慰安婦をねつ造して荒稼ぎしたバ韓国・尹美香


8件の罪で在宅起訴中の横領婆・尹美香。

昨日、バ韓国検察がこの婆の新たな犯罪を暴いていました!!



・正義連が運営する博物館に対して、国の補助金を得ようとする

・しかし、学芸員が1匹もいないため受給要件を満たしていない

・以前正義連に少しだけ勤務していたBがその学芸員の資格を持っていた

尹美香がそのBの名前を騙り、「学芸員の勤務する博物館」として管轄官庁に登録

・補助金ウマーwww



……という流れです。


これに対し横領婆は、


決められた手続きに従って、必要な全ての書類を提出し、要件を満たして補助金を受給したニダ!


と反論。



名前を勝手に使った虚偽申請に関してはガン無視を決め込んでいましたwwww



まさに屑チョンですね。


自分にとって都合の悪いものは見えもしないし、聞こえもしないんでしょう。



欠陥生物ならではのお話でした。



-----------------------
「尹美香、元職員の名前を使って国の補助金を受給」

 与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員が国の補助金を受給するために、正義記憶連帯(正義連)の前身、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)の元職員の名前を利用して虚偽の書類を作成・提出していたことが16日、分かった。今月14日に尹議員を計8件の罪で在宅起訴した検察は、尹議員の「補助金不正受給疑惑」について、補助金管理法違反・地方財政法違反・詐欺の三つの罪を適用した。

 本紙が検察に取材した内容などを総合すると、尹議員と正義連のA理事は2013年、自身らの運営する「戦争と女性の人権博物館」が国の補助金を受給するためには「1人以上の学芸員がいなければならない」という要件を満たす必要がある(博物館及び美術館振興法)ことを知った。

 尹議員らは、2008年に挺対協に一時的に勤務していたB氏が学芸員の資格を有していることを知り、13年にB氏の名前を利用して、学芸員の勤務する博物館として管轄官庁のソウル市に登録した。

 しかし、検察の調査の結果、B氏は13年当時、戦争と女性の人権博物館に学芸員として勤務した事実がないことが分かった。勤務もしていない学芸員を、勤務しているかのように登録してソウル市を欺き、国の補助金を受給するための要件を整えたというわけだ。

 尹議員らは、虚偽申請に基づいてソウル市の発行した博物館登録証と、B氏が学芸員として勤務しているという虚偽の内容を記した補助金申請書を13年3月に文化体育観光部に提出した。その時点から今年5月にかけて、計10件の事業で総額1億5860万ウォン(約1400万円)の国の補助金を受給した。

 尹議員らはこの博物館登録証を利用し、文化体育観光部だけでなくソウル市からも不正に補助金を受給した。15年10月、文化体育観光部に提出したものと同じ虚偽の書類をソウル市に提出し、今年4月まで計8件の事業に対して1億4370万ウォン(約1300万円)相当の地方補助金を受給した。

 検察は尹議員を起訴するに当たり、尹議員らが補助金を不正受給するために「被害者である大韓民国を欺いた」という表現を用いたという。

 尹議員は今月14日「決められた手続きに従って、必要な全ての書類を提出し、要件を満たして補助金を受給・執行した」と反論した。しかし、学芸員を虚偽の内容で登録し、ソウル市と文化体育観光部という国家機関を欺いたという検察の起訴事実については言及しなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/16/2020091680287.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ