バ韓国のワクチン接種が突然中止!


バ韓国で始まっていたインフルエンザワクチンの無料接種。


しかし、突然中止となっていました!!



その理由は、

冷蔵状態をキープしなければいけなワクチンを常温のまま移送していたためwwww



中断の告知が行われたのですが、既にそのワクチンを接種した幼獣が多数いるようです!!



常温に晒していたため、ワクチンの安全性が疑われいるとのこと。



保護者どもは座り小便を垂らしながら喜んでいることでしょうね。


思惑通りワクチンのせいで自分の子供が死んでくれれば、念願の被害者階級になれるのですからwww





被害者にならなければ生きていけないバ韓国なので、

1匹でも多くの屑チョンどもの願いが叶ったらいいですね。




-----------------------
インフルエンザワクチンの無料接種を電撃中断…「一部を冷蔵せず移送」=韓国

 国家インフルエンザ予防接種事業が中断される未曽有の事態が発生した。

 疾病管理庁は「22日開始する18歳以下の青少年・児童を対象にしたインフルエンザ予防接種を延期し、8日始めた乳児を対象にした2回接種も中断する」と明らかにした。

 インフルエンザワクチンの流通過程で深刻な問題が見つかったためだという。病気庁は21日、このような問題点を発見してこの日夜11時ワクチン接種の中断を緊急告知した。だが、告知が遅すぎたため、22日医療機関で混乱が避けられなくなった。また、すでにワクチンを打った子どもが多く、安全性に対する疑問も提起されている。問題点が発見されたワクチンは22日、インフルエンザ国家予防接種を始めようと準備していた13~18歳対象の物量だ。

 疾病管理庁のシン・ヘギョン・ワクチン需給課長は「ワクチンが生産から接種まで冷蔵状態を維持しなければならないが、一部の会社がワクチンを車から車に移す過程でこれを破った」と話した。

 この会社が車のドアを開けてワクチンを移す過程で常温に露出したということだ。病気庁は「冷蔵状態を維持しなければワクチンの安全性に問題が発生し得る」と判断して接種計画を見送った。病気庁はすでに接種を始めた乳児に使われたワクチンにはこのような問題が生じなかったと明らかにした。

 病気庁は8日ワクチンを2回接種する子どもから接種を始めたが、これに供給したワクチンは中断対象でないと説明した。

 病気庁は「現在までワクチンを接種した子どもから異常反応が発生した事例がない」と明らかにした。病気庁は問題になった会社のインフルエンザワクチン供給を直ちに中断し、すでに供給されたワクチンは品質が検証された場合、順に供給を再開する計画だ。

 食品医薬処は病気庁が依頼した問題のワクチンを試験検査して品質に影響を及ぼす可能性があるかを評価する。チョン・ウンギョン病気庁長は「22日開始する妊産婦および満18歳以下と既存の2回接種対象者に対する予防接種がすべて見送られるにつれ、参加医療機関および対象者に混乱が発生しないように案内し不便を最小化する」とした。

https://japanese.joins.com/JArticle/270451
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ