韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

生態

【出生率1未満の終わった国】バ韓国の20代、6割が「子供ほしくないニダ!!」

バ韓国の出生率が一日も早く0になりますように。


屑チョンの20代のうち、

6割が「子供がほしくないニダ!」と考えているようです。




ヒトモドキのくせに、素晴らしい考えをしているじゃないですか!!


さすが、世界で唯一の出生率1未満の国ですなぁwwww



でも、4割近くの害獣どもが子孫を残す気マンマンのようです。



もっとバ韓国を追い詰め、屑チョン全匹が子作りを諦めるようにしなければいけませんね。




-----------------------
韓国の20代、6割が「子どもほしくない」=中国ネットでも共感多数

 韓国人口保健福祉協会(KoPHWA)の調査により、韓国で20代の若者のうち6割が「子どもがほしくない」と考えていることが分かった。4日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で中国メディア・時差視頻が報じると、中国のネットユーザーからも大きな関心が寄せられた。

 子どもを望まない理由として最も多かったのは「現在の社会は子育てにふさわしくないから」で、36%が回答した。同協会の研究員は、「今の20代は社会の不平等さにかなり触れてきた世代で、彼らは同世代の人々の生活もそれほど幸せではないと捉えている。そういった経験や印象が、結婚・出産に対する考え方に影響を及ぼしているのだろう」と分析している。

 同調査では、「努力しても報われない」「社会の不平等を自ら経験したことがある」と答えた人の割合もそれぞれ全体の74%に上ったという。また、具体的にどういった点に不平等さを感じるかについては、「親世代から受けられるサポート」「経済能力」「性別」の順で多かったという。

 この話題は、微博でも関連キーワードが一時検索キーワードランキングの上位に登場するなど広く注目を集めた。中国のネットユーザーからは、「中国だって似たようなもの」「自分のことで精いっぱいなのに、子どものことまで手が回るはずがない」「子どもがいらないどころか、結婚すらしたくない」などと同調する意見が数多く見られたほか、「中国はまだいい。経済が急速に発展しているから、将来に希望が持てる」という意見も寄せられた。

 韓国統計局が以前発表した統計によると、2018年の韓国の合計特殊出生率は0.98で、同年に世界で唯一の出生率1未満の国になった。

https://www.recordchina.co.jp/b764674-s0-c30-d0148.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















もっと金を寄こすニダ! バ韓国・ソウルで自称障害者どもが行進!!

ソウルに集結したバ韓国の障害者ども


昨日、ソウルに屑チョンの障害者がデモを行っていました。


「差別を撤回するニダ!」

「障害者予算をもっと増やすニダ!」

「さっさと金寄こすニダぁぁぁぁ!!」


などのスローガンを叫んでいたとのこと。



障害者のフリをするのが大好きな連中なので、

金目当てに参加している健常者も多そうですなぁwwww



もっとも、我々人類の基準からしたら、


ヒトモドキなんてものは1匹の例外もなく障害者なんですけどね。



-----------------------
きのうは「国際障害者デー」、障害者差別撤廃連帯が車いす行進

 「国際障害者デー」の3日午後、全国障害人差別撤廃連帯のメンバーらが車いすに乗って、ソウル市永登浦区汝矣島の国会議事堂近くの大通りを行進している様子。同連帯は障害等級制度廃止、障害者予算の拡大編成などを要求するスローガンを叫んだ。3日は韓国各地で障害者人権団体のイベントや集会が開かれた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/04/2019120480019.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国なら当たり前ww】栄養士と調理員が喧嘩したため、小学生1600匹分の給食が提供されない事態にwww

バ韓国小学校の平均的な給食がコレ。ただの残飯です


先日、バ韓国の小学校で急遽1600匹分の給食が提供できなくなるという事態が発生していました!


その理由は、

小学校の給食室勤務の栄養士と調理員によるけんかwwww

調理員が失神して病院に運ばれるというものだったんとか。



その結果、調理ができず、1600匹の児童を早退させたとのこと。



いやぁ、さすがバ韓国ですなぁ。


世界中どこを探しても、こんな事態が当たり前のように発生するのはバ韓国くらいなものでしょう。






下校する際、児童らが交通事故で死んだり、何らかの犯罪に巻き込まれていたりしたらもっと楽しい騒動になったのですが……。


それだけが残念です。




-----------------------
韓国の小学校、驚きの理由で1600人の児童が「給食なし」に

 2019年11月28日、韓国・ニュース1は、「京畿道の小学校で栄養士と調理員のけんかが原因で全校児童約1600人に給食が提供されなかった」と伝えた。

 京畿道議会のチャン・デソク議員によると、26日午前、京畿道始興市の小学校で給食室内の施設の使用をめぐり栄養士と調理員の間でけんかが勃発した。この過程で調理員が気を失って病院に運ばれた。しかしその後も謝罪を求める他の調理員らと栄養士の間で言い争いが続き、給食を提供できない事態になったという。

 これを受け、学校側は児童らを予定より早く下校させた。学校側は児童の下校前に「給食室の事情で給食を用意できない。これにより授業を短縮する」との内容を保護者にメールで伝えたという。

 これに対し保護者らは27日に始興教育支援庁を訪れ、関係者の処分と再発防止を訴えた。ある保護者は「怒りが収まらない。共働き家庭で子どもに昼食を作ってあげられないので、とても頭にくる」と話した。同庁の関係者は「申し訳ない。二度とこのようなことが起きないようにする」と約束したという。

 これに韓国のネットユーザーからはさまざまな声が上がっている。事の発端となった栄養士や調理員に対しては、「自分勝手過ぎる」「せめて給食を作ってからけんかして」「1600人もの児童がいるっていうのに、あまりにも無責任だ」「これは栄養士と調理員が悪い。『何か理由があったのだろう』という言葉では済まされない。与えられた責任を全うしてこそ何かを主張する権利がある」など非難の声が上がっている。

 また、学校側の対応についても「校長はこの間一体何をしていたの?」「管理者はこうなるまで傍観していたってこと?」「給食室の事情で給食を提供できなかったのなら学校は何か方法を探すべきだったのでは?子どもが急に早退することになっても働いている親はそう簡単に帰れない」など厳しいコメントが寄せられている。

 その他に「給食をやめて外部にお弁当を発注するようにすれば?」と提案するユーザーも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b763334-s0-c30-d0149.html
-----------------------



あれ?

残飯みたいな給食しか提供していないのに、

栄養士とか調理員なんて必要あるんですかね?





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【自殺大国・バ韓国】年間3万匹以上の自殺未遂者、3割以上が過去にも失敗www

バ韓国塵できる数少ない善行は自殺と同族殺しです


昨年、バ韓国では自殺に失敗した屑チョンが3万3451匹ほどいたそうです。


そのうち、3割以上が過去にも自殺未遂していたとのこと。



2度以上も自殺に失敗するなんて、本当に使えない屑ですね。



どうせこれから先も失敗しまくるんでしょうから、まずはさっさと身内でもヤってみてはいかがですかね?



死刑制度のあるバ韓国なので、たくさん殺しまくれば望み通りあの世に行けるんじゃないですかね。




-----------------------
韓国で年間3万人の自殺未遂者、半数は退院後一度もアフターケア受けず

 11月24日に世を去った歌手ク・ハラ(28)は、5月にも極端な選択を試みて救助されたことがある。専門家らは「一度自殺を試みた人に対するアフターケアが重要なのに、韓国政府はこうした部分を見落としている」と指摘した。11月27日に保健福祉部(省に相当。福祉部)などが明らかにしたところによると、昨年、自傷・自殺を試みて救急救命室に運ばれた人は3万3451人いたが、カウンセリングおよび福祉サービス提供などの事後管理を受けたのは、このうち52%(1万7553人)だけだった。残りの人は、救急救命室から退院してそのまま家に戻った。「ハイリスク群」に対する管理がきちんと行われていないのだ。

 韓国政府は、毎年の自傷・自殺の試みが全体でどれくらいになるのか把握もできずにいる。昨年は、既存の402カ所の救急救命室のうち153カ所に搬送された未遂者だけが、「国家救急患者診療情報網」を通して把握された。韓国政府が把握できる範囲内でも、自殺を試みて救助された人の数は、2014年の2万5573人から昨年は3万3451人に増えた。ところがこうした人々のうち、治療を受けて救急救命室を出てからも持続的にカウンセリングを提供する「事後管理事業」の対象になった人は、昨年の時点で1万7553人にすぎなかった。残りのおよそ1万6000人は、救急救命室で治療を受け、別段カウンセリングなどの手続きもなく家に戻ったのだ。韓国政府は2013年から、自殺未遂者を対象に退院後も電話・訪問相談を行い、各種の福祉サービスなどを提供する事後管理事業を進めている。だが、昨年の時点で402カ所の救急救命室のうち52カ所しか、こうした事後管理事業を行っていなかった。金相姫(キム・サンヒ)議員は今年の国政監査で「自傷・自殺未遂者への事後管理をしてくれる救急救命室は昨年52カ所で、今年は62カ所に増えたが、依然として不足しているレベル」と指摘した。

 一度自殺を試みた人は再び自殺を試みる可能性が高いため、管理が必要だ。福祉部が、2016-18年に自殺未遂などで救急救命室に運ばれた2万6631人を対象に調査してみた結果、9299人(35%)が「過去にも自殺を試みた経験がある」と答えた。「今後も自殺の計画がある」と答えた人も7673人に上った。

 自殺未遂者の同意がなければ事後のカウンセリング・治療などは難しいという点も、改善が必要だという。ペク・チョンウ中央自殺予防センター長は「米国、英国、オーストラリアなどは、裁判所や審判所などの決定があればすぐに必要な治療や支援は提供できるようになっており、韓国もこのように法・制度を改善する必要がある」と語った。

 また、自殺者の数を減らしていくためには、家族と共に命を絶つ「心中」を一種の「家族殺害犯罪」と見なし、これを減らしていかなければならない-と専門家らは指摘した。李水晶(イ・スジョン)京畿大学犯罪心理学科教授は「自分に子どもの生殺与奪権があると考える家父長的思考などが原因」だとして「殺害後の自殺を『同伴自殺』と表現してはならず、殺人にほかならない行為だという社会的認識があるべき」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/29/2019112980164.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る