バ韓国のある村で2割以上の住民が肺がんにwwww


バ韓国の全羅北道益山市のある村で発生した慶事


住民99匹のうち22匹が肺がん等を発症し、14匹が死亡していたのです!!!!!


なかなかの高確率ですなぁwwww


その原因は周辺の肥料工場から出た有害物質!!


肥料の加工を違法に行い、その結果“発がん物質”を周囲にまき散らしていたとのこと。




こんな素晴らしい工場は、ソウルのど真ん中に作るべきでしょう。


大勢の屑チョンが勝手に死んでくれるのですから、ノーベル賞ものじゃないですかwwww



ちなみに、生き残った住民どもは顔を真っ赤にして損害賠償を請求するようです。


貴族階級である被害者様になれたので、座りションベンを漏らす勢いで喜んでいるんでしょうね。




-----------------------
「益山チャンジョム村民99人中22人ががん、肥料工場が原因」

 全羅北道益山市チャンジョム村の住民が相次いでがんを発症した問題について「周辺の肥料工場から出た有害物質が原因」との調査結果を韓国環境部(省に相当)が14日に発表した。

 環境部は「チャンジョム村の肥料工場から排出された有害物質とがんの発症には関連性があるとの結論が出た」と発表した。チャンジョム村の住民は2017年4月「肥料工場が原因でがんにかかった」として政府に健康栄養調査を求め、同年7月に環境保健委員会が請願を受け入れ調査が始まった。

 調査によると、2001年にチャンジョム村からおよそ500メートル離れた場所に金剛農産が肥料工場を建設したが、その後17年12月31日までに住民99人のうち22人が肺がんなどさまざまながんを発症し、14人が死亡した。チャンジョム村住民の肝がん、肺がんなどの発病率を調べたところ、通常の2-25倍に達していたことも分かった。

 これは肥料工場が堆肥としてのみ使用すべきたばこの葉の切れ端を、違法乾燥工程に使用したのが原因とみられている。たばこの葉を乾燥させる際、1級発がん物質の多環芳香族炭化水素とたばこ特異的ニトロサミンが排出されていたからだ。肥料工場の床や壁など工場内部や村内の住宅にたまったほこりなどを調べたところ、これらの発がん物質が検出されたという。環境部が明らかにした。

 問題の肥料工場は2017年末に肥料管理法違反などを理由に閉鎖された。住民はこの肥料工場に加工材料の処理を委託したKT&Gなどを相手取って損害賠償を請求する準備を進めている。環境部環境保健政策官のハ・ミナ氏は「今回の調査結果は、ある特定の要因ではなくさまざまな要因で発生する疾病と、環境汚染被害との間に疫学的関連性が存在することを政府が認めた最初の事例だ」とコメントした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/15/2019111580055.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ