加計学園がバ韓国塵受験生全匹を不合格に


加計学園の英断に拍手をおくりたいものです!!


昨年の11月に行われていた推薦入試。


その試験で受験したバ韓国塵全匹が不合格になっていたのです!!


面接での点数は50点満点のようですが、屑チョンは全匹0点wwwww


いやぁ、素晴らしい判断ですね。



そもそも、犬を苦しめてから殺して喰うような屑チョンどもに獣医をやる資格なんてありません。


バ韓国塵の獣医師だなんて、レイプ魔がレイプ被害者のセラピストをやるようなもんですからねwww




この事実に怒りの声をあげている輩もいるようですが、

ツリ目でキムチ臭い連中ばかりなんでしょうね。



-----------------------
韓国人受験生を全員不合格 加計学園獣医学部に「不正入試」疑惑

 2017年、52年ぶりに新設が認められた学校法人加計学園、岡山理科大学の獣医学部。昨年11月16日、愛媛県今治のキャンパスで獣医学科の推薦入試が実施されたが、同学科が韓国人受験生全員の面接試験を一律0点とし、不合格にしていたことが「週刊文春」の取材で分かった。複数の職員が、証拠となる内部文書とともに明かした。

 加計学園の幹部職員、武田晶さん(仮名)が怒りを滲ませる。

A方式の推薦入試を受験した韓国人受験生8名全員が不合格となっています。A方式の推薦入試は、学科2科目と面接試験、高校での成績を反映した評点平均値、各50点、計200点満点で採点されます。驚くべきことに、韓国人受験生全員の面接試験での点数は0点。なかには面接で10点でも取れれば合格点に達する受験生もいる。これまで面接試験で0点というのはほとんど見たことがありません。公平公正を重んじなくてはいけない入試で、国籍差別が行われている事実に怒りを覚えます」

 週刊文春が入手した内部文書によれば、受験生の受験番号、出身地、得点、合否が記されており、面接の得点欄には「0」が並び、「不合格」と記されている。この面接結果について学内で獣医学部の教授陣は「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」と説明している。だが、前出の武田さんは反論する。

「すべて日本語で記された科目試験で満点に近い優秀な成績を収めた学生もおり、韓国人受験者全員が、日本語に不自由だという説明は不可解極まりないです」

 2月21日に加計学園に書面で事実確認を申し入れたが、1週間後に「担当者から連絡します」と言ったきり回答することはなかった。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0304/bso_200304_4781971895.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ