中国ゲーム市場がバ韓国を完全に無視


任天堂の最新家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が、ついに中国で正式発売されるようです。


今まで、中国とバ韓国はゲーム市場で蜜月関係にあったわけですが、

先の限韓令によって壊滅的となっていました。



その後も、支那畜どもからバ韓国ゲームは愛想を尽かされ、

見向きされることがなくなっていますwwwwww



バ韓国のゲーム会社が中国市場で利益を得られる機会は、今後も減少するだけでしょう。




間接的とはいえ中国に利する行為は歯がゆいものがありますが、

バ韓国経済崩壊の手助けと思えば我慢するしかないでしょうね。



-----------------------
任天堂と手を組んだ中国、韓国ゲームは完全無視

 日本のゲーム大手、任天堂が来月、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を中国で正式に発売する。3年越しの中国進出の夢を実現したことになる。2017年に発売されたニンテンドースイッチは全世界で旋風を巻き起こしたが、中国政府のゲーム流通許可(版号)を取得できず、中国では販売できない状態だった。中国国内の流通は中国ゲーム大手のテンセント(騰訊)が担う。現地メディアの騰訊網は今月初め、ニンテンドースイッチが12月10日に発売され、価格は2099元(約3万2400円)になると報じた。

 テンセントは任天堂と手を組み、北米、欧州の家庭用ゲーム機市場に進出する計画だ。任天堂は家庭用ゲーム機分野で世界最高の製作能力を認められている。テンセントは任天堂からノウハウの伝授を受け、家庭用ゲーム機でも大手企業に生まれ変わる狙いだ。

 最近日中のゲーム業者が続々と「蜜月関係」を結び、急速に接近している。一方、中国と最高のパートナー関係にあった韓国のゲーム業者は中国のゲーム市場から締め出されている状況だ。韓中日のゲーム三国志が根底から変わってしまった格好だ。韓国のゲーム業者関係者は「中国は日本のゲーム業者に自国のゲーム市場を開放し、その代価として、北米、欧州市場攻略のパートナーとしている。これ以上韓国のゲームから得るものはないと判断し、韓国を捨て牌に使った」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/22/2019112280161.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ