バ韓国で大邱コロナ用アプリが大流行


大邱コロナの蔓延が加速中のバ韓国。


そんなバ韓国で、「感染者追跡アプリ」が流行っているとのこと。


感染者の移動経路を示してくれたり、100メートル以内にコロナ患者が接近すると教えてくれたりするそうです。


いやぁ、素晴らしいじゃないですか!


あのキチガイどものことですから、このアプリによる暴動や放火や殺害行為があちこちで起こりそうですねwww



まさに、バ韓国塵に相応しいアプリと言えるでしょう。


どうか盛大に殺し合っていただきたいものです。






このアプリのヒトモドキ版も欲しいところですね。


屑チョンの接近を許さないどころか、積極的に狩ることにも役立ってくれます。


この日本の国土浄化を目指すため、全ての日本人がインストールするべきでしょう。



-----------------------
韓国で広がる「感染者追跡アプリ」の賛否 テクノロジーを感染防止にどう使うのか

 今世界的に感染が広がっている国として世界から注目されているのは、中国や韓国、そしてイタリアだ。コロナの死者が徐々に増えている米国は、イランからの入国やイランへの渡航を禁止し、イタリアと韓国への渡航勧告を最大の警戒レベルに上げている。

 日本に近い中国や韓国でも、感染者数と死者数は増加している。そんな中、韓国では新型コロナの感染を防ぐためのスマホのアプリが使われている。というのも、感染が懸念されてから、韓国内ではエンジニアたちがいくつものアプリを提供している。現在、韓国でアプリのダウンロード数トップ15のうち、6つは新型コロナに関連するものだという。

 例えば、感染者情報を逐一提供するアプリがある。2月はじめに登場してから早くも100万ダウンロードされているというそのアプリは、感染者の国籍や性別、年齢と、感染者が訪れた場所などの追跡もできるという。プライバシー的に問題がありそうだが、感染拡大防止のためにはやむを得ないということだろう。

 「コロナ100m」というアプリは、ユーザーが新型コロナの患者から100メートルの距離に来たら教えてくれるもの。1時間当たり2万人がダウンロードした人気アプリになったという。韓国疾病対策センターなど政府系機関から情報を得て、感染者の国籍や年齢、性別、移動履歴などを地図で示す。同じく地図で感染者の移動履歴を示す「コロナ・マップ」というアプリも人気になっている。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200305/for2003050007-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ