中絶合法化に反対するバ韓国のメスども


バ韓国のメス市民団体が記者会見で、中絶法に反対していました。

その主張は、


「毎日3000匹の胎児が殺されているニダ!」


「中絶を合法化するのはトンデモないニダぁぁ」


……というもの。


(上記画像の一部は醜い幼獣の死体が写っていたため当方で画像処理させていただきました。)




現在バ韓国では、堕胎罪の改正の動きがあるようです。




ちなみに、バ韓国の堕胎率はOECD加盟国の中で栄えある第1位!!

新生児の3倍以上の胎児が殺されていることになります。



素晴らしいじゃないですか!


自助努力というやつですよねwww



バ韓国塵どもの堕胎率をさらに向上させるためなら、日本が賞金を出してもいいのでは?



-----------------------
OECDの堕胎率1位...中絶を可能にする立法の中断、「男性責任法」の制定が必要

 政府の堕胎罪の改正推進と関連し、女性団体が、胎児の生命を保護するための法案で全面再考することを促した。女性団体は22日、京畿道果川政府果川庁舎正義の前で記者会見を開き、中絶を可能にする立法中断と一緒に女性と胎児の人権を保護する方向に政府の政策が用意されなければならないと主張した。

 報道によると、チョン・セギュン首相は23日、法務部と女性家族部、保健福祉部、教育部、文化体育観光部など5省庁長官を招集し堕胎罪刑法改正のための会議を開くことが分かった。先月末開かれた5つの省庁次官会議では、堕胎罪で処罰していない妊娠週数を「妊娠14週前後」に定める案が重点的に議論されたと伝えられた。女性団体は、中絶の95%以上が、妊娠12週以内に行われることを考慮すると、実質的に全面中絶許可と異なることがないと反論した。

 バクウンフイ次世代を正す親連合共同代表は「毎日3000人の胎児が殺されている。法務部で「中絶非犯罪化」の主張をして立法を推進するというのがひどい」と批判した。

 2017年1月の国会討論会で発表したの産婦人科の社会によると、一日3000件、一年110万件の中絶が行われている。大韓民国は、経済協力開発機構(OECD)国家のうち堕胎率1位という汚名を持っている。統計庁によると、2019年の新生児数は30万3100人である。新生児数より3倍以上の胎児が中絶されているものである。

 女性団体は、妊娠の主体である男女が命に責任をようする必要があり、多くの女性が中絶ではなく、出産を選ぶことができる制度と環境を提供するのが急務だ提案した。また、性交のすべての責任を女性に押し付ける無責任な男性に出産と養育を均等に責任ようする「男性責任法」も必要だと主張した。男性責任法は、すでにいくつかの国で性暴力と中絶を下げるなどの法律的効力があることが示されている。また、シングルマザーとシングルダディのための政府の実質的な支援拡大も必要だとした。

 ソン代表は「現在強姦、近親相姦、遺伝病などによる中絶は、いくつかの許可されている」とし「このような事実を知らないまま、政府が推進する「堕胎罪廃止」に賛成する国民がいる。堕胎罪廃止に関する正確な情報の理解と行動が必要だ」と述べた。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=103&oid=005&aid=0001365051
-----------------------


自殺率1位!

少子化率1位!!


そして、堕胎率1位!!!



微粒子レベルの話ですが、ほんの少しだけバ韓国塵どもを見直しました。


滅びたがっているのは明白なので、是非とも我々が手助けしてあげたいものです。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ