韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

観光

これぞバ韓国!! 20億ウォンで契約して作られた「ミシュランガイド・ソウル」、130か所も間違いがwwwwww

バ韓国のミシュランガイドは間違いだらけ


バ韓国で発行されている「ミシュランガイド・ソウル」は、問題だらけのようです。


・閉店している店を掲載

・テラス席での食事が可能と紹介されているのに、その店にはテラス席がない

・ミシュラン社の審査員が訪れていないのに、審査されたことになっていて掲載されている

・「famous」とすべき部分を「infamous」と誤訳し、有名店を「評判の悪い店」と紹介している


……などなど、130もの誤りがあるんだとか。


ま、屑バ韓国には相応しいクオリティなのかもしれませんねwwww



バ韓国の観光公社がミシュラン側に20億ウォンも支払っているようですが、

こんな屑みたいなガイド本ができてお終いというわけです。



もっともミシュラン側の気持ちも理解できます。

どれだけ金を積まれようとも、ヒトモドキが作った餌なんざ口にしたくはないですからねwww



-----------------------
存在しない店まで掲載!ソウル版ミシュランの問題点を韓国議員が指摘、ネットから批判の声

 2018年10月16日、韓国・ヘラルド経済によると、韓国の観光公社とミシュラン社が発行している「ミシュランガイド・ソウル」について、「内容が間違いだらけ」と指摘する声が上がっている。 

 韓国野党「正しい未来党」のイ・ドンソプ議員は14日、18年版のミシュランガイド・ソウルに「130の誤りがある」と指摘した。2017年前半に閉店した店が掲載されていたり、テラス席のない店が「テラス席での食事が可能」と紹介されていたりしたという。記事は「厳しく店を評価したと言うミシュラン社の審査員は、店を訪れてさえいなかった」と批判している。また、「famous」とすべき部分を「infamous」と誤訳し、有名店を「評判の悪い店」と紹介しているケースも見つかったという。 

 しかし観光公社は、これに対して何の対応もできないのが現状という。イ議員が入手した観光公社とミシュラン社の契約書では、観光公社がミシュラン社に20億ウォン(約2億円)の支援をすることになっているが、修正要請の権限については記載されていないという。さらに、ミシュランガイドに関する全ての権限はミシュラン社が持つと明記されており、記事は「つまり観光公社は、権限はないのに責任だけを取らされる契約を結んだことになる」と指摘している。 

 イ議員は観光公社に対し「不合理な契約内容を速やかに変更し、ミシュランガイドの誤りを正すべき」と主張しているという。 

 これに、韓国のネットユーザーからも「20億ウォンかけた結果がこれ?」「韓国にまともな政治家が現れるのはいつだろう?」「クビになることはないと思って、適当に仕事をしているのだろう。消防と警察以外の公務員を減らすべき」など、政府に対する批判の声が高まっている。 

 一方で「ミシュランが自らイメージに傷を付けているだけ」と指摘する声や、「そんな大した問題じゃないよ。営業しているかどうかはネットで調べればすぐに分かるからね」と寛容な声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b224344-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国与野党が揃って観光公社を批判!! 「外国人観光客が減ったのは職務怠慢のせいニダ!!」

バ韓国の観光赤字が急上昇中


バ韓国の与野党が、仲良く揃って観光公社を批判していました。


「外国人観光客が減っているニダ!」

「赤字を解消するよう対策をとるべきニダ!!」


……つまり、観光客の減少の理由を、観光公社の責任にするつもりのようですwwww



ちなみに、昨年の観光収支は、1兆5300億円の赤字になったとのこと。


ま、当然と言えば当然の結果ですね。

バ韓国に観光しにいくのはキチガイくらいなものなんですから。



あ!


即座に赤字を解消する方法がありましたね。


全国民に対し、海外旅行を禁止してはいかがでしょうか?


そうすれば、出ていく金はゼロなので一気に黒字回復することになります。



屑チョン観光客が来なくなったことにより世界中の観光地の価値も上昇するので、

まさにウィンウィンってやつです。



是非とも本気で検討していただきたいものです。



-----------------------
韓国与野党が観光公社を批判 外国人観光客減少を懸念=国政監査

 韓国の与野党は15日、国会文化体育観光委員会での韓国観光公社などに対する国政監査で、外国人観光客減少による観光収支の累積赤字に懸念を示し、対策を設けるよう求めた。

 国政監査では、近年観光産業が好況の日本などに比べ、韓国の観光客誘致への努力が不足しているとの点で与野党の意見が一致した。

 与党「共に民主党」の李相憲(イ・サンホン)国会議員は日本、台湾、ベトナム、シンガポールなどは過去4年間に入国者数が増加したが、韓国を訪れる外国人観光客は減少が続いているか、足踏み状態だと指摘。国内の観光収支が2001年以降17年連続で赤字を記録し、昨年の赤字は16年の2倍以上となる137億ドル(約1兆5300億円)で、年間では過去最大規模だったと説明した。

 最大野党「自由韓国党」の趙慶泰(チョ・ギョンテ)議員は昨年の外国人観光客が16年に比べ22.7%減少したとして、「国内の旅行地は日本に比べて非常に田舎っぽい。レベルの差が非常に大きい」と指摘した。また、国内の観光地で販売される孫の手やうちわなどの土産物を例に上げ、「(ソウルの)仁寺洞に行っても(南西部・全羅北道の)南原に行っても中国製のこのような記念品しかない」と述べた。

 同党の廉東烈(ヨム・ドンヨル)議員は、文化体育観光部と観光公社の観光政策決定の足並みが揃っていないとし、「観光産業は公害のない産業だとされるが、効率性と成果の面で一貫性が不足しているなど残念な点が多い」と指摘した。特に、平昌冬季五輪期間に外国人観光客が減少したことに対して「オリンピックに備えて予算を使用したが、このような結果を出したということは職務放棄や予算乱用ではないか」と非難した。

 共に民主党の禹相虎(ウ・サンホ)議員は、グルメを目的に韓国を訪れる個人観光客が35%に上るが、認証制度や情報網が整っておらずバラエティー番組が観光公社の代わりをしているとして、宿泊施設や飲食店の認証制度の必要性を強調した。

 自由韓国党の金載元(キム・ジェウォン)議員は、観光公社が投資に失敗して数千億ウォンを失った事例を挙げながら「観光公社が関与し、それなりに維持されているのは済州の中文観光団地しかない」と指摘した。

 また、野党「民主平和党」の崔敬煥(チェ・ギョンファン)議員は「地方自治体も観光地を発掘して地域の特色に合った商品を開発しなければならないが、広報とマーケティングに苦労している」とし、「全国10カ所の観光公社の支社がきちんと役割を果たさなければばならない」と主張した。

 この日の国政監査では、08年の韓国人観光客射殺事件を機に中断された金剛山観光の再開などを求め、北朝鮮が10年に没収した韓国観光公社所有の不動産など約900億ウォン(約90億円)の資産についても議論された。

 同公社の安栄培(アン・ヨンベ)社長は「南北観光交流を再開する前に、没収された資産を回収しなければならないのではないか」との質問に対して「そのような措置が前提にされなければならないと考える」と述べた。

 また、北朝鮮のマスゲーム「輝く祖国」が観光商品になるのではないかとの指摘には、公演を常設で行うのは難しいとの考えを示した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/15/2018101502509.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















2種類のメニューを用意して中国人観光客からぼったくるのがバ韓国流wwww

中国人観光客をぼったくるバ韓国


バ韓国では、中国人観光客をターゲットにしたぼったくりがより悪質になっているようです。


ある飲食店のメニューでは、バ韓国語で7900円ほどのものが、中国語表記になると1万円になっているんだとか。


このように2割、3割を上乗せするぼったくりが日常化しているみたいです。


限韓令の解除で中国人観光客が以前のように戻ったとしても、この調子ならアッという間に自滅しそうですなぁwwww




やはり朝鮮ヒトモドキという生物は、

自分で意識しなくとも人類に嫌われる行動しかとれないようにプログラミングされているんでしょうね。



-----------------------
韓国の飲食店は中国人を狙ってぼったくっている?韓国語と中国語のメニューで異なる価格=「もう韓国へは行かない」―中国ネット

 2018年10月6日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、韓国の飲食店では韓国語と中国語のメニューとでは価格が違うと指摘したネットユーザーの映像による報告を紹介した。 

 このネットユーザーは、済州島にある飲食店でまず韓国語のメニューを見てみるが、例えば牛焼肉セットが韓国語メニューでは7万9000ウォン(約7900円)だが、中国語メニューでは10万ウォン(約1万円)となっている。また、普通の焼肉は韓国語メニューでは1万7000ウォン(約1700円)だが、中国語メニューでは2万ウォン(約2000円)となっている。 

 価格の違いについて店主は「中国語のメニューは古いもので、韓国語のメニューが最新のものだ。中国語メニューはまだ更新していないだけだ。値段が違うのは品質が違うからだ」と理由を述べている。 

 これを見た中国のネットユーザーから「これが韓国人の民度というものだ」「だったらもう韓国へは行かないな」などと批判するコメントや、「韓国に行ったからにはぼったくられることを恐れてはならない」「別に恐れる必要はない。韓国へ行く人は金持ちだ」「中国人はお金があるからVIP待遇なのだ」などの意見もあった。 

 一方で、「(北京の)秀水街で外国人をいかにぼったくっているか聞いてみた方がいい」「これは国内も国外も同じだ。旅行客というのはぼったくりの対象」「中国国内でも多くの所がこんな感じだ。地元用と一般用のメニューは違う」など、中国も同様だとのコメントも少なくなかった。

https://www.recordchina.co.jp/b651341-s0-c30-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の観光地、中国語だけで書かれた注意書き看板が乱立しているワケ……

ハングルでの注意書き。バ韓国塵の迷惑行為にうんざり


現在、バ韓国の観光地では、中国語で書かれた看板が乱立しているとのこと。


その内容は、


「壊したら責任を取ってもらうニダ」

「ごみを捨てるな!」

「観光客は立ち入り禁止ニダ!!」


……というもの。



ヒトモドキの分際でナニをヌかしてるんでしょうね?


やはりきゃつらは己の身分をわきまえていないようです。



この日本でも、ハングルだけで書かれた看板をアチコチに立てたいものです。


「屑チョンは息するな!」


……と。



-----------------------
韓国各地に乱立する中国語の警告、中国人の韓国旅行再び冷え込ませる恐れ―中国メディア

 中国メディアの捜狐は13日、韓国で激減していた中国人旅行者は徐々に回復しつつあるが、再び減少する恐れがあると主張する記事を掲載した 

 THAADミサイル配備の問題で中韓関係が2016年に悪化し、中国では韓国への団体旅行が事実情禁止される事態になった。それから10数カ月が経過して、「禁止令」は徐々に解除され、韓国を訪れる中国人の数も回復しつつある。韓国の観光とその関連産業を支えているのは中国マネーと言ってもよく、韓国人にとって中国人観光客が戻ってくるのは願ったりかなったりのはずだ。 

 ところが、韓国では市中や多くの観光地で「壊したら責任を取ってもらう」「ごみを捨てるな!」「観光客は立ち入り禁止」など反感を買いそうな警告や注意書きがわざわざ中国語でだけ随所に掲示されているという。記事は「まるで人種差別のようだ」と反発した。

https://www.recordchina.co.jp/b228352-s0-c30-d0139.html
-----------------------

これぞ、目糞鼻糞を笑うってやつですねwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る