大邱コロナで自宅学習していたバ韓国塵が墜落死


大邱コロナが蔓延するバ韓国で、ある大学生1匹が墜落死していましたwww


自宅学習中に誤ってマンションのベランダから転落していたとのこと。


手すりにつかまって20分間耐えたようですが、救助作業が間に合わず死んだわけです。




ちなみに、駆け付けた救助隊員は地面で救助マットを準備中だったようです。


この大学生が自殺しようとしているのだと思い込み、部屋に行って救助しはしなかったとのこと。




これも大邱コロナ死亡数にカウントしていいかもしれませんねwwww



ま、何はともあれ害獣が1匹減ってくれたので良しとしましょうか。



-----------------------
25階ベランダの手すりにつかまり20分耐えた大学生、救助準備中に転落 /富川

 京畿道富川市に住む大学生Kさん(21)が2月19日、マンションのベランダから誤って転落して死亡した。新型コロナウイルスの影響で近所の有料読書室には行かず、自宅で勉強していたところだった。Kさんは転落しかかった状態で手すりにぶら下がり、約20分耐えたが、消防が救助作業を行おうとしている途中、力尽きて転落した。

 消防当局と遺族らによると、Kさんはマンションの25階の自宅で両親と暮らしていたが、事故当日は一人だったという。母親は「交換留学の準備で1月から近所の有料読書室のメンバーになり、毎日通っていたが、新型コロナウイルス事態が起きてからは自宅で勉強していた」と話した。

 Kさんは当日午後2時半ごろ、ベランダに出て窓を開けた。たばこは吸わなかったが、気分転換でベランダに出て、窓を肩幅ほど開け、風に当たっていたという。Kさんはベランダの手すりをつかみ、外を眺めていたが、重心が上半身にかかりすぎ、外へと前のめりになった。Kさんは身長183センチメートルで、手すりはKさんの腰の高さほどしかなかった。

 Kさんは一回転して外に放り出された格好となったが、手すりをつかんだ手は離さず、両手でぶら下がった状態になった。近くに足場になりそうな部分はなく、腕力だけで体重を支えなければならなかった。

 それを発見した住民がマンションの管理事務所に知らせ、管理事務所が119番に通報した。通報には5-10分を要した。4分後に到着した救急隊6人は地面に6分間かけエアマットの設置作業を開始した。しかし、Kさんはそれ以上持ちこたえることができずに転落死した。Kさんは転落直前、下にいる子どもたちがけがをしないように、「みんな、どけ!」と叫んだという。死亡したKさんの両ひじはいずれも反るように曲がっていたという。

 消防関係者は「Kさんが自殺しようとしていたと判断し、刺激しないようにするため、自宅まで登っていっての救助はしなかった」と主張した。しかし、Kさんの両親は「20分以上腕が曲がるほどぶら下がっていた息子に『自殺』だというのは侮辱的だ」と反論した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/09/2020030980119.html
-----------------------



両肘が曲がってしまうくらい手すりにぶら下がってからの墜落死……。


さんざん苦しんだ挙句に墜落死とは、犬を苦しめて喰らう屑チョンに相応しい死に方です。




ちなみに、交換留学のための自宅学習だったようですね。

どこに留学予定だったのか知りませんが、受け入れるはずの国にとっては吉報だと言えるでしょう。


1匹とはいえ害獣の侵入を防げたのですからwww




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ