在韓米軍将兵も新型コロナウイルスに感染!


新型コロナウイルスの感染者が1595匹となり、死者も13匹となったバ韓国。(27日12時現在)。


ついに、在韓米軍の将兵も感染したようです。


その他の将兵にも感染している可能性もあるとのこと。



このニュースをニューヨーク・タイムズやCNNが速報で伝えていました!!



緊急速報で大々的に伝えられたというのが何よりのポイントですね。


これで世界中のバ韓国嫌悪感情に拍車がかかることでしょう。




ちなみに、ニューヨーク・タイムズでは、


「大邱はバ韓国の武漢コロナの中心地」


と紹介されていました。



この報道をきっかけにして、アメリカ在住の朝鮮ヒトモドキが殺されたりしませんかねぇ?


アメリカが口火を切ってくれたら、世界中が真似しやすいのですが……。



-----------------------
在韓米軍初のコロナ患者…米CNN·NYTなどが速報

 武漢コロナウイルス感染症が拡大する中、26日には在韓米軍将兵の中からも初の確定患者が出た。米軍は最近、在韓米軍の家族の中から確定患者が出たことを受け、将兵と施設に対する危険レベルを「高」に格上げし、全部隊の出入りを制限してきた。各外信は、在韓米軍将兵初の確定診断のニュースを緊急報として打電した。

 在韓米軍司令部は26日、ホームページを通して「慶尚北道漆谷キャンプ・キャロルの在韓米軍の兵士から、武漢コロナ検査の結果、陽性反応が出た」と発表した。確定診断を受けた兵士は23歳の男性で、現在は基地の外の宿舎で自己隔離している。この兵士は今月21日からキャンプ・キャロルに滞在し、24日には大邱のキャンプ・ウォーカーを訪れた。24日は、キャンプ・ウォーカーを訪れていた在韓米軍の家族が初めて武漢コロナ感染の確定判定を受けた日だ。米軍は現在、全ての部隊の出入りを制限しており、必須任務の遂行者でない場合はミーティング、集会、臨時派遣なども禁じている。在韓米軍関係者は「今回の確定診断が、世界の米軍の中で初の武漢コロナ感染例なのかどうかは分からない」としつつ「米国本土などへの家族移送計画などはない」と語った。

 各外信は、このニュースを緊急報として伝え、韓国のウイルス拡大を懸念した。ニューヨーク・タイムズ(NYT)は26日、この件を電子版のトップニュースに据え「大邱から20キロ離れている(漆谷)倭館のキャンプ・キャロルで、23歳の在韓米軍の軍人が確定判定を受けた」と伝えた。さらに「大邱は韓国の武漢コロナの中心地」として「ほかの将兵もウイルスにさらされた可能性がある」と報じた。またCNNテレビも、このニュースを電子版のメインニュースとして伝え「この兵士は、在韓米軍将兵がコロナ陽性反応を示した最初のケース」とした。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/27/2020022780033.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ