品質が世界最低のバ韓国・サムスン製半導体


レッドチーム入り目前のバ韓国。



アメリカは最初からそれを予想していた節があり、

バ韓国から半導体産業を引きはがす作戦が綿密に練られていたようです。



ま、当然ですね。


敵国に半導体を好きなだけ作らせるわけにはいきませんから。



アメリカ高官が相次いで訪韓してGSOMIA破棄を引き留めているのは、ポーズにしか過ぎないのでしょう。



外資の撤退、在韓米軍の撤退、バ韓国産業の破壊、とお膳立てはほぼ整いつつあります。




近日中に行われるであろう朝鮮半島焦土化作戦は、

是非とも全編生中継してほしいものです。



その中継画像を見て笑わない者はヒトモドキ確定なので、どんどんぶちロコしていきたいものですねwww



-----------------------
GSOMIA失効まで残りわずか 米は“制裁”準備 「メモリ製造」引き剥がしで韓国経済壊滅

 韓国が、日韓のGSOMIAを破棄した先には、いばらの道が待ち受けている。米国は事実上、中国の「属国」になろうとしている韓国を「焦土化」するだろう。要人を相次いで派遣して、熱心にGSOMIA破棄を撤回するよう説得しているように見せたのも、それに向けての「警鐘」と考えた方がよい。

 現在、韓国の半導体輸出は、同国の全輸出の20%を占める。サムスン電子1社の時価総額は韓国市場全体の20%以上になる。まずは、その半導体産業を壊滅させるのだろう。

 日本が韓国への輸出管理を強化したのは半導体製造の材料だった。そこには「米国の意志」も透けて見える。日米両政府は、阿吽(あうん)の呼吸で輸出管理強化を決めたはずだ。

 半導体は安全保障に直結する戦略製品だ。韓国が得意とするのは「メモリ」(=情報を記憶する半導体)の製造だ。その2大アイテムは「DRAM」と「NAND型フラッシュメモリ」。世界需要のうち、DRAMの約72%、NAND型フラッシュメモリの約44%を韓国の2社(=サムスン電子とSKハイニックス)で生産している。

 米国がこれを許してきたのは韓国が同盟国だからだ。中国の「属国」になろうとしている国に、世界のメモリの大半を製造させるわけにはいかない。中国に生殺与奪権を握らせるからだ。日本の輸出管理強化は半導体産業を韓国から引き剥がす意味を持つ。

 加えて、ジャーナリストの鈴置高史氏によると、北朝鮮が最近、300ミリの8連装ロケット砲を配備した。射程圏には、サムスン電子の主力工場である京畿道・平沢(ピョンテク)工場と、SKハイニックスの主力工場、忠清北道・清州(チョンジュ)工場が入る。砲撃されれば、世界のメモリはたちまち不足する。砲撃しないまでも「砲撃するぞ」と脅すことができる。

 韓国に、世界の大半のメモリ製造拠点を置くことは安全保障上も問題なのだ。

 その意味でも、半導体製造の韓国依存を止め、韓国から引き剥がす必要がある。だが、そうなれば、韓国経済は壊滅する。

 米国は直ちには米韓同盟を解消せず、韓国が言い出すのを待ち、その間、「焦土化」に向けて韓国の首をじわりじわりと絞めていくはずだ。「在韓米軍駐留費の大幅増額」も、その文脈で考えるべきだ。

 仮に、李氏朝鮮時代に、清帝国の攻撃を受けて降伏させられた「丙子胡乱」(へいしこらん=1636年)という歴史的事情(記憶)から、韓国が「レッドチーム」入りしたとしても、米国の後ろ盾を失った韓国を中国はまともな国扱いすまい。文字通りの「属国」扱いするに違いない。北朝鮮も韓国を下僕扱いする。

 現に北朝鮮は、文大統領が「南北融和の柱」に据えた金剛山(クムガンサン)観光事業についても、「南朝鮮(韓国)が入り込む余地はない」と相手にしていない。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191122/for1911220001-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ