韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

韓国軍

【ハリボテ臭www】バ韓国初の独自設計潜水艦がお目見えwwww

バ韓国独自設計の潜水艦


屑チョンどもの独自設計の潜水艦

先日、その進水式が行われていました。



なんというハリボテ感wwwwwwwwww




進水式ならぬ浸水式って感じがぷんぷんしますね。

実際に配備されるのは2022年の予定のようですが、果たしてどうなることやら。



いつものようにあちこちから欠陥が見つかり、

結局実践配備されないまま終わりそうですね。


-----------------------
韓国初の独自設計潜水艦

 韓国海軍の3000トン級潜水艦「島山安昌浩」の進水式が、南部の慶尚南道・巨済にある大宇造船海洋の造船所で行われた。韓国が初めて独自設計した潜水艦で、試験を経て2020年12月に海軍に引き渡され、22年1月に実戦配備される。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20180914124600882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【文在寅保有国】文大統領の経済政策の結果、バ韓国軍の戦力整備がボロボロにwwww

景気よくバ韓国をぶっ壊している文大統領


最低賃金の引き上げと週52時間労働制の影響が、バ韓国軍の事業計画に影響を与えているようです。


作業員の不足で納期が大幅に遅れ、1年近くズレ混むケースも出てきたみたいですねwwww


さらに、


作業員の給料も増えるわけですから、踏んだり蹴ったりwwww


その結果、現在の時点で200億ウォンの追加予算が発生しているとのこと。





支持率アップのため、民衆に媚を売ろうとしていた文大統領。

しかし、予想通り全ての政策が裏目に出ています。



本当に頼もしい大統領ですなぁ。


効率良くバ韓国の経済を崩壊させている姿に感動してしまいますwwww



-----------------------
週52時間労働制、韓国軍の戦力整備に影響

 最近の労働時間短縮の流れを受けた「週52時間労働制」の導入が、韓国軍による兵器の製造や開発に大きな影響を及ぼすことが分かった。防衛事業庁が12日に保守系野党・自由韓国党の李種明(イ・ジョンミョン)議員に提出した資料によると、韓国軍が初めて独自に設計した3000トン級の潜水艦「張保皐(チャン・ボゴ)Ⅲ」の建造が7カ月から最長で1年遅れる恐れが出てきたという。これについて防衛事業庁は「人手不足の影響で一部の工程が遅れるのは避けられない」と説明している。

 防衛事業庁が今年7月「週52時間労働制」が202の事業に及ぼす影響について分析を行ったところ、当面は10の事業で計画が遅れる見通しであることが分かった。まず上記の「張保皐Ⅲ」や上陸艦「露積峰(ノジョクポン)」など4隻の艦艇の建造が1-12カ月ほど遅れ、中高度偵察用無人航空機(MUAV)、次世代軍団級偵察用無人機(UAV-Ⅱ)など、偵察分野での5事業も2-6月ほど遅れる見通しだという。

 防衛事業庁は「すでに契約が締結されたものは労働時間を週68時間と見込んで事業の期間や人員、それに伴う人件費などが計算されているが、新しい勤労基準法(労働基準法に相当)によってこれらを大幅に見直す必要がでてきた」と説明した。このようにスケジュールの遅延や人件費の増加によって事業ごとに約1億-76億ウォン(約1000万-7億5000万円)、総額で200億ウォン(約20億円)の追加予算が必要になったという。これは追加予算について後から判断することになった「張保皐Ⅲ」を除いた数字だ。李議員は「所得主導成長政策の影響が国防分野にまで及んでいる」とした上で「防衛産業分野に見合った弾力性のある勤務形態の導入が必要だ」と指摘する。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/13/2018091300996.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【兵役逃れ】バ韓国ソウル大の学生12匹が摘発される! その手法とは……

兵役逃れするバ韓国塵、どうせなら死ぬほど太れ。そして死ね


バ韓国のソウル大学の学生12匹が摘発されていました!

この屑どもは、兵役から逃れるため急激に太って軍を欺こうとしていたとのこと。


その太る方法は、


「粉物をたくさん食べるニダ!」

「アロエ飲料は尿で排出されにくいからおすすめニダ!」

「1日に5回食事をするニダ!」


……などといった情報を共有し、中には半年で30キロも体重を増やした者もいるようです。


うーん、まだまだ生温いですね。

命に危険が及ぶくらい急激に増量し、そのまま命を落とすくらいの覚悟を持ってほしいものです。



-----------------------
兵役逃れのため体重増やした韓国の学生…なぜアロエ飲料を飲んだ?

 体重を増やして兵役を逃れようとしたソウル大学の声楽専攻者12人が摘発された。12人は短期間に体重を増やすために科学的に根拠がない方法を動員した。 

 兵務庁によると、12人は現役服務を避ける目的で短期間に体重を増やし、兵務庁の身体検査で社会服務要員判定を受けた。体重を増やすための方法として、プロテインパウダーの服用、アロエ飲料の過多摂取などが活用された。普段はプロテインパウダーなどで体重を着実に増やした後、身体検査の直前にアロエ飲料を多量摂取して体重を瞬間的に1-2キロ増やしたという。 

 兵務庁兵役調査課のチェ・グギ課長は12日、CBSラジオ番組「キム・ヒョンジョンのニュースショー」のインタビューで「6カ月間に多ければ30キロも増やし、身長175センチ基準で体重102キロ以上まで増やした事例もあった」と伝えた。 

 チェ課長によると、彼らは普段の食事で主に肉、チキン、ピザなどの高カロリー食品を食べ、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の対話で「一日5食にしよう」「粉食をたくさん食べるのがよい」などの言葉を交わした。特にアロエ飲料を飲んだ理由は「アロエ飲料は微粒子があるため一般的な水より尿で排出される時間が遅れる」と説明した。水分による体重増加のためにアロエ飲料を飲んだということだが、チェ課長は「科学的な根拠はない」と強調した。 

 チェ課長は「年間の兵役判定検査人員およそ33万人のうち50-60人ほどが不正で摘発される」とし「体重の増減量が最も多く、その次が精神疾患偽装と入れ墨の順」と伝えた。 

 精神疾患偽装の場合、「外に出れば他人が自分を害すると思って外出できない」など精神病があるように振る舞い、民間病院で長期間治療を受けたという診断書を提出する手法だ。しかし医師が兵務庁に情報提供することが多いという。 

 チェ課長は「精神科の医師が面談する過程でおかしな点があったり、患者が薬を服用していない場合は『薬を処方したが服用していない』『仮病が疑われる』という内容を診断書に書く。すべて英語で書かれるため患者が知らないだけ」と説明した。 

 このほか知人が兵役逃れの情報提供をする場合が多いと、チェ課長は伝えた。チェ課長は「情報提供者を見ると、元恋人や仲が悪くなった友人が最も多い」と伝えた。 

 服務中や服務を終えた人でも兵役法違反で有罪が確定すれば、刑事処罰と共に再び兵役判定検査を受けて兵役義務を履行しなければいけない。

https://japanese.joins.com/article/125/245125.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|top_news
-----------------------


>『薬を処方したが服用していない』『仮病が疑われる』という内容を診断書に書く。すべて英語で書かれるため患者が知らないだけ

カルテの英語すら読まずに軍を欺こうとするなんてwwww


本当に知能の低い生き物ですなぁwwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















在韓米軍、バ韓国・平沢基地にパトリオット配備を検討中!!

在韓米軍のパトリオット配備でバ韓国終了


在韓米軍がバ韓国の平沢基地にパトリオットミサイルの配備を検討しているようです。


今年になって在韓米軍の主力が平沢基地に集中するようになったので、北チョンによるミサイル攻撃に備えてというのが理由みたいです。



また、ここで中国辺りがイチャモンをつけてきそうですなぁwwww



再び限韓令が敷かれたら、次こそバ韓国経済は完全に崩壊するかもしれませんね。



文大統領がどんなコウモリっぷりを披露してくれるのか楽しみですwwww



-----------------------
韓米、平沢基地へのパトリオットミサイル配備を協議中

 京畿道平沢(ピョンテク)の在韓米軍基地キャンプ・ハンフリーズにパトリオット(PAC3)迎撃ミサイル1個大隊を追加で配置するために韓米軍当局が協議していることが7日、確認された。 

 在韓米軍筋は「在韓米軍と韓国軍は昨年末からパトリオット1個大隊を平沢基地に配置する案をめぐり協議を進行中」とし「米国は北朝鮮のミサイル攻撃から平沢基地を防御するためにパトリオット大隊の配置が必要だという立場」と明らかにした。 

 現在、在韓米軍には京畿道烏山(オサン)空軍基地と慶尚北道倭館(ウェグァン)のキャンプキャロルにそれぞれパトリオット1個大隊が配置されている。 

 しかし韓国政府は韓米合同軍事演習が暫定中断した状況でパトリオット1個大隊を追加で配置する場合、現在進行中の米朝非核化交渉にマイナスの影響を及ぼしかねないため配置時期を先延ばしすべきという立場だ。在韓米軍側もある程度は共感しているという。 

 これに関し軍関係者は「在韓米軍は6月に司令部までがソウル龍山(ヨンサン)から平沢に移るなど米軍の主力部隊が平沢基地に集結した状況で、北のミサイル攻撃が平沢基地に集中する可能性を懸念している」と伝えた。この関係者は「パトリオット1個大隊が入るとしても、実際の配置規模は6個砲隊ではなく3、4個砲隊になるだろう」と説明した。普通、パトリオット1個大隊は6個砲隊で構成されるが、在韓米軍の場合は主に3、4個砲隊だけを運用している。軍関係者によると、現在中東地域に配置されたパトリオット大隊がすでに任務を終えて待機中であるため、韓米軍当局間の合意さえあれば大隊の配置はすぐにも可能という。 

 パトリオット大隊の追加配置は今回が初めてではない。在韓米軍は2016年2月に1個大隊を追加し、現在2個大隊を運用中であり、米国側は最新型パトリオットのPAC3 MSE配備の可能性も示唆したことがある。PAC3 MSE体系はロケットモーターやミサイル操縦翼をアップグレードし、迎撃高度と命中率を高めた。迎撃高度はPAC3 Conf3の倍の約40キロ。米軍は昨年9月、烏山基地などで従来のパトリオット大隊の性能改良作業を終え、より高度が高い40-150キロ区間では慶尚北道星州(ソンジュ)に配備した高高度防衛ミサイル(THAAD)体系で防御するという構想だ。韓国軍も迎撃能力の強化に向けて従来のPAC-2をPAC3 Conf3体系に転換する予定であり、最新型パトリオットPAC3 MSEの導入も推進している。

https://japanese.joins.com/article/923/244923.html?servcode=A00&sectcode=A20&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る