海外でも売春アピールするバ韓国塵


昨年、バ韓国から逃げ出して海外に移住した屑チョンの数は1590匹となっていました。


この数はここ11年間で最多なんだとか。



非常に糞迷惑な話です。



後に控えている除鮮作業に支障を及ぼしてしまいます。



朝鮮ヒトモドキは糞まみれの朝鮮半島で生まれ、そのまま醜く死に絶えていくのが正しい姿です。



自然の摂理に逆らうかのように海外へ移住するとは、本当に許しがたい行いです。



この日本に巣食っている害獣どもも同じです。


万死に値するので、今すぐにでもきゃつらを根絶やしにするべきでしょう。



まず、全世界が一丸となってバ韓国からの移住を禁止するべきだと思いませんか?



-----------------------
昨年韓国を去った国民1590人、最近11年で最多

 昨年韓国を離れて海外に移住した国民の数が、世界金融危機以降の11年間で最多を記録した。

 外交部によると、1590人が昨年、政府に「海外移住申告書」を提出したとのことだ。2008年に2293人を記録して以降で最も多い数字だ。2015年は273人、2016年は455人だったが、2017年に1294人と跳ね上がり、2018年は1498人だった。これは、現地滞在中に長期滞在に切り替えたケースを除いた数字だ。

 1日昼、ソウル市江南区の移民コンサルティング会社で会った資産家Aさん(48)=女性=は米ニューヨークのアパートを購入して移民する準備をしていた。永住権取得のために50万ドル(約5300万円)、不動産取得のために180万ドル(約1億9000万円)ほど支出する予定だ。総資産が約50億ウォン(約4億5000万円)というAさんは「政府がソウル・江南のマンション優良物件を所有する人を狙って、3年間で20回以上も政策を変更するのを見て、移民の決心を固めた。今、念頭に置いているマンハッタンのアパートの場合、購入すれば20年間、ニューヨーク市で年間1万2000ドル(約127万円)以上の固定資産税軽減というメリットを与えてくれるそうなので、気持ちが傾いた」と語った。

 中産層の人々も移民を考えている。ソウル市中区に住む主婦Bさん(44)は最近、ポルトガル第2の都市ポルトへの移民を調べている。中産層の平凡な市民であるBさんは「数年前まで移民なんて夢にも思っていなかった」と話す。だが、最近のソウルのマンション価格高騰がBさんにチャンスをくれた。Bさんは「これといった財産といえば、ソウル市内のマンション1物件だけだったが、それが突然、十数億ウォン(数億円)に跳ね上がった。マンションを売ったお金の半分でヨーロッパに家を買い、残りの半分を生活費として使うつもりだ」と語った。コンサルティング業界関係者は「最近は資産家だけでなく、平凡なソウルの中産層の人々も10億-20億ウォン(約9000万-1億8000万円)台のマンション1物件を元手に移民を目指すケースが増えた」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/11/2020081180093.html
-----------------------


昨年の調査によると、屑チョンどもの実に6割以上が「海外への移住を希望するニダ」と答えていました。


このままでは害獣どもの流出が止まらなくなるのは間違いありません。



手遅れになる前に朝鮮半島ごと焼却したいものですね。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ