後列左から3匹目がバ韓国・秋美愛法務部長官の息子


バ韓国・秋美愛法務部長官の息子の兵役サボリが問題となっていますが……。


このキチガイ母親は、


「病気による障害を抱えたまま兵役に就いたニダ! こんな孝行息子を攻めるのは間違いニダ!」


と反論し、与党ぐるみで擁護している真っ最中です。



しかし!


この息子が入隊直前に英国の大学のサークルでサッカー選手として試合に出場していたことが判明!!



全体練習にも参加し、大会の大部分にも選手として参加していたんだとかwww



まさかバレないとでも思っていたんですかね?

ま、仮病だというのは最初から分かりきっていたことですが……。



この報道を受け、母親である秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官がどんな言い訳をしてくれるのか楽しみです。


-----------------------
兵役不可と言っていた秋美愛長官の息子、入隊前に英国でサッカー

 秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は14日、国会で息子S氏(27)について、「まともに検査を受けたならば、少なくとも現役兵には行かなかったはずだ。私に負担になりたくなくて、無理して現役で入隊したものだ」と主張した。ひざの手術を受け、不自由な状態で入隊したとの主張だ。

 しかし、本紙の取材によると、S氏は手術後入隊までの間、英国の大学のサッカーサークルで選手として活動していたことが16日までに分かった。S氏がサムスンソウル病院で左ひざの手術を受けたのは2015年4月だった。診断名は「膝蓋(しつがい)骨軟骨軟化症」と「皺襞(しゅうへき)症候群」だった。その後、S氏は英イングランドのレスターシャーにあるラフバラー大学に留学。2016年11月にKATUSA(米軍を支援する韓国軍部隊)に入隊した。

 留学時代、S氏は在学韓国人のサッカーチームで活動した。そのチームのソーシャルメディアにはS氏が16年2月7日、チームメートとユニフォーム姿で撮影した写真が掲載されている。写真には「きょうの(韓国人サッカー)大会の写真」という説明が付いている。写真に写ったS氏のユニフォームの胸の部分は試合を終えたところなのか、泥で汚れている。

 当時S氏と同じ大学に通っていた留学生によると、S氏はサッカーチームの活動に積極的に参加していた。留学生Aさんは「S氏はチームの全体練習だけでなく、他のチームとの試合、大会にも大部分参加した」と話した。留学生Bさんは「サッカー競技場でS氏が走っているのを直接見た」と話し、留学生Cさんは「最近留学生の間では、S氏を巡る論争を見て、『誤りは正すべきだ』という話をしたが、最近与党が告発者に向かって、『捜査を受けるべきだ』と脅す状況を見て、皆が萎縮した」と話した。

 実際にS氏のような状況では現役兵としての兵役の免除を受けることは難しい。兵務庁が尹漢洪(ユン・ハンホン)国会議員(国民の力)に提出した資料によると、S氏と同様の診断で兵役を免除された事例は最近10年間で1件もなかった。公益勤務要員に該当する「4級」判定も同様だ。整形外科専門医は「走ったり、瞬間的な動作を行ったりするのに問題がある水準でないと公益要員判定は下されない」と話した。本紙は反論や説明を聞くため、S氏の弁護人、兵務庁報道官に再三電話や携帯メールで連絡を取ろうとしたが、回答を得られなかった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/17/2020091780060.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ