バ韓国塵できる数少ない善行は自殺と同族殺しです


昨年、バ韓国では自殺に失敗した屑チョンが3万3451匹ほどいたそうです。


そのうち、3割以上が過去にも自殺未遂していたとのこと。



2度以上も自殺に失敗するなんて、本当に使えない屑ですね。



どうせこれから先も失敗しまくるんでしょうから、まずはさっさと身内でもヤってみてはいかがですかね?



死刑制度のあるバ韓国なので、たくさん殺しまくれば望み通りあの世に行けるんじゃないですかね。




-----------------------
韓国で年間3万人の自殺未遂者、半数は退院後一度もアフターケア受けず

 11月24日に世を去った歌手ク・ハラ(28)は、5月にも極端な選択を試みて救助されたことがある。専門家らは「一度自殺を試みた人に対するアフターケアが重要なのに、韓国政府はこうした部分を見落としている」と指摘した。11月27日に保健福祉部(省に相当。福祉部)などが明らかにしたところによると、昨年、自傷・自殺を試みて救急救命室に運ばれた人は3万3451人いたが、カウンセリングおよび福祉サービス提供などの事後管理を受けたのは、このうち52%(1万7553人)だけだった。残りの人は、救急救命室から退院してそのまま家に戻った。「ハイリスク群」に対する管理がきちんと行われていないのだ。

 韓国政府は、毎年の自傷・自殺の試みが全体でどれくらいになるのか把握もできずにいる。昨年は、既存の402カ所の救急救命室のうち153カ所に搬送された未遂者だけが、「国家救急患者診療情報網」を通して把握された。韓国政府が把握できる範囲内でも、自殺を試みて救助された人の数は、2014年の2万5573人から昨年は3万3451人に増えた。ところがこうした人々のうち、治療を受けて救急救命室を出てからも持続的にカウンセリングを提供する「事後管理事業」の対象になった人は、昨年の時点で1万7553人にすぎなかった。残りのおよそ1万6000人は、救急救命室で治療を受け、別段カウンセリングなどの手続きもなく家に戻ったのだ。韓国政府は2013年から、自殺未遂者を対象に退院後も電話・訪問相談を行い、各種の福祉サービスなどを提供する事後管理事業を進めている。だが、昨年の時点で402カ所の救急救命室のうち52カ所しか、こうした事後管理事業を行っていなかった。金相姫(キム・サンヒ)議員は今年の国政監査で「自傷・自殺未遂者への事後管理をしてくれる救急救命室は昨年52カ所で、今年は62カ所に増えたが、依然として不足しているレベル」と指摘した。

 一度自殺を試みた人は再び自殺を試みる可能性が高いため、管理が必要だ。福祉部が、2016-18年に自殺未遂などで救急救命室に運ばれた2万6631人を対象に調査してみた結果、9299人(35%)が「過去にも自殺を試みた経験がある」と答えた。「今後も自殺の計画がある」と答えた人も7673人に上った。

 自殺未遂者の同意がなければ事後のカウンセリング・治療などは難しいという点も、改善が必要だという。ペク・チョンウ中央自殺予防センター長は「米国、英国、オーストラリアなどは、裁判所や審判所などの決定があればすぐに必要な治療や支援は提供できるようになっており、韓国もこのように法・制度を改善する必要がある」と語った。

 また、自殺者の数を減らしていくためには、家族と共に命を絶つ「心中」を一種の「家族殺害犯罪」と見なし、これを減らしていかなければならない-と専門家らは指摘した。李水晶(イ・スジョン)京畿大学犯罪心理学科教授は「自分に子どもの生殺与奪権があると考える家父長的思考などが原因」だとして「殺害後の自殺を『同伴自殺』と表現してはならず、殺人にほかならない行為だという社会的認識があるべき」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/29/2019112980164.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ