韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

事故、災害

集中豪雨での地雷流出! 田畑に入れず、バ韓国の農家が大ピンチwwwww

バ韓国製の地雷が農家に大被害を与えているww


バ韓国の稲作農家が大ピンチのようですwwww


先日の集中豪雨で南北境界線から大量の地雷が流出し、田畑での収穫作業ができない事態になっているんだとか。


ちなみに、発見されている地雷のうち北朝鮮製のものは数える程度。

その地雷の大半がバ韓国製のものですwww


軍に探知作業を依頼すると、田畑を踏み荒らされて収穫ができなくなるとのこと。


当然、軍は収穫物の被害を保証しない方針wwww




コロナ禍による経済不況とは無縁だと思われていた農業従事者でしたが、首をくくりそうな事態ですね。



これら流出地雷に対して対策会議が開かれたようですが、その結果として交付金を自治体に支給するとのこと。


その額は3億ウォンぽっちwww


その金で2台の大型コンバインを購入して農家に貸し出すことになったようです。



たった2台ってwwww


収穫できずに一家心中するか、地雷を踏んで爆死するか……。


どうやらその2択しかないようですね。


-----------------------
大雨で田に流れ込んだ地雷…鉄原の農家、稲刈りできず地団太

「鉄原(チョルウォン)は稲の品種が早生種なので、もう収穫していなければならないのに、地雷が怖くて稲刈りができずにいます」

 民間人立入統制線(民統線)内に位置する江原道鉄原郡東松邑江山里(トンソンウプ・カンサンリ)で稲作をしているソ・ギョンヨンさん(60)は16日「命がけで危険な稲刈りをしなければならないのが実情」とし「軍が地雷探索をしてくれると言うが、探索の過程で発生する稲の被害は誰が補償してくれるのか」と訴えた。

 ソさんら境界地域の農業者が黄金色に実って首を垂れた稲を見ても地団太を踏むばかりなのは、8月に降った記録的な豪雨により、非武装地帯(DMZ)などの民統線内に埋められていた地雷が流されてきたためだ。現在までに境界地域の田畑で発見された地雷だけで150発あまりにのぼるが、江原道高城(コソン)の海岸で発見された空の木箱地雷を除けば、大半が韓国軍地雷のM14対人地雷だ。M14対人地雷は、缶詰状の円筒形のプラスチックで、水にもよく浮くため、豪雨に見舞われれば広範囲に広がってしまう。

 実際に今月10日には麟蹄郡(インジェグン)の民統線内で水害復旧作業をしていた副士官(23)が、地雷の爆発と推定される事故に遭い、足首を怪我している。

 軍当局は民統線地域を中心として流失地雷の探索に乗り出しているが、民家や畦などを除いた水田では探索作業ができずにいる。地雷の探索過程で稲が踏まれるなどの被害への対策がないからだ。軍当局は地雷探索の条件として「被害を受け入れる」ことを内容とする覚書の提出を求めたが、農家は反発している。

 江山里の農家のチェ・ジョンスさん(52)は8日、大統領府の噴水前で「大雨で流れてきた境界地域の地雷対策」を求める1人デモを行った。チェさんは「水田から地雷が発見され、鉄原郡や軍部隊などに全数調査と被害への対策を求めたが、法的根拠がなく難しいという返事が返ってきた。秋夕(チュソク。旧暦8月15日の節日)を目前に控えているだけに、大統領に懸案を解決してほしいという思いで大統領府までやって来た」と訴えた。

 江原道と鉄原郡、農業者らは11日に流失地雷についての対策会議を開いたが、損失補償金の支給については合意に至らなかった。その代わり、地雷に対して比較的安全な大型コンバインを農家に援助することとした。これを受け、江原道は特別交付金3億ウォン(約2680万円)を鉄原郡に支給し、大型コンバインを購入して農家に貸し出すことにした。しかし、3億ウォンで買える大型コンバインは2台に過ぎないため、収穫への支障は避けられない。

 江原道議会は17日、境界地域の地雷流失に伴う農業者の命と安全の保障、再発防止対策▽農作物の被害に対する現実的な水準での補償▽地雷被害への補償などの境界地域に対する保障特約の風水害保険への新設、などを盛り込んだ建議文を発表した。江原道議会のクァク・トヨン議長は「自然災害で大きな被害を受けた農家に、流れ込んだ地雷の探索の過程で発生する被害まで負えというのは過酷だ。政府レベルの対策が急がれる」と述べた。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37787.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















これぞバ韓国!! 新築マンションのシャワーから【鉄の針】が飛び出してくる!!

バ韓国の建物は震度ゼロで崩壊するのが基本形


バ韓国の現代建設が施工した新築マンション。

このマンションに、トンデモない欠陥が見つかっていました!


なんと、シャワーを浴びると水と一緒に【鉄の針】が飛び出してくる仕掛けだったんだとかwwww


その他にも、水道水の中から鉄くずが発見されるのもザラとのこと。



さすが、バ韓国塵ですねwwww



日頃から不足がちな鉄分を補給するためのシステムなんでしょう。



それにしても不思議です。


どんな手抜き工事をしたら水道水から【鉄の針】が飛び出すのでしょう?


普通にサボるよりよっぽど難しくて手間がかかりそうですが……。





こういう連中が建設する建物が、震度ゼロで崩壊するのも納得ですね。



-----------------------
韓国の新築マンションが恐ろし過ぎる?ごみの次はシャワーから「鉄の針」、ネットも激怒

 2020年9月10日、韓国・アイニュース24によると、韓国の現代(ヒュンダイ)建設が施工した新築マンションで、水道から水と共に1センチほどの長さの鋭い「鉄の針」のようなものが出てきたことが分かり、物議を醸している。

 マンション住民らによると、金浦市内に建つこのマンションでは鋭い針のような形をした物など、長さ1センチの鉄くずが、バスルーム内の水栓から出てきた。シャワーを使っていた住民が擦過傷を負ったことで問題が明らかになった。

 その後はマンション住民から「歯磨き中に違和感があり、確認したところ小さな鉄くずが見つかった」「浴槽に水をためたら数十個もの鉄くずが混ざっていた」などの被害報告が相次いだ。ある住民は「入居以来、何度も子どもがシャワーを使っているし、水道水で料理もしている。単なる異物ならまだしも、これは凶器ではないか」と話したという。

 このマンションは、地上21階地下2階建て、52棟3510世帯で先月初旬に入居が始まった。現代建設ブランドとして人気のマンションだったという。しかし以前にも天井からごみが出てきて物議を醸したばかりで、このときは現代建設が全数調査を行い、「特定の従業員の逸脱行為」だったと謝罪している。

 現代建設の関係者は、今回の件について「住民からの苦情を受けてすぐに調査した結果、バスルームの水栓連結部で異物が発生したことが分かった」「住民に被害がないよう、全数処理を行う」とコメントしている。金浦市も住民からの苦情を受け、事故の経緯の把握に動いているという。

 この記事に、韓国のネットユーザーからは「恐ろしい」「シャワーをしてたら鉄の針を浴びるなんて…」「大企業もこんなひどい工事をするのか。責任者を処罰すべきだ」「手抜き工事は資格停止10年にするべき」「時間に追われて手抜き工事したんだろう」「高額マンションを購入して入居したら、大小の問題だらけ。現代建設だけの問題じゃないよ」など、怒りのコメントが殺到している。

 また、「マンション建設現場には外国人労働者が多い。言葉の通じない彼らを連れてきて、まともに建てられるのか?手抜き工事問題は最近増えている」などのコメントも多く見られ、「なぜ外国人労働者のせい?。彼らは責任者の指示に従って働いているのに」という反論も出ている。

https://www.recordchina.co.jp/b834668-s0-c30-d0144.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















原因不明www バ韓国・現代自動車の電気自動車が相次いで発火!!!!

バ韓国の電気自動車が絶賛炎上中


バ韓国の現代自動車が製造している電気自動車。


その電気自動車が、相次いで炎上しているようですwwww


運転中だけではなく、長期間駐車していた車が突然炎上することもあるんだとか。




ま、何の不思議もありませんね。



朝鮮ヒトモドキが作るバッテリーは、いつ発火してもおかしくないよう作られているのですからwww





バ韓国製の車を購入するのは、キチガイと自殺志願者くらいなものでしょう。


望み通り車と一緒に炎上してほしいものです。




-----------------------
現代自動車の電気自動車「コナ」が相次いで火災...原因究明いつ?

 現代自が製造した「コナ」の電気自動車モデルは、2018年に発売後、韓国国内だけで3万台近く売れました。

 しかし、最近火災が相次ぎ、原因究明を求める国民請願が提起されました。

 車が炎上しました。現代自動車が作った電気自動車「コナ」です。

 この車両の持ち主は、インターネットに「火災が発生する前日の充電を終えた後、充電器を取り外した状態で、一日以上運転していなかった」と明らかにしました。

 取材陣との通話でもまったく同じ様に語りました。

 専門家は、「この言葉が事実なら、バッテリーの方から自然に火が出たことになる」と言い、車の欠陥の可能性もあると説明しています。

 電気自動車「コナ」は2年前、現代自蔚山工場の生産ラインで火災が初めて発生し、江原道江陵市や世宗市など、国内外に知られるものが10件あります。

https://news.v.daum.net/v/20200910202044862
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国で6000トンクラスの特殊目的船が火災炎上の末に沈没!!!!!!!

炎上しながら沈没するバ韓国の船


バ韓国の6000トンクラスの海底光ケーブル敷設船が、火災炎上の末に沈没していました。



ああ、残念です。


これが屑チョンを満載したフェリーだったら、どれほど楽しめたことかwww



ちなみに、消火による水で沈没の可能性があったため、消火作業は途中で放棄されていたようです。



放火するのが得意なヒトモドキですが、脳タリンなので消火は苦手なんでしょうねwww


-----------------------
統営海上で漂流していた6000t級火災船...最終的に沈没

 11日未明、慶尚南道統営市毎勿島近くの海上で火が出たKTサブマリン所属の6239t級の海底光ケーブル敷設船が、最終的に沈没した。

 統営海洋警察署は12日午後5時42分ごろ、統営市毎勿島南方77.7キロ(42海里)付近の海上で、特殊目的船の光ケーブル船が沈没したと発表した。

 この船は前日午前3時50分ごろ、統営市の毎勿島南方57.412キロの海上で火災が発生し、統営沿岸海上交通管制センター(VTS)に火災通報の受け付けを行った。これを受け、海洋警察は救助艇をはじめ、化学防災艦や消防艇などを現場に投入し、鎮火しているところだった。

 船内で発生した大火災は鎮火したが、火は船内のオイル類などによって完全に鎮火されず、困難を経験した。特に、消火水による沈没の危険性が懸念され、前日午後には消火作業を中止している。

 その後、この船は漂流していたが、12日午後4時55分から船首を皮切りに沈没し始め、午後5時42分ごろ、船は完全に沈没した。

 統営海洋警察は周辺海上に警備艦艇を配置し、2次事故と万が一の海洋汚染に備えている。

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=005&aid=0001361377
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る