バ韓国の失業率は上がり続けるだけ


またしてもバ韓国が素晴らしい記録を叩き出していましたwwww


この10年間で、OECD加盟国の青年失業者は13.9パーセントも減少していました。


しかし!


バ韓国では青年失業者が28.3パーセントも増加していたのです!!



OECD全体の足を引っ張りまくっているワケですねwwww



少子化、企業の倒産、失業率の増加、デフレ経済……、全てがマイナス方向に向かっているバ韓国。


さっさと国ごと自殺したほうが楽になれるのに、どうして無駄なあがきをするんでしょう?




国の崩壊と共に、世界各国に蔓延っているヒトモドキを駆除することが喫緊の課題です。


いつでも害獣どもを37564できるよう、我々人類は準備を怠ってはいけませんね。



-----------------------
青年失業者、OECD加盟国は13.9%減・韓国は28.3%増

 過去10年間で経済協力開発機構(OECD)加盟国の青年失業者(15-29歳)が13.9%減少したのに対し、韓国では28.3%増加した。特に韓国の青年人口は10年前に比べ減少したが、失業者数は増えるという怪現象が起きた。「雇用政府」を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権で起きている惨事だ。

 韓国経済研究院は9日、2008年から昨年までOECD加盟国の青年雇用指標を分析した結果、平均青年失業率は1.3ポイント低下したが、韓国は2.4ポイント上昇したと指摘した。失業率ランキングではOECD加盟36カ国で11位(08年)から22位(18年)へと11ランクも順位が低下した。

 韓国の青年人口は08年の986万8000人から18年には914万9000人と71万9000人(7.3%)減少した。同じ期間にOECDの青年人口も1.6%減少したが、韓国の減少幅が上回った。一方、青年失業者数は31万8000人から昨年の40万8000人へと28.3%増加した。青年人口が減少したにもかかわらず、青年失業者が増加したのは韓国、ギリシャ、イタリア、フランス、フィンランド、トルコの6カ国だけだった。中でも韓国は失業者の増加が最大だったことが分かった。第4次産業革命時代を迎え、スタートアップブームが起きているイスラエル、米国では青年人口がそれぞれ13.7%、4.6%増加する中でも、青年失業者が34.3%、33.5%減少し、韓国とは対照的だった。

 昨年韓国の青年失業率は9.5%。10年前に比べ2.4ポイント上昇した。OECD加盟国で失業率が2ポイント以上上昇した国は財政危機を経験した国を除けば、韓国、デンマーク、フランスだけだった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/10/2019121080009.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ