輸出規制で国家崩壊に追い込まれたバ韓国


バ韓国政府の高官が、日韓の輸出管理政策対話における目標を語っていました。


「日本の輸出規制を外してもらい、ホワイト国への復帰が最終目標ニダ!」



どうせ以前の状況に戻すのなら、いっそのこと日本統治前の姿に戻したほうがいいのでは?


地べたに座り、道端の糞尿を拾い食いするのがバ韓国塵本来の生き方です。


無理して人類のフリをしているからこそ、自殺大国の称号を得てしまったバ韓国。



ヒトモドキとしての矜持を思いだし、短くて醜い生涯を送るべきなんですからwwww



-----------------------
日本の輸出規制 「元に戻すことが最終目標」=韓国

 韓国産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官は29日、記者会見を開き、12月の第3週(16~20日)に東京で日本と輸出管理体制に関する局長級の輸出管理政策対話を開催することで合意したとして、同月4日にオーストリア・ウィーンで準備会議を行うと発表した。李氏は局長級対話に臨む。

 以下は李氏との一問一答。

――準備会議と輸出管理政策対話の目標は。

「日本が7月1日に発表し、同月4日に取った対韓輸出制限措置が以前の状況に戻ることを目標とする。『ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)』への復帰、半導体・ディスプレー素材3品目の輸出規制の原状回復など、以前の状況に戻ることを最終目標として推進する

――28日に非公開で課長級協議が開かれた背景は。

課長級の準備会議が決まったのは、両国が局長級の政策対話を早期に開催する意志があったためだ。踏み込んだ議論を短い時間に集中的に行うため、非公開で開かれた」

(中略)

――日本の輸出規制がいつ終了するか予測できるか。

「22日の発表後、両国の輸出管理実務者が早期に緊密な協議をした。懸案の解決に対し両国とも意志があると評価できる。(輸出規制終了の)時期については予断できないが、できる限り早期の問題解決のため最大限の努力を尽くす

――日本側の態度の変化を期待できるか。

「輸出管理政策対話を再開すること自体が両国の信頼、連携を回復する手がかりになると思う。輸出規制を緩和、改善する措置を取る重要な転機になる手段がつくられたし、どうつくっていくかが重要だと思う」

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/29/2019112980091.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ