韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


韓国軍

【妄言www】バ韓国・国防部長官「2023年には統制権がバ韓国に移管されるニダ!!!!!!!!!!」

バ韓国国防部のトップがキチガイ発言


バ韓国の国防部の長官が、

「2023年には戦時作戦統制権(統制権)がアメリカからウリに移管されるだろう」

と語っていたようです。


バ韓国側から統制権移管の時期を明示したのは今回が初めてなんだとか。


ちなみに、

「(2023年には)3軸体制が完成し、周辺国に対し中堅国家として完ぺきな国力を誇示し得る軍事力を持てるだろう」


という希望的観測が条件らしいですね。



って、完璧な国力だと!?



ありえない前提での話だったというオチでしたね。


こんなキチガイどもを相手にしなければならない在韓米軍に、同情を禁じ得ませんwwwww



-----------------------
統制権:韓国国防相「2023年に移管」

 韓国国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官が11日、「国防改革2.0が完成する2023年には戦時作戦統制権(統制権)が(米国から韓国に)移管されるだろう」と語った。「国防改革2.0完成」という条件を付けはしたものの、韓国軍の側が統制権移管の時期を明示したのは今回が初めてだ。

 宋長官は11日、竜山の国防コンベンションセンターで開かれた「国防予算討論会」のあいさつでこのように語った。宋長官はこのイベントの直前、韓国大統領府(青瓦台)で文在寅(ムン・ジェイン)大統領に国防改革2.0の案を報告した。

 韓米は2014年10月、統制権移管に関して、時期を特定することなく「『移管条件』が満たされたときに移管する」と合意した。移管条件とは▲韓米合同防衛を主導できる能力を韓国軍が備えること▲北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対応する韓国軍の必須能力の拡充-などだった。宋長官が統制権移管時期について公に言及したのは、南北・米朝首脳会談を契機として非核化など安全保障環境の変化があることを念頭に置いたもの、という見方がある。

 文大統領は選挙時、「任期中の統制権移管」を公約に掲げたが、北朝鮮の核・ミサイルの脅威などを考慮して「早期の統制権移管」に切り替えた。韓国大統領府は最近、国防部に「統制権移管を速やかに遂行し得る案を用意せよ」と指示したといわれている。また宋長官は「(2023年には)3軸体制が完成し、周辺国に対し中堅国家として完ぺきな国力を誇示し得る軍事力を持てるだろう」と語った。「3軸体制」とは▲核・ミサイル基地などを先制攻撃する「キルチェーン」▲韓国型ミサイル防衛(KAMD)▲大量反撃報復(KMPR)を意味する。さらに宋長官は「文在寅大統領の任期1年以内に(国防改革2.0案を)確定させたい。この期間に北朝鮮を完全に制圧し、統制権を移管できるだろう」「軍事力維持のため43兆ウォン(約4兆4000億円)程度の国防予算を投じるが、来年は50兆ウォン(約5兆1000億円)を要求したい」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/12/2018051200457.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【お笑いバ韓国軍劇場】ウリの技術で戦闘機のレーダーを国内開発できるニダ!!

バ韓国塵に戦闘機を乗りこなせるわけがない


バ韓国の防衛事業庁が、

「戦闘機に搭載するレーダーの国内開発は可能ニダ!」

と発表していました。


さっすが、鶏にも劣る低能屑チョンですなぁwwwwww


やたらと“国内開発”を連呼するわりに、

今までモノになった事は一度もないですからwwwwwww


やはり、きゃつらには過去の行いから学習するということができないのでしょう。




ま、多くの税金が無駄に消えることになるのですから、

なんとも面白いお話です。


-----------------------
韓国型戦闘機に搭載する先端レーダーを国内で開発へ、韓国ネットで期待高まる

 2018年4月12日、韓国・中央日報によると、韓国防衛事業庁は11日、韓国型戦闘機(KF−X)搭載用AESA(アクティブ電子走査アレイ)レーダーの国内研究開発が可能であるとする結果を発表した。 

 記事はKF−Xに搭載するAESAレーダーについて「トンボの目のように1000以上の小さなレーダーで構成され、これにより同時に複数の敵戦闘機と陸海空の標的を識別して攻撃することができる」と説明している。 

 防衛事業庁はこの1年間ほどで4分野112項目の国内(国防科学研究所)試験データを点検。またイスラエルの現地企業(ELTA)が開発した送受信装置を連動させてデモ表示を行い、開発能力を最終確認したという。1次検査は昨年7月に完了しており、当時防衛事業庁は開発企業の「ハンファシステム龍仁(ヨンイン)研究所」でAESAレーダーを公開し、「1次検査で162の要求項目を全て満たした」と明らかにしたそうだ。この事業は2026年までに総額3600億ウォン(約360億円)の予算が投入される予定とのこと。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「多くの資金を投入していいから必ず成功させてほしい」「性能も良く故障もしないように頼む」「政府は自主国防技術の確立に全力を尽くしてほしい」「国内技術で開発できるなんて素晴らしいことだ」など、独自技術での開発の可能性に期待の声が多く寄せられた。 

 また「国防不正問題を解決するだけでも、自主国防開発を10年は短縮できる」と、後を絶たない防衛不正問題を憂える声も。 

 その他「技術支援を約束しておきならが約束を破る米国を信じてはいけない」と、米国の対応に言及するコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b591536-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国空軍】戦闘機墜落で死んだパイロットの告別式

醜い顔面ばかりのバ韓国塵ども


バ韓国塵の涙は嘘泣きの産物


バ韓国軍の告別式


3日ほど前に、バ韓国空軍のF15K戦闘機が墜落していました。

残念ながら操縦士2匹が死んだだけで、他に犠牲者は出ていません。

どうせ突っ込むなら、山ではなく住宅が密集している市街地にしてほしかったものですがwwwww


画像は、その墜落事故でおっ死んだ操縦士の告別式の模様。



この告別式の裏で、遺族様どもは大喜びしているんでしょうね。

身内が死んで歓喜乱舞するのは、世界広しと言えどバ韓国塵くらいなものでしょう。



-----------------------
涙の敬礼

 F15K戦闘機墜落事故で殉職したパイロットの告別式が7日、大邱市東区立石洞の韓国空軍第11戦闘飛行団で厳かに執り行われた。写真は、故人に敬礼する同僚たちの様子。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/07/2018040701610.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【期待大!】バ韓国が“原子力潜水艦”の独自開発に乗り出す!!!!

バ韓国が原子力潜水艦を独自に開発できるワケがない


うわっ、コレは期待できそうですwwwwwwww

なんとバ韓国の研究機関による、

「バ韓国の独自技術で原潜開発が可能ニダ!」

との報告を受け、バ韓国政府が原子力潜水艦の独自開発に乗り出すようです。


屑チョンどものやることなので、もう結果が見えてますねwwwww


果たして何匹の屑チョンどもが死んでくれることでしょう?


どうせなら開発中の事故ではなく、

完成後に大惨事を引き起こしてもらいたいものですwwwwwww



ま、いつものように計画だけブチ上げて、いつのまにか計画自体が消えてなくなりそうですが。



-----------------------
韓国、仏バラクーダ級原子力潜水艦の独自開発へ=「密かに進めよう」「日本を警戒するためにも必須」―韓国ネット

 2018年3月16日、韓国日報によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威に対応するため、仏バラクーダ級(5300トン)原子力潜水艦の独自開発構想を打ち出した。 

 記事は複数の軍消息筋の話を引用し、「韓国海軍が昨年、原潜保有の可能性を把握するために民間の研究機関に依頼した研究により上記の結論が出された。最終報告書は今月19日ごろに海軍に提出される予定」と伝えている。同研究機関は報告書で「韓国の独自技術で原潜開発が可能である」と結論付け、仏バラクーダ級潜水艦の開発を目標として提示したという。ある関係者は「米国など原潜保有国からの導入や賃貸の可能性についても検討したが、ひとまず国内技術でも開発が可能であると最終判断した」と明らかにしたとのこと。これについて記事は「原潜保有国が原潜を他国に輸出した前例がなく、今後も可能性が低いという現実が反映されたものと思われる」と分析している。 

 また同報告書によると、仏バラクーダ級の開発を目標に提示したのは、米国のように原子炉の燃料に高濃縮ウランではなく低濃縮ウラン(濃縮度20%以下)を使用するため。韓国は低濃縮ウランを使用する原子炉技術の相当部分をすでに確保している上、ウラン濃縮を20%未満に制限した米韓原子力協定違反への議論についてもある程度回避できるとみられているとのこと。 

 一方、北朝鮮のSLBMの脅威に対応するため原潜が必要であると主張してきた海軍は、来月末の南北首脳会談を控えた現段階で北朝鮮のSLBMの脅威を持ち出すのは難しいとの政治的判断から、同報告書の公開に慎重な姿勢をとっているという。ある政府関係者は「研究報告書を公開するかどうかはまだ決めていない」と述べているそうだ。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「原潜の開発は密かに進めるべき」「音を立てず静かに進めなさい」「自主国防、祖国守護、強い海軍」「つくるしかないでしょ」「国力を集結して開発しよう」「すばらしい結論を出してくれた」など、原潜の独自開発に賛同する意見が多く寄せられた。また「原潜に関連した技術は他国から入手できるはずない」と指摘する意見も。 

 その他「北朝鮮だけじゃなくて、日本の野心に警戒するためにも軍備増強は必須」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b582390-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る