韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


事故、災害

【祝・MERS再び!】バ韓国行きをキャンセルする観光客が続出中!!!!!!!!!!!!

屑チョン全匹がMERSで死ねば、万々歳


2015年にバ韓国で大流行していた中東呼吸器症候群(MERS)ですが、

また最近になってバ韓国国内で感染者が発見されていたようですね。


その影響で、

バ韓国旅行を予定していた外国人観光客のキャンセルが相次いでいるとのこと。

その数、9日間で7万人にも及ぶんだとか!!


いやぁ、驚きですね。

MERS云々ではなく、まだこれだけの外国人観光客がバ韓国行きを予定していただなんて!


あ!

在外に生息する屑チョンどもの帰国旅行の可能性も高いですが……。



ちなみに、

バ韓国でのMERS発生は、


やっぱりね


の一言なので何の驚きもありませんねぇ。


-----------------------
外国人の韓国旅行キャンセル 9日間で7万人弱

 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、今月1日から9日までに韓国旅行をキャンセルした外国人観光客が6万7700人と集計された。韓国観光公社が10日発表した。

 9日だけでもキャンセルした外国人客は1万1300人に上った。

 国・地域別に見ると、中国が6830人で最も多く、日本(3400人)、台湾(1400人)、香港(900人)、東南アジア(550人)、米国と欧州(220人)と続いた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/10/2015061003909.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国】高速道路走行中のバスが玉つき事故!! 死傷者18匹!!!!!!!!

バ韓国の高速道路で玉突き事故


いやぁ、今日は朝っぱらから胸がスカッとする映像が流れていました!!


高速道路を走行していたバ韓国のバス。

その運転手が居眠り運転をして玉突き事故が発生!!

カマを掘られた乗用車に乗っていた2匹が死亡し、玉突き追突で合計16匹が怪我をしていたのです。



残念なのは死んだのがたったの2匹。

それも、もう子供を作れなさそうな50代夫婦とのこと。



うーん、祝杯をあげられるほどではありませんでしたね。

しかし、複数のドライブレコーダーによって、

事故の瞬間をいろんな角度から楽しめたのは痛快でしたwwwwww


-----------------------
また居眠り運転によるバス事故…安全対策は口先だけ?=韓国

 あきれる居眠り運転事故がまた発生した。公開されたブラックボックス映像は「凄惨な」光景そのものだった。数日前、京釜(キョンブ)高速道路上り線の良才(ヤンジェ)IC付近を走っていた広域急行バスは先に走っていた乗用車に突っ込んだ。バスは乗用車を敷いて走った末に立ち止まった。乗用車は紙のようにつぶれてその中に乗っていた50代夫婦が死亡した。他の車両6台も連鎖追突事故を起こして16人がけがをした。昨年7月、42人の死傷者を出した嶺東(ヨンドン)高速道路蓬坪(ボンピョン)トンネルの観光バス事故と同じだった。 

  今回、事故を起こした運転者は「疲れがたまってうとうとしてしまった」と認めた。事故バスは京畿道烏山(キョンギド・オサン)とソウル舎堂洞(サダンドン)を行き来する広域バスだ。運転者は事故前日の午前5時に始発を始め、午後9時5分終発まで15時間程度を運転して0時ごろに退勤した。事故当日には午前7時15分に車を運転するために早く出勤したという。1日に18時間近く長時間労働をしているわけだ。同僚運転者は1回の運行時間が2時間を超えれば15分間休憩を取ることになっている規定も守られていないと主張した。 

  高速道路での居眠り運転は致命的だ。韓国道路公社によると、ここ5年間2241件の事故が発生して414人が死亡した。致死率が18.5%で、スピード違反による事故の2.4倍に達する。今年5月にも嶺東高速道路屯内(トゥンネ)トンネルで高速バスの居眠り運転により4人が死亡した。国土交通部は事故が起きるたびに「特別点検」など口先だけで終わるのではなく、実効性のある対策を打ち出す必要がある。大型バスの「デジタル運行記録装置」を点検するのがその始まりだ。運転者の「休憩権」を保障したかどうかをすぐ把握することができるだろう。直ちに首都圏の200広域バス路線から点検することが必要だ。さらに、大型トラック・バスの補助走行装置の普及を急ぎ、スピード違反・乱暴・飲酒・居眠り運転に対する取り締まりも強化しなければならない。間もなく休暇シーズンだ。高速道路の悲劇がこれ以上あってはならない。

http://japanese.joins.com/article/103/231103.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国塵の習性www】車が病院の壁を突き破り、階段下へと転落!!!!!!!!

バ韓国塵の転落といったらコレ!


バ韓国で、とても清々しい事故が発生していました!


足にギブスを巻いたメスが、

自動車を運転していて、

病院の壁に激突!

そのまま車が病院の壁を突き破り、

階段の上に転落!!

その場にいたメス2匹が負傷!


……といった内容です。


一匹も死ななかったのはとても残念ですが、屑チョンらしい事故ですなぁwwww


この車の後部座席には運転していたメスの子供もいたようですが、

大きな怪我を負うことなく救助されてしまったとのこと。



墜落死するというオチが無いだなんて、なんとも中途半端ですね。


それにしても、ギプスをはめたまま運転だなんて……。

心中するつもりだったのでは?

是非、子供ともどもあの世に行けるよう再チャレンジしていただきたいものです。



-----------------------
韓国で車が病院の壁突き破り階下に転落、右足にギプスのまま運転か=ネットから批判続出

 2017年6月22日、韓国ソウル近郊、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市にある一山(イルサン)ペク病院で、車が病院の外壁を突き破り、吹き抜け状になっていた屋内階段の上に転落する事故が発生した。韓国・東亜日報などが伝えた。 

 午後2時50分ごろに発生したこの事故により、階段にいた48歳と45歳の女性2人が負傷、救急センターに運ばれた。1人が足を骨折するなど2人とも重傷を負ったが、いずれも命に別条はないことが確認された。一方、車を運転していた女性(51)と後部座席にいた息子(9)は無事救助され、大きなけがはなかった。現在、警察では詳しい事故のいきさつを調べている。 

 事故が大きく報じられる中、ある自動車専門のインターネットコミュニティーに、「ドライバーは右足にギプスをしたまま運転をしていた」という証言が掲載された。スレッド主は「ドライバーはおばさんで、子どももいた」「事故発生後、ドライバーは右足にギプスをしていた」と事故の目撃談を伝えたという。 

 また、現場で救助活動を行った一山消防署も「ドライバーの女性は足にギプスをした状態だった」と説明していたことが分かった。 

 韓国のネットユーザーからは「なんでギプスをしてるのに運転したのかな。タクシーに乗ろうよ」「しかも子どもまで乗せて…」「事実上の殺人未遂も同じ」とドライバーへの批判コメントが相次いでおり、韓国の運転免許について「運転免許試験をもう少し厳しくする必要がある」「免許試験をもっと強化して『運転マナー』も範囲に入れて」と求める声も多く上がった。 

 また、最近日本でも高齢者ドライバーの運転による事故が増加しているが、「運転感覚が鈍ったドライバーや80歳以上の高齢ドライバーには運転免許の発行を制限すべき」という意見も寄せられ、事故当時に現場にいたというユーザーは「実際はもっと緊迫した状況だった。今でも心臓がバクバクする」と事故の大きさを伝えていた。

http://www.recordchina.co.jp/b182136-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








フィリピンの鉄道網、バ韓国企業がメンテを担当した途端にズタボロwwwwwww

脱線事故はバ韓国で日常茶飯事


フィリピンのマニラのケソンとパサイを結ぶ鉄道網は、現在バ韓国の企業がメンテナンスを行っています。

以前は日本の三菱重工が行っていたのですが、バ韓国の企業が低価格でのメンテナンスを提案して切り替わっていたようです。



ところが、バ韓国側がメンテを担当した途端、

車両も線路もズタボロとなり正常運転ができない事態に陥っているとのこと。



ま、あの低脳どもにメンテを依頼した時点で自業自得と言えるでしょう。



バ韓国塵のやることなんざ、安かろう悪かろう臭かろうに決まっています。

そんな常識を理解していなかったフィリピンですが、今回の事で身にしみたことでしょう。


-----------------------
韓国のメンテナンスでボロボロ廃車目前「マニラMRT-3」脱線回避の徐行運転

 2017年6月15日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今月も頻発しており、正常運転を行うのは不可能な状態にまで劣化している。

 ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40~60→20kmへ)を行い長蛇の列ができた。代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時~8時、17時~19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっている。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性は皆無です。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4403&&country=12&&p=2
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る