アメリカ大使を斬首すると宣言するバ韓国の親北団体


現在、バ韓国で行われている“親北”系団体によるデモやテロ行為は、

そのほとんどが官製となっています。



文政権が観測気球よろしく親北団体に過激な行動をとらせ、

アメリカや保守系国民の反応を窺っていると言えるでしょう。



そんな親北団体が、明日アメリカ大使館前で大規模なデモを行うようです。



そのデモのタイトルは「米大使斬首競演大会」!!!!!!!!



相変らず、領事関係に関するウィーン条約をガン無視する形ですねwww


デモで訴える内容は、


「ハリス野郎のひげを1本ずつ抜いてやろうニダ」

「割り箸でハリス野郎に拷問を加えてやるニダ」

「爪切りでハリスの口を引き裂いてやるニダ!」


……等と常軌を逸しています。


ま、屑チョンどもの頭の構造では、こうした発言も常識の範囲内なんでしょうね。



ちなみに、文政権は、


「米国大使館前でデモを行う市民の行動だけが、

(米国の態度を)変えることができるニダ」


……と積極的にデモを推奨しているのが現状です。



まさにキチガイの極みですねwww


どうせ今回も警察は見てるだけで、逮捕者ゼロ匹で終わることでしょう。

なにしろ、後ろ盾が文大統領なんですからwww



-----------------------
韓国の親北団体、あす「米大使斬首競演大会」開催

 「ハリス野郎のひげを1本ずつ抜いてやろう」「割り箸でハリス野郎に拷問を加えてやる」「爪切りでハリスの口を引き裂いてやる」

 国民主権連帯と青年党は13日午後4時からソウル市中区の米国大使館周辺で上記の内容を訴える「ハリス斬首競演大会」を開催する。先日フェイスブックを通じて明らかにした。両団体は昨年「白頭称賛委員会」などを結成し、「金正恩(キム・ジョンウン)ソウル訪問歓迎行事」を企画した親北団体だ。

 団体は集会を行う理由について「(ハリス駐韓米国大使は)文在寅(ムン・ジェイン)大統領を従北左派などと主張し、在韓米軍駐留費の5倍引き上げを強要するなど、内政干渉を行う総督のように行動しているから」などと主張している。

 このように最近になって米国とハリス大使個人に対する親北・反米団体の抗議行動や脅迫が激しくなっている。今年10月に韓国大学生進歩連合が米国大使公邸の塀を越え無断で侵入したことがそのきっかけになった。11月17日には別の親北団体「戦争反対平和実現国民行動」が仁川国際空港に入国しようとした米国の防衛費交渉団首席代表(ディハート国務省補佐官一行)に直接抗議しようとしたところを制止された。翌日には旧統合進歩党関係者が中心となっている民衆党や全国民主労働組合総連盟(民主労総)などが韓国国防研究院で開催された防衛費分担金3次交渉の会場がある建物に入り、米国代表団の入館を妨害したため、代表団は正門ではなく裏門から入る事態も発生した。

 これら抗議行動の背後には与党・共に民主党関係者による直接・間接の介入があるとの指摘もある。文正仁(ムン・ジョンイン)韓国大統領府統一外交安保特別補佐官は今年9月に行った講演で「米国大使館前でデモを行う市民の行動だけが、(米国の態度を)変えることができる」と主張した。共に民主党のイ・ジェジョン・スポークスマンは先月20日に記者団の取材を受けた際、ハリス大使について「あれほど無礼な人間は初めて見た」「外交官ではない」などと非難した。親盧・親文とされる大統領直属政策企画委員会のチェ・ミンヒ委員は「米大使公邸侵入事件」や「正義党の尹昭夏(ユン・ソハ)議員室への鳥の死骸事件」などを起こした韓国大学生進歩連合と今月4日に会合を行っている。

 韓国の情報当局の関係者は「親北・反米団体の会員たちは、今の政権では(問題を起こしても)処罰される心配はないと認識している」と指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/12/2019121280031.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ