バ韓国ソウルで大邱コロナ感染者が倍増中


バ韓国の首都ソウルでの大邱コロナ感染拡大が本格化しています。

わずか10日間で感染者の数が2倍と急増しているのです!!


これからも倍々ゲームで感染者が増えていくのは間違いありません。



問題は死者の数です。


どれだけ感染者が増えても、死んでくれなければ意味がありません。


大邱コロナの変異に期待したいものです。





バ韓国塵だけが死にまくるウイルス……。

そんなウイルスを発見できたら、まさにノーベル賞ものですね。




-----------------------
韓国の首都圏感染者数が十日間で2倍に…「第3次衝撃に先制対応すべき時」

 韓国内の人口の半分に当たる2600万人が暮らしている首都圏で、新型コロナウイルス感染症が急速に広がっている。11日の国内感染者は7755人で、前日より242人増えたが、このうち51人(21.1%)がソウル市・京畿道・仁川市など首都圏から出た。同日の首都圏の感染者368人で、十日前の今月1日(172人)の2.1倍だ。

 9日にソウル市九老区のコールセンター職員が多数感染していることが確認され、三日間で感染者が約100人発生したことから、首都圏全域で第3次衝撃(third wave)が本格化するのではないかという懸念が出ている。今年1月20日に国内で初めて感染確定例が出た後、中国や日本など海外から来た人との接触者を中心に広がってきた29日間の第1次衝撃(first wave)は、先月18日に新天地イエス教の信者であり、大邱市民の31人目の感染者が出て第2次衝撃(second wave)として広がった。新天地イエス教と大邱・慶尚北道住民の全数検査に防疫力を集中させ、20日間の第2次衝撃期が小康状態に入ったかと思ったら、今度は首都圏を中心に大流行が始まるのでは、という不安が高まっているものだ。

 専門家らは「今すぐ防疫のパラダイム(ものの見方・考え方)を変えるべきだ」と言っている。「重症患者の早期発見により死亡率を下げ、一般市民の選別診療所検査を強化し、長期戦に備えなければならない」ということだ。高麗大学九老病院感染内科のキム・ウジュ教授は「政府が『軽症患者を生活治療施設に入れ、重症患者中心の治療する』と言ってから2週間過ぎたが、まだ1500人が隔離されている。これからは2週間とか3週間とかいうことではなく、何でも『今すぐ』しなければならない時期だ」と述べた。

 「従来のパラダイムに縛られていたら、九老区コールセンターのような第2・第3の大都市集団感染が起こる可能性がある」と専門家たちは警告する。盆唐ソウル大学病院公共医療事業団のペク・ナムジョン団長は「院内感染を防止した2015年の中東呼吸器症候群(MERS)時の基準に縛られている。戦争の時、救える兵士に対して衛生兵を先に送るように、特段の選択と集中により病院が重症患者を中心に診療できるようにしなければならない」と語った。慶尚南道医師会のマ・サンヒョク感染症対策委員長(昌原ファティマ病院小児青少年科長)は「大邱や新天地イエス教など特定の地域・集団を全数調査する方式は、ほかの地域の集団患者を逃すことになるので、新たな『コールセンター(集団感染)』を生む可能性がある」と警告した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/12/2020031280001.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ