米軍がバ韓国から撤退するのも時間の問題か?


一昨日、アメリカで行われた米韓安保協議会。


その会議の共同声明から「在韓米軍の現水準を維持」という文言が削除されていたそうです。


この言葉は過去12年間ずっと記載されていたものです。


つまり、いよいよアメリカが本格的に在韓米軍の撤退を考え始めたのでしょう。



文在寅の反応が見ものですね。


アメリカの言いなりになって莫大な防衛費を負担するのか? それとも中国の核の傘下に入るのか?


どちらにせよ、待っているのは似たような地獄絵図wwww



屑チョンどもが苦しんで死ぬことに変わりはないので、どっちに転んでも大歓迎ですね。



-----------------------
米国、12年ぶりに「在韓米軍維持」の文言なし

 韓米両国は14日(現地時間)、米国防総省で開かれた第52回韓米安保協議会(SCM)において防衛費分担金問題などを巡って衝突した。共同声明からは、昨年とは異なり「在韓米軍の現水準を維持」という表現が取り除かれ、予定されていた両国国防トップの記者会見も取り消された。インド・太平洋安全保障協議体「クアッド(Quad)」など、このところ各種懸案を巡って両国の立場の差が大きくなる中、米国の不満が水面上に現れたのだ。

 米国のマーク・エスパー国防長官は14日、冒頭発言で「米軍の安定的な韓半島駐屯を保障するため、できるだけ早く(防衛費分担金)特別協定の合意に到達する必要性に全て同意することを希望する」と語った。昨年9月に始まって1年以上も膠着(こうちゃく)状態にある第11次防衛費分担金特別協定(SMA)が妥結しなければ、在韓米軍の駐屯そのものに変動が生じかねない、という意味だと解釈されている。

 実際、今年の共同声明では、2008年からずっと明示されていた「在韓米軍を現水準で維持するという公約を再確認した」という文言が米国の要求により12年ぶりに取り除かれた。このため、米国が防衛費交渉と在韓米軍削減をリンクさせるのではないか、という見方が浮上した。またエスパー長官は、韓国政府が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期中の完了を推進している戦時作戦統制権(統制権)移管についても「統制権を韓国軍に移管するための全ての条件を備えるのは時間がかかるだろう」と語った。

 こうした中、青瓦台(韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長は米国を訪問してホワイトハウスのロバート・オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談し、マイク・ポンペオ国務長官とも会う予定だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/16/2020101680063.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ