韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

事故、災害

暴挙wwww ペルー政府がバ韓国空港公社と共に新空港建設!?

ペルー政府がバ韓国空港公社と空港建設


バ韓国の空港公社が、ペルーの新空港建設に携わるようです。


バ韓国側が、建設会社の選定や工程管理など建設事業の進行を担当するとのこと。



うわぁ、ペルーもやっちゃいましたね。


下請けに回して大量の中抜き、手抜き工事、あげくの果てに工期ぎりぎりになって設計図と別物にして完成……。


いつものパターンが最初から見えてしまいますwwwww


工事中にどれだけ死ぬのか? 完成後に空港の不具合でどれだけ犠牲者がでるのか?


今から色々と楽しみです。



あ!

途中でバ韓国側のイカサマがバレ、完成に至らない可能性が一番高そうですね。



-----------------------
ペルー新空港の建設管理に着手

 韓国空港公社が主導するコンソーシアム「チーム・コリア」は南米のペルー政府が世界遺産マチュピチュ遺跡へのアクセスを改善するため、チンチェロに建設する新空港の事業総括管理(PMO)事業の着手式を同国の首都リマで行ったと発表した。

 新空港の事業費は5億ドル(約540億円)で、チーム・コリアは建設会社の選定や工程管理など建設事業の進行を統括するPMO事業(3000万ドル規模)を担当する。

 新空港は24年の開港を目指し、来年4月に着工する。建設予定地で記念撮影する両国の関係者。

https://jp.yna.co.kr/view/PYH20191103076900882?section=image/photos
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















これがバ韓国の日常www 済州航空機、離陸直前にトラブル! 修理して飛ばすも10分後に引き返す事態にwww

バ韓国の航空会社に安全という意識はない


またまたバ韓国の航空会社の旅客機がトラブルを起こしていました。


・離陸前に機体の異常を発見!

・ちゃちゃっと修理して、そのまま離陸!

・10分後、同じ異常が発生して引き返すことにwwww



……もうこれはヒトモドキの習性の成せる業ですね。


とりあえずその場を凌げれば、何の問題もないという考え方のせいでしょう。


歴史問題にせよ、経済政策にせよ、とにかくその場凌ぎで嘘をでっちあげるバ韓国塵ども。



こんな連中が運営する航空機に乗るのは、自殺行為以外の何物でもありませんね。




-----------------------
修理したのに異常発生、韓国・済州航空機の整備点検に不安の声

 2019年10月27日、韓国・毎日経済によると、韓国の金海国際空港を出発した済州航空機が、機体の異常により引き返していたことが分かった。さらに同機は離陸前に問題が見つかり修理していたが、離陸からわずか10分で同じ問題が発生したという。

 記事によると、25日午後8時50分に乗客184人と乗務員6人を乗せて金海空港を離陸した済州航空機は、約9分後に自動操縦装置の異常を知らせる信号を受信し、正常化の可能性を調べるため金海上空を旋回した。この過程で航空機が大きく揺れ、非常脱出の可能性を知らせる放送も流れたという。その後、機長は引き返すことを決定したが、乗客らは約40分の間不安な気持ちで過ごすことに。同機は9時34分に金海空港に着陸したという。

 同機は同日午後7時30分に金海空港を離陸する予定だったが、離陸直前に航法高度維持システムに問題が見つかり、修理のため出発が1時間13分遅れていた。そのため一部からは「整備・安全問題が完全に解決していない状況で運航を決定したのは安易な判断だったのではないか」との指摘が上がっているという。ある航空業界関係者は「慌てて問題の飛行機を飛ばすのではなく、代わりの飛行機を用意してもっと綿密な整備点検を行うべきだった」とし、「非常に異例のことであるため、離陸前の整備に問題がなかったか調査するべきだ」と話したという。

 これに韓国のネットユーザーからは「投資を惜しまずちゃんと整備して。命より大事なものはない」「大勢の人を乗せて空を飛ぶのに直前に修理? 安全不感症が深刻」「中古の飛行機を導入したことが一番の問題だ」などと指摘する声が上がっている。

 一方で機長の判断に対しては「賞をあげよう」「引き返す決定は素晴らしい。そのまま飛んでいたら途中で爆発していたかも」「安全のために引き返し、マニュアル通りに対応したのだから何の問題ないよ」と称賛する声が上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b755351-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















11年かけて完成したバ韓国最長のモノレール、開通初日に停止事故が2度も発生wwwwww

開通初日に停止したバ韓国最長のモノレール


11年かけてやっと開通にこぎつけたバ韓国最長の観光モノレール。

昨日運行が始まったのですが……。



初日にもかかわらず、車両の故障で運転停止する事態が発生していました!!



それも、この1日に2回もwww



さすがバ韓国ですなぁ。


試験運行もせずにいきなり開通でもしないかぎり、こんな事態は発生しませんよね。



残念なことに死傷者はゼロ。


次回はブレーキが利かなくなったり、橋脚から車両が落ちるなりして、

盛大な数の死者を出していただきたいものです。




-----------------------
着工11年ぶりに開通したものの…一日で止まった韓国仁川の月尾海列車

 着工から11年ぶりに開通した韓国仁川(インチョン)の月尾海(ウォルミパダ)列車が運行一日で運転が2回止まる事故が発生した。

 10日、仁川交通公社によると、月尾海列車は運行2日目の9日午後5時37分と午後7時45分に仁川市中区北城洞(チュング・プクソンドン)月尾公園駅手前約1キロメートル地点で運行を止めた。当時、列車には40人と10人がそれぞれ乗っていた。運行が中断された車両は現在駆動中の5台のうち2台だ。

 当時、機関士は車両下から異常音が聞こえたため運行を止めて事業団側の指示に従って乗客を別の列車に乗せ換えた。この過程で乗客は20分以上待機しなければならなかった。一部の市民の中には列車に乗るために1時間以上待ったが、引き返す者もいた。

 調査の結果、事故原因は「動力伝達装置の摩耗」であることが明らかになった。試験運行期間にも問題が見つかり、一部の車両では部品が取り替えられたが、この対象にならなかった車両で事故が発生した。仁川交通公社のメン・ユニョン営業本部長はこの日、仁川市庁で記者懇談会を開き「(事故が発生した)2車両も、今日、すべて予備部品に取り替える」と明らかにした。

 事業団側は再設計した新しい動力伝達装置を前方車両に設置することにした。機械的欠陥であり、瑕疵処理期間がまだ過ぎていないため交換費用などは装置製作会社が負担する予定だ。

 月尾海列車は2両編成の韓国最長都心型観光モノレールで定員は46人。京仁(キョンイン)線・水仁(スイン)線の終着駅である仁川駅を出発して月尾公園入口、文化通り、移民史博物館など4駅6.1キロメートル区間を約35分間運行する。

 月尾海列車は手抜き施工によって開通もできずに廃棄された月尾銀河レールの代替事業として推進された。月尾銀河レールは2009年の試運転期間に各種欠陥で事故が発生して開通が無期限に延期され、結局2016年に駅舎と橋脚だけを残したまま車両と線路は廃棄されていた。

https://japanese.joins.com/JArticle/258451
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国!】道路が突然消え、走行中の車が12メートル下へ落下wwwww

バ韓国でしか起こらない間抜け過ぎる事故


進入禁止のバリケードを撤去して事故発生。さすがバ韓国!!


バ韓国塵の生態をよく表していることで有名な“火病エレベーター落下”動画。

それに匹敵するくらい間抜けな事故が発生していました。



豪雨の中、1台の車が道路を直進。

見通しが悪いのに、徐行もせず。

突然、道路が途切れそのまま12メートル下に車ごと落下wwwwwww



……この道路は工事中で、本来なら進入禁止のバリケードが設置されていたとのこと。


しかし、台風の接近に備え、そのバリケードを撤去していたんだそうです。



こんな事ができるのは、世界広しといえどバ韓国塵くらいなものでしょうね。



とても残念なことに、車に乗っていた屑チョンは全治3週間程度の怪我で済んでしまったようです。



どうせなら車数百台くらいこの奈落に落ち、車体炎上などで全匹死亡してほしかったものです。





-----------------------
突然道が消え12メートル下に落下?韓国で“とんでもない”事故

 2019年10月7日、韓国・SBSは、韓国で工事現場に誤って進入した車が12メートル下に落下する“とんでもない事故”が発生したと報じた。

 記事によると、先月7日未明、台風13号が接近し雨が降る中、1台の車が道路を直進していたところ、突然道路がなくなり12メートル下に落下した。この事故で運転手は全治3週間のけがを負い、車は廃車になったという。

 普段は工事現場への進入を防止するバリケードや進入禁止を知らせる案内表示板が設置されているが、事故当時は台風に備えて全て片付けられていたという。該当工事現場の管理所長は「台風が来ると聞いて、風に飛ばされる恐れがあるものは一時的に片付けたが、従業員が進入防止用のバリケードまで片付けるとは思わなかった」と話したという。

 延世大学土木環境工学科名誉教授の趙元チョル(チョ・ウォンチョル)氏は、工事現場への進入を防ぐバリケードについて「(強風にも)飛ばされないコンクリート製のものがある。プラスチック製のものでも中に水を入れれば大抵の風には耐えられるようになっている」と指摘している。

 警察は該当業者を業務上過失で処罰できるか捜査しているという。

 これに韓国のネットユーザーからは「従業員が(バリケードを)片付けるとは思わなかった?現場管理者が最後に点検するべきだ」「台風に耐えられるバリケードを設置するべきだった」「管理者が現場に行って確認するべきだった」など工事業者の対応を非難するコメントが寄せられている。

 一方で「雨、工事現場、黄色い点灯器、幅が狭まっていく道路。この状況なら速度を落とすべきだ」「運転手もおかしい。途中から道が変になっていくのに速度も落とさずに走っている」「23年間運転してきたけど、あの状況なら徐行するべきだ」と運転手の行動を疑問視する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b750709-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る