されなかった。しかし、これによりLGディスプレーの9月のiPhone OLED供給量が実質的にゼロに近かったと伝えられる。品質に問題の起こった製品は全量廃棄される。LGディスプレーは、7月末アップル側に関連サンプルを供給して、8月から本格的な供給を始めた。8月中旬から 9月までの物量に不良が現われた点を勘案すれば、100万台以上のパネル供給が座礁したものと推定される。

 OLEDの製造工程は、バックプレーン工程、蒸着、封止工程、モジュール工程など大きく3段階に分けられる。どの工程に問題があるのか知ることはできなかったが、一刻では LGディスプレーの責任論も取り上げている。

 LGディスプレー内部事情に明るいある関係者は、 "9月問題が起こったiPhone OLEDを置いて LGディスプレー側の責任と見る雰囲気が強い"と "問題の起こった製品は全量廃棄されることが原則である。損失が不可避だ"と言った。

 LGディスプレーは 6.5インチサイズであるiPhone11 プロマックスに置いて、サムスンと一緒に物量を分けて供給した。最初、LGディスプレーは内部的に今年一年、700万~800万台iPhone OLED 供給を目標で取った。しかし、9月品質問題及び相対的に不振なiPhone11 プロマックス需要を勘案するに、今年、LGディスプレーの供給物量が 500万台を越えるのは難しい計算。

 LGディスプレー内部でも今回の事件を置いて危機感が大きくなっている。中小型 OLED パネル供給に問題の起こった事例が今度が初めではないからだ。

 去年下半期に発売開始されたファーウェイMate20Proの OLED パネルは、LGディスプレーと BOEが物量を分けて供給したが、スマホ画面枠と全面部に緑色に光る不良がかなり多い数製品で発生した。'グリーンスクリーンゲート'でも殖やしたこの問題は LGディスプレー側の責任であることで確認された。

 当時 LGディスプレー側バックプレーン工程で LTPS(低温多結晶シリコーン) 平坦島が一定することができなくて不良が発生したと言うのが専門家の説明だ。LGディスプレーはこれにより 150万~200万台に達する関連パネルを廃棄しなければならなかった。

http://daily.hankooki.com/lpage/ittech/201911/dh20191108114711138240.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ