金正恩の動向次第でバ韓国が即終了www


反米の動きを加速させつつある北朝鮮。

しかし、バ韓国のキチガイ大統領は相変わらず能天気のようで、


「共同繁栄の平和共同体を成し遂げるニダ」


と語っていました。



しかし、アメリカは米韓の合同軍事演習を本格的に再開する動きがあります。



またあのキチガイ大統領が板挟みになるわけですねwwww




これから先どうなるか分かりませんが、

間違いなく言えるのはバ韓国の選択や決断は絶対に失敗するということだけです。





-----------------------
韓国、難しい立場に 文大統領「対話意志は継続」―北朝鮮

 北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会総会で金正恩党委員長が核ミサイル開発の再開を示唆したことは、融和政策を進めてきた韓国の文在寅政権に新たな重しとなる。文大統領は朝鮮半島の緊張緩和を業績としてアピールしてきただけに、北朝鮮が強硬措置を取れば、難しい立場に追い込まれる。

 文大統領は2日の演説で北朝鮮と「共同繁栄の平和共同体を成し遂げる」と改めて強調。正恩氏の発言への直接的な言及は避けつつ「昨年、われわれは朝鮮半島の平和に向けて少しずつ前に進んだ。米朝首脳間の対話への意志は継続している」と訴えた。

 2018年の南北首脳会談などを通じ、米朝対話と緊張緩和を後押ししてきた文大統領の発言には、対話ムードを何とか維持したい思いがうかがえる。ただ、19年2月の米朝首脳会談「決裂」以降、北朝鮮は韓国を相手にせず、協議を拒否。正恩氏の総会発言も南北関係には言及せず、韓国に米朝の「仲介役」としての役割はもはやない。

 米国は今後、北朝鮮をけん制するため、一部自制してきた韓国との合同軍事演習を本格的に再開する可能性がある。文政権は米朝間の「板挟み」となるほか、総選挙を控え、世論からの逆風も強まりそうだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010200224&g=int
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ