国民を騙し続けるバ韓国の大統領府


すぐにバレるような嘘を平気でつくのがバ韓国塵。

あの低能どもは、バレたらどうなるかなんて考える知能がありません。



今回発覚した大嘘は、大統領府の公式HPに掲載されている「新型コロナウイルス感染症現況」のグラフ。


感染者の急増がバレないよう、

グラフの日付から「患者が急増した日」を除外していたのです!!



さらに!


完治者数の数値も改ざんしていましたwwwww


新規感染者のほうは日ごとの数値なのに、完治者だけは「累積完治者数」を表示していたのです。


累積の値ですから、ぐんぐん右肩上がりに増えていくのは当然ですよねwwww




口を開けば糞尿の匂いと嘘しかタレ流さないバ韓国塵ども。


こんな連中がこの日本にも数多く棲息しているかと思うとゾっとする話です。



我々日本人が安眠するためにも、一刻も早く断交を実現したいものですね。



-----------------------
新型コロナ感染者が急減しているかのように…青瓦台がグラフを歪曲

 青瓦台公式ホームページの「新型コロナウイルス感染症現況」にまたグラフ操作問題が降ってわいた。日付を表す横軸を任意に調整し、状況を歪曲(わいきょく)したというものだ。政府が政治的宣伝のためにグラフを歪曲した事例は数回繰り返されており、常習的との批判まで出ている。

 青瓦台は10日からホームページに国内の新型コロナウイルス日別感染者/完治者の推移をグラフで示している。このグラフによると、2月末以降、日別感染者数は急激に減り、日別完治者数は緩やかに増えているように見える。

 ところが、グラフの横軸の間隔がおかしかった。今月27日時点のグラフは新規感染者が最も多かった2月29日(916人)を開始点に、3月4日(4日間隔)、7日(3日間隔)、9日(2日間隔)、 14日(5日間隔)の感染者数をグラフにしていた。日付の間隔がまちまちなのに、グラフは間隔が一定のように描かれている。この過程で、3月3日、6日、11日など、前日に比べて新規感染者数が増えた日はすべて外されていた。

 27日にグラフの問題点を指摘する報道が出た直後、青瓦台は横軸の日付間隔をある程度一定になるよう修正した。だが、グラフの開始点である2月29日だけは外さなかった。感染者数が最も多かった日を開始点にしてこそ、感染者数の減少を強調できるということを狙ったのだ。延世大学統計学科キム・スクキョン教授は「今回の横軸のグラフ表示は操作に当たる」と語った。

 青瓦台が10日に初めて状況掲示板を作成した時から歪曲だとの議論はあった。感染者は「新規感染者数」のみを表示して減っていることを示しながら、完治者は「累積完治者数」を表示して急激に増えているようにグラフを描いている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/30/2020033080003.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ