バ韓国が復元した朝鮮通信使船


バ韓国が2018年に実物大で復元した朝鮮通信使船


その乗船体験プログラムが開始されるようです。



この8月に実施されるプログラムは、

小学生以上の子どもがいる家族連れを対象に運営されるとのこと。



こ、これは楽しみ過ぎますwwwwwwwww



ろくにメンテナンスもされていないでしょうから、どこで沈没してもおかしくありません。



できれば、陸から遠く離れたところで沈没してほしいものです。



上記日程以外にも毎月2回実施されるようなので、チャンスはたくさんあります。


飯ウマできるのが今から楽しみですwwww



-----------------------
朝鮮通信使船の体験プログラム開催へ 韓国海洋文化財研究所

 韓国の国立海洋文化財研究所が朝鮮通信使船の復元船の乗船体験プログラムを運営する。

 朝鮮通信使船は朝鮮王朝時代に日本に派遣された外交使節、朝鮮通信使が乗った船で、同研究所が2018年に実物大で復元した。

 乗船体験プログラムは2種類で、文化解説士と共に同研究所がある全羅南道・木浦の文化財や水中遺跡などを回る。

 8月22日と29日に1日2回実施されるプログラムは、研究所前の船着場を出発し、難破船「新安船」の水中発掘現場や壬辰倭乱(文禄慶長の役)で李舜臣(イ・スンシン)将軍が日本船を撃破した鳴梁大捷(鳴梁海戦)の現場から近い鳴梁大捷路海域の水中発掘現場を見学できる。小学生以上の子どもがいる家族連れ(1回当たりの参加者数30人)を対象に運営される。

 今月13日から11月25日まで毎月2回(計12回)実施されるプログラムは一般人を対象とし、木浦の文化財や難破船「達里島船」の水中発掘現場の探訪、伝統公演観覧などで構成される。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200608002100882?section=news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ