バ韓国製の「ハンドクリーンジェル71%」


日本で販売されていたバ韓国製の「ハンドクリーンジェル71%」という名のアルコールジェル。


しかし、実際にはアルコール濃度が71パーセントも含まれていない粗悪品だったことが判明していました。



屑チョンどもが輸出する物なので、表示通りの成分が入っているわけがありませんでしたね。


輸出元も輸入業者も最初から騙す気満々だったのでしょう。





ちなみに、このアルコールジェルはこの日本で高価格で転売されていたようです。


転売ヤーから購入した人は返品もできず泣き寝入りするしかありません。


中にはバ韓国製だということを知らずに購入した人も多そうですね。




きゃつらが生きているから、我々日本人が不幸な目にあうのです。

一刻も早く根絶やしにしなければならないでしょう。




-----------------------
「ハンドクリーンジェル71%」、アルコール度数が71%に満たないと発覚し返金へ 「引火しない」とSNSで話題に

 速乾性の手指用洗浄アルコールジェルとして販売されていた「ハンドクリーンジェル71%」が、アルコール濃度不足であったことが発覚し、同製品を取り扱っている萬祥と輸入元のメイフラワーが公式サイトで謝罪しています。

 問題となっているのは「ハンドクリーンジェル71% 300ml」という商品(JANコード:8809317116396)で、2020年3月から販売されているもの。

 萬祥社によると、購入者から「アルコール濃度不足」についての指摘があって調査したところ、「表示を下回るアルコール濃度の試験結果となりました」とのこと。こうした状況について萬祥社は、「販売前に弊社での自主検査を怠り、お客様に多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしまして大変申し訳ございません」と謝罪。「消費者庁への状況報告と今後の対応を協議し、以下のように製品の回収を行うこととしました」と対応について述べています。

 同製品を持っている場合は、輸入元のメイフラワー社に着払いで商品を返送することで、製品代金相当(1本あたり2000円分)のQUOカードが送付されるとのことで実質返金の処理が取られます。

 メイフラワー社によると、同製品はミドコスメティクス社(韓国)から輸入したもので、化粧品としての製造販売登録を行っていたとのこと。製造販売登録に際してミドコスメティクス社から化学物質等安全データシート(SDS)及び全成分表の提示を受けて「71%のアルコール」が含まれているとの確認をしていたものの、複数の指摘を受けて日本国内の分析試験所にて再計測したところ、表示濃度と実際に含まれていたアルコール濃度が大幅に異なることが判明したと説明しています。

 なお現時点では、該当商品を原因とする健康被害の報告は受けていないとのことですが、同製品に関する不具合に関してはアルコール濃度不足だけでなく、「ポンプノズルをOPEN方向に回してもジェルが出ない」といったものも報告されているとのこと。

 同製品を巡ってはSNS上で「アルコール71%をうたっているが引火せず、消毒剤として有効でないと疑われる」「主成分が精製水になっている」といった指摘が相次いでいるほか、高額転売が繰り返されていることが物議を醸していました。

https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_nl_20200417079/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ