韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


韓国軍

【これぞバ韓国軍!】“謎”の銃弾に撃たれ、兵士1匹が死亡!!!!!!!!!!!

バ韓国軍は味方に撃たれて死ぬのがデフォ


先日、バ韓国軍で不思議な死亡事件が発生していました。

なんと、

どこからか飛んできた銃弾に撃たれ、陸軍の兵士1匹が死んだとのことwwwwwww


北朝鮮の仕業ニダ!」という疑惑の声もあがっているようですが、

まあどう見ても付近で行われていた射撃訓練の流れ弾でしょうね。


味方の銃弾に撃たれて死亡するというのは、バ韓国軍の伝統でもあるでしょうからwwwww



今頃、この兵士の親は座りションベンを漏らしながら“遺族様”になれたことに狂喜していることでしょうね。


-----------------------
銃弾はどこから飛んできた?韓国軍で「謎だらけ」の兵士死亡事件が発生=韓国ネット「北朝鮮が怪しい」「大統領が代わっても現状は…」

 2017年9月27日、韓国・聯合ニュースは、陣地工事を終え徒歩で部隊に戻っていた韓国陸軍の兵士が突然飛んできた銃弾に当たって死亡した事件について「さまざまな面で謎だらけである」と伝えた。 

 陸軍捜査機関は27日、「銃弾が発射された地点や銃弾の種類などを分析している」と明らかにした。また、銃弾は近くの射撃場から飛んできた可能性が高いとみて、射撃訓練中に安全規則が遵守されていたかどうかについても調査しているという。 

 事件は26日午後4時10分ごろ、江原道鉄原郡にある部隊近くで発生した。事故直後、A一等兵(22)は軍の病院に運ばれたが、午後5時22分ごろに死亡が確認された。突然飛んできた銃弾に当たって死亡したA一等兵は陣地工事を終え、同僚の兵士約20人と共に徒歩で部隊に戻る途中だった。A一等兵らが引率者と共に移動した通路は日ごろから利用していた道だ。ただ、同通路は近くに部隊の射撃場があるため、射撃訓練がある時には移動が制限される。 

 問題は、事件当日の射撃場では射撃訓練が行われていたが、A一等兵らは何の制限もなく同通路を利用し、部隊に戻っていたという点。射撃場とA一等兵が銃弾に当たって倒れた場所の距離はおよそ400メートル。K―2小銃の有功射程距離が460メートルであることを考えると、非常に危険な区間だったといえる。通常、射撃訓練を予定する部隊はあらかじめ近くの部隊などに告知しなければならない。捜査当局は射撃訓練部隊が訓練の予定を告知したかどうか、告知をしていた場合にA一等兵らを引率した部隊は移動を制限していたかどうかなどについて集中的に調べを進めている。 

 また、最近北朝鮮と緊迫した状態が続いていることから、一部では「北朝鮮の仕業ではないか」との疑惑も出ている。部隊関係者は「あらゆる可能性を念頭に置いて捜査中だ」と明らかにした。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「内部の問題であれ北朝鮮の仕業であれ、徹底的に調べて全てを正直に明らかにしてほしい」「隠蔽(いんぺい)をたくらんだりしないでね」などと訴える声や、「昨日の事件なのにまだ何も分かっていないの?」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は何をしている?。迅速な捜査を指示するべき」など事件の早期解決を望む声が寄せられている。 

 また、「両親の気持ちを考えると涙が出てくる」「誰かの大切な息子なのに。ちゃんとルールを守っていれば彼は死なずに済んだ」など犠牲者の両親を気遣う声や、「軍隊に行きたくない」と不安がる声も。 

 その他「引率者の責任だ。早く帰りたい一心で規制を無視し、一番近い道を選んだのだろう」「北朝鮮が怪しい」などと推測する声や、「大統領が代わっても軍人が無駄死にする現状は変わらない。これが国か?」と批判する声もみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b191826-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








過去5年間、毎日故障!! バ韓国製自走砲「K9」でまたもや屑チョンが死亡!!!!

屑チョン殺しの名品・K9


一昨日、バ韓国製の自走砲「K9」が爆発事故を起こし、2匹の死者を出していました。

このK9は、自称「バ韓国産の名品武器」とのことですが、

過去に1708回も故障や事故が発生しています。


そんな欠陥武器を未だに使い続けるとはwwwwwww


この名品とは、屑チョン兵士を効率良く殺してくれるところから名づけられたんですかねぇ。


ま、有事の際もこのK9は盛大に屑チョンどもを殺してくれそうです。

いやぁ、楽しみで楽しみで仕方ないですなぁ。


-----------------------
爆発し兵士2人の命奪った韓国軍の“名兵器”、過去5年で1708回故障=「どこが名品?」「1日に1回は壊れる不良品だ」―韓国ネット

 2017年8月19日、韓国陸軍の射撃訓練場で火災事故により2人の死者を出した韓国型自走砲「K9」について、韓国・ニュース1などが詳しく報じた。陸軍砲兵戦力の中核火力であるK9は海外にも輸出され、韓国内では「韓国産の名品武器」とも呼ばれるが、実際は故障や事故が後を絶たないという。 

 K9は、長射程砲、放射砲(多連装ロケット)など北朝鮮に比べ劣勢にあった砲兵火力を強化するため、10年間にわたる開発の末、2000年から戦力化された。現在、最前線に500門以上が実戦配備されている。 

 90%を超える命中率に自動射撃統制装置、毎分6発の高速射撃機能などを備える同機の1両の価格は37億ウォン(約3億5600万円)に達するが、すでにトルコ、ポーランド、フィンランド、インドなどに輸出実績があり、ドイツ、ロシア、フランスなど世界有数の軍事大国と輸出競争を繰り広げているという。 

 しかし導入からの歴史を振り返ると、故障や事故が後を絶たない。1997年12月、試作1号機の火力性能試験中には、弾が発射されず、内部が炎に包まれ研究員1人が死亡する事故が発生した。2010年には、北朝鮮による延坪(ヨンピョン)島砲撃によって海兵隊に配備されていたK9が被弾し、一部装置の損傷で、反撃に支障が生じた。 

 こうした事故・故障について韓国メディア・YTNは専門家の話を基に、「“名品武器”が5年間で1708回故障」とする記事を報じた。番組に出演した建国(コングク)大警察学科のイ・ウンヒョク教授は「事故は5年間で1700件程度は確実に発生していた」と述べた。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「他の武器は問題があれば生産を中止するのに、K9だけ中止しないのはなぜ?」「このどこが名品?」「自国の兵士を殺す殺人兵器じゃないか」など、K9への批判の声が多く寄せられた。 

 また、後を絶たない防衛産業の不正問題に「開発費の3分の1が実際に開発に使われ、3分の1は賄賂に消え、残りの3分の1は関係者のポケットに入ったんだろう」と疑惑の声も。 

 その他、「5年間で1700回も故障したのなら、1年で340回壊れたことになる。ということは、休日を除けば1日に1回はどこか壊れる不良品ということじゃないか」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b176807-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【斜め上www】バ韓国型戦車「K2」、開発していた会社が国を訴える!!!!!

いつまでたっても完成しないバ韓国のK2戦車


20年以上も前からバ韓国製の戦車「K2」を開発しようとしていましたが……。


なんと、ココに来て、

開発していた会社が国を訴えるというトンデモない事態に発展しました!!!!!!



会社側の言い分は、

「性能テストが厳し過ぎるニダ! もっと簡単なテストに変えるべきニダ!!」

というもの。



いやぁ、さすが屑チョンどもですね。

我々人類の思考回路では、到底きゃつらの行動を予測するのは無理でしょう。


生かしておいても害悪を撒き散らすだけなので、

さっさと37564にすべきでしょう。


そんな決意を新たにさせてくれたニュースでした。


-----------------------
韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立

 韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。 

 開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。

 訴訟トラブルは6月末に明らかとなった。韓国通信社の聯合ニュースなどによると、K2戦車の変速機を開発していたS&T社が変速機の耐久試験に“ギブアップ”したのだ。 

 S&Tの主張は「韓国の国防規格は、走行距離が9600キロに達するまで欠陥があってはならないことを意味している。この耐久試験中に欠陥が発生した場合、最初から試験をやり直さなければならない」というもの。同社では試験に時間がかかるとし「このままでは試験を無限ループするしかない」とし、国防規格や試験方法の変更を求めたが受け入れられなかったとして、再試験中断を求めソウル中央地裁に仮処分申請を出したことを6月30日に明らかにした。 

 国の定めた規格が厳しすぎるという主張だが、これは「私が試験で赤点なのは、試験問題が難しすぎるからだ。もっと簡単な問題に変えるべきだ」というに等しい。というのも“他の生徒”は試験に合格しているのだ。

 現地メディアによると、かつてK2の変速機は、いつまでたっても国産化できず、車体だけが多数完成して倉庫で埃をかぶる状態になっていたとされる。そこで韓国政府はドイツ製のパワーパック(変速機とエンジンが一体化されたもの)を約100台分購入し、なんとか完成させ、軍に納入した。

 一方で「これでは当初予定していた国産化とはいえない」として、その後も変速機(とエンジンを一体化したパワーパック)の国産化にこだわってきた。

 ところが韓国製の変速機は試作したものの試験のたびに欠陥が明らかになり、ドイツ製との「質の差」が明らかになるばかり。既にドイツ製を搭載したK2戦車は実戦配備され、何の問題も起していないのだ。 

http://news.livedoor.com/article/detail/13350230/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【お笑いバ韓国軍劇場】不良品の防弾チョッキ、前面だけを改良してそのまま再配布!!!!!!!!!

防弾性能皆無のバ韓国製防弾チョッキ


バ韓国軍に配布されていた3万5000着の防弾チョッキが、拳銃の弾で簡単に貫通してしまうことが発覚したのは昨年のことでした。

それを受け、バ韓国国防部が改善していたのですが……。


今回出来上がったのは、前回の不良品に少しだけ手を加えたものでしたwwwwwww


しかも!

改善したのは“前面部分のみ”で、後は不良品のままのようですwwww


それを平然と配布し直すとは、さすがキチガイ屑チョンどもですなぁ。



コレで終わりかと思いきや、まだまだ続きがあります!!


側面の防弾性能が“紙装甲”だとバレると、

バ韓国国防部は、性能テストから“側面の防弾性能”を除外するように国防規格を変更していたのです!!!!


さらに、さらに、


この“紙装甲”防弾チョッキを2万4000着も追加で購入することが決まっているんだとか。



いやぁ、突っ込みどころ満載で、

記事を読んでいるだけで疲れてしまいますなぁ。



これでまた朝鮮有事が楽しみになったことだけは違いないですね。


-----------------------
韓国国防部、軍の防弾チョッキの“致命的な欠陥”を見て見ぬふり?=韓国ネットに衝撃「本当の敵は北朝鮮ではなく国防部」

 2017年7月13日、韓国・JTBCによると、韓国の国防部が「拳銃の弾で穴が開く防弾チョッキ」の前面部分だけを改善して軍に配布していたことが分かり、韓国社会に衝撃が広がっている。 

 韓国国防部は昨年、拳銃の弾で穴が開いてしまう民間業者の防弾チョッキを不正納入し、2年間で3万5000着を軍に配布していたことが明らかとなり、批判を浴びた。その後、国防部は性能改善に取り組み、開発過程で「動きにくい」との意見が出たことを受けて横の部分を切断した“分離型”の防弾チョッキを作った。 

 問題は衝撃が広く分散される“一体型”とは違い、細かく分かれた防弾チョッキは防弾性能が落ちてしまうという点。JTBCが類似のサンプルで実験を行った結果、わき腹に受けた弾2発は共に、通過基準(44ミリ)の約2倍である84.5ミリが変形した。 

 実際の戦闘において、側面の防弾性能は非常に重要となる。米法務省の報告書によると、銃撃による死亡者のうち50%以上が側面から弾を受けている。 

 しかし、国防部は側面の性能問題が取り沙汰されると、先月末に側面の性能テストを除外するよう国防規格を変更してしまった。さらに、側面の防弾性能が不十分な現在の防弾チョッキ2万4000着を追加で購入する方針を明らかにした。 

 これに関し、国防部は「来年からは防弾性能を向上させた防弾チョッキを納入する」と明らかにしたが、既存の防弾チョッキについては何の対策もないという。 

 この報道に、韓国のネットユーザーからは「戦争が起きたら1番に逃げ出す国防部の高官たち。自分たちが着ることはないからそのままにしているのだろう」「国防に関する不正は国家反逆罪として厳重に扱い、死刑に処すべき」「韓国の国防部はアマチュアが集まる場所なの?」「韓国国民の本当の敵は北朝鮮ではなく国防部」など国防部への厳しい声が相次いでいる。 

 また「お笑い韓国軍がまた期待どおりの行動をしてくれた」「政権が変わっても国防部はそのまま…」などと嘆く声も。 

 そのほか「弾が貫通するのになぜ着る?動きにくくなるだけなら着ない方がまし」と指摘する声や、「防弾テストは入札会社の社長が実際に着て試す方式にしよう」と提案する声もみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b184449-s0-c10.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る