2020年もキチガイ全開のバ韓国・文大統領


昨日、文大統領がまたまたキチガイ発言をしていましたww


「世界4大輸出大国に飛躍するための新たな10年を開始するニダ!」


「今年はバラ色ニダ! ウリはその可能性を見たニダ!」


本当にお目出度い脳みそをしてますなぁ。



13カ月連続で前年比マイナス輸出が続いていたのに、どうしてこんな寝言を言えるのでしょうか?



この調子なら、今年中にバ韓国終了のお知らせを聞くのも夢ではなさそうですね。



国民や経済界などの言葉には耳を傾けず、文大統領にはこのまま突っ走ってほしいものです。



-----------------------
輸出は13カ月で連続マイナスなのに…青瓦台「輸出良くなっている」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、新年初の現場訪問の日程として平沢・唐津港で開催されたエコカー輸出式に出席した。文在寅大統領はこの式で、「2030年に世界4大輸出大国に飛躍するための新たな10年を開始する」と語った。昨年の韓国の輸出は世界金融危機時の2009年(-13.9%)以来、10年ぶりに2けたの減少率(-10.3%)を記録した。先月まで13カ月連続で前年比マイナス(-)輸出が続いており、2018年の輸出国第6位から昨年は7位に下がる可能性が高い。こうした中、文在寅大統領は「バラ色」の構想を打ち出したものだ。

 文在寅大統領は「今年の世界経済と貿易条件は昨年よりも良くなるだろう。昨年12月にその可能性を見ることができた」と述べた。先月の輸出減少率(-5.2%)が7カ月ぶりに1けたに減ったことを強調したものだ。青瓦台のハン・ジョンウ副報道官も同日、「輸出が好転の方向へ切り替わりつつある」と語り、別の関係者は「先月の対中国輸出は14カ月ぶりに増加に転じた」とも言った。しかし、このような指標は、比較基準である2018年12月当時の輸出不振(-1.2%)、対中国輸出急減(-13.9%)の「基底効果」(ベース効果)に過ぎないと指摘されている。

 青瓦台の楽観的輸出展望とは違い、財界では正反対の状況を懸念する声が多い。大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会長は同日の「2020年経済界新年会」で、「国外には輸出の道、国内には投資の道を開かなければならないが、海外列強間の覇権争いなどで狭い輸出の道を展望している人が多い」と話した。ある財界関係者は「大企業の最高経営責任者たちは一様に『今年はもっと厳しくなるだろう「と言っているのに、文在寅大統領だけは世間知らずの楽観主義者だ」と言った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/04/2020010480014.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ