韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


【南朝鮮・韓国】

バ韓国、舐められすぎwww 中国からTHAAD施設の“視察”を要求された文在寅政権wwww

全世界から嫌われまくるバ韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領


中国のご機嫌取りのため、THAAD配備の停止を決めていたバ韓国ですが、また新たな問題が発生していました。

なんと、国防の機密事項であるにも関わらず、


THAADの施設を視察させろアル!


と中国側に要求されているとのこと。


そんな要求を飲めば、同盟国アメリカのメンツを潰すこととなり、

米韓の関係はますます悪化するでしょう。

果たしてどんな対応をするのか、見ものですねwwww



文在寅(ムン・ジェイン)は、大統領就任時に、


必要なら直ちにワシントンに飛んでいくニダ。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌にも行くニダ!!


とブチあげていましたが、結局は日本、アメリカ、中国からもますます嫌われてしまっていますwwwww




国家崩壊までの道のりを全力疾走中のバ韓国。

パククネ婆の置き土産には拍手を送りたいものですなぁ。


-----------------------
八方塞がりの文政権 中国から「THAAD見せろ」と要求、日米とも関係こじれ「全方位外交」は妄想に

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が外交に苦慮している。米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD」に強く反発する中国から、施設の視察を要求されたのだ。中国と話し合う姿勢を見せていた文氏だが、その思いが袖にされた形だ。THAAD問題では米国との関係もこじれ、慰安婦問題で日本からは相手にされず、北朝鮮外交もうまくいっていない。文政権は四面楚歌(そか)の状態に陥っている。

 「中国側はTHAADレーダーが中国本土を探知可能かどうか直接確認したがっている。(中国が)韓国政府だけでなく、さまざまな外交・民間ルートを通じ、同様の要求を行っていると聞いている」

 韓国紙、朝鮮日報(日本語版)が14日、青瓦台(大統領府)関係者の話として伝えた。

 記事によると、中国は朴槿恵(パク・クネ)政権当時から、THAADが配備された韓国南部、星州(ソンジュ)の基地を常時監視することを求めてきたとされる。青瓦台は対応に苦慮し、関係者は「中国の要求が無理な内容であることは事実だが、THAAD配備に対する中国側の反発が強まる状況で要求を一蹴することも難しい状況だ」と話したという。

 それはそうだろう。昨年7月にTHAADの韓国配備が決まってから、中国は「禁韓令」を連発し、中国のドラマや映画、バラエティー、広告などから韓流スターが排除される動きが拡大した。対象は化粧品や旅行にまでおよび、韓国で大騒ぎとなったからだ。

 中国の反発を考えれば、要求を受け入れるのも一つの手だ。だが、THAADは北朝鮮のミサイルから韓国を守る要であり、同盟国である米国との関係を考えても、簡単に中国の要望をかなえるわけにはいかない。

 現に、文政権がTHAADの本格稼働を遅らせる動きを見せると、ドナルド・トランプ米大統領はホワイトハウスに「狂犬」ジェームズ・マティス国防長官らを集め、協議を行った。今月29日から予定されている米韓首脳会談でもTHAADは重要議題の一つになるとみられ、文氏が対応を誤れば、韓国の安全保障を担う米韓同盟に亀裂が走る恐れがある。

 日本との関係も、お世辞にもうまくいっているとはいえない状況だ。2015年12月の慰安婦合意について、国民感情を理由に「受け入れられない」と説明しているが、日本政府が認めるはずもなく、国家間の合意を破ろうとする韓国の横暴さだけが目立つ結果となっている。

 北朝鮮からもいいようにあしらわれている。南北関係の改善を目指し、民間団体の対北接触申請15件を承認したのだが、そのうちの1団体の訪朝を北朝鮮が拒否したのだ。

 5月10日の大統領就任式の演説で、「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌にも行く」と述べた文氏だったが、実際に飛んでいるのは火の粉だけ。全く成果を上げられていないのが現状だ。文政権の掲げる「全方位外交」も妄想に終わってしまうのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000007-ykf-int
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【ずっと右肩上がりwww】OECD内で最悪の数値!! バ韓国の失業率上昇が止まらない!!

失業率が上がりっぱなしのバ韓国


経済崩壊真っ最中のバ韓国。

そして、

ついに若年層(15~24歳)の失業率が10パーを越えて11.2パーセントとなっていました!!



昨年12月から一気に2.5ポイントも悪化して、

この上昇率はOECD加盟国の中でダントツだったようですwwww



またバ韓国全体の失業率も急上昇していて、

こちらの上昇率もOECD加盟国の中で最大だったとのこと。


いやぁ、バ韓国という国の終わりが日に日に近付いてきているのを感じますねぇ。



国を捨てて海外に逃げようとする屑チョンどもが今後ますます増えることでしょう。

そんな屑どもを片っ端から駆逐する準備を粛々と始めたいものです。


-----------------------
韓国の若年失業率11.2% 悪化幅はOECDワースト

 経済協力開発機構(OECD)は18日までに、韓国における今年4月の若年層(15~24歳)の失業率が11.2%で、昨年12月より2.5ポイント悪化したとの報告書をまとめた。OECD加盟国のうち同期間に若年層の失業率が上昇したのは5カ国に過ぎず、その中でも韓国の上昇幅が突出している。

 韓国以外の4カ国はオーストリア、イスラエル、ドイツ、日本で、上昇幅はそれぞれ0.2~0.3ポイントにとどまった。加盟国全体の若年層失業率は12.6%で、昨年末より0.5ポイント改善した。

 また、韓国の全体の失業率も4.0%で昨年12月から0.5ポイント上昇した。上昇幅は全加盟国の中で最大となった。韓国以外に失業率が悪化した国はフィンランドとイスラエルの2カ国のみ。全加盟国の平均は6.2%で0.3ポイント改善した。

 韓国の深刻な雇用環境を受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は雇用創出を最優先の国政課題に掲げる。政府は雇用創出を柱とした11兆2000億ウォン(約1兆1000億円)規模の補正予算案を編成した。ただ、閣僚人事を巡る与野党の対立のあおりを受け国会での審議は進んでいない状況だ。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/06/18/0500000000AJP20170618000400882.HTML
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








フィリピンの鉄道網、バ韓国企業がメンテを担当した途端にズタボロwwwwwww

脱線事故はバ韓国で日常茶飯事


フィリピンのマニラのケソンとパサイを結ぶ鉄道網は、現在バ韓国の企業がメンテナンスを行っています。

以前は日本の三菱重工が行っていたのですが、バ韓国の企業が低価格でのメンテナンスを提案して切り替わっていたようです。



ところが、バ韓国側がメンテを担当した途端、

車両も線路もズタボロとなり正常運転ができない事態に陥っているとのこと。



ま、あの低脳どもにメンテを依頼した時点で自業自得と言えるでしょう。



バ韓国塵のやることなんざ、安かろう悪かろう臭かろうに決まっています。

そんな常識を理解していなかったフィリピンですが、今回の事で身にしみたことでしょう。


-----------------------
韓国のメンテナンスでボロボロ廃車目前「マニラMRT-3」脱線回避の徐行運転

 2017年6月15日、現地メディアによると、マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障が今月も頻発しており、正常運転を行うのは不可能な状態にまで劣化している。

 ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40~60→20kmへ)を行い長蛇の列ができた。代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時~8時、17時~19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっている。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 現在は、韓国の企業連合がメンテナンスを行っており、電車の運行に大きな支障が出ている。昨年は586回重大な故障がおきており、価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しを検討している。

 韓国の鉄道事情に詳しい専門家は「韓国の鉄道技術は、世界的に評価が低く、信頼性は皆無です。韓国国内でも空港とソウルを結ぶ新線で、故障が相次ぎました。韓国系企業に入札を許可すること自体が、間違いです」と話す。

 韓国の釜山交通公社など5社の企業連合が、2016年1月8日から、メンテナンスを行っている。

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4403&&country=12&&p=2
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【大問題】海外旅行のついでに高齢者を現地に遺棄するバ韓国塵ども!!

実の子供に置き去りにされるバ韓国の老害ども


現在、バ韓国では高齢者に対する“虐待”が続々と発生しているようです。

この10年間で70パーセント近く虐待が増えており、今後も増え続けることでしょう。


ま、地獄以下のバ韓国で暮らしていくためには、実の親であろうと虐待せずにはいられないのでしょうね。


そして、最近問題になっているのは、

海外旅行のついでに、高齢者の母親を現地のモーテルに置き去りにするという事例です。



ゴミを持ち帰らず、現地に遺棄するとはまさに屑チョンらしい所業と言えますね。



次から次へと我々人類に迷惑をかける新たな方法を生み出すバ韓国塵ども。

さっさと一匹残らずぶっロコしたいものですね。


もちろん屑在日、糞帰化チョン、成り済まし、2世、3世も同様に、完全粛清を目指したいものです。



-----------------------
韓国で現代版の“うば捨て”が横行、海外に置き去りの例も=「老後に備えておかねば」「昔はこんなことはなかったのに」―韓国ネット

 2017年6月14日、韓国・ヘラルド経済は、韓国で年々増加している高齢者虐待の問題が、身体的・精神的虐待にとどまらず、放任・遺棄にまで広がっていると伝えた。 

 韓国で高齢者虐待に関する業務を担当する公共機関・中央老人保護専門機関がまとめた「2015年 高齢者虐待の現状」によると、韓国の高齢者虐待は06年に2274件だったものが15年には3818件になり、10年間で67.9%増加していた。 

 また、同機関が15年に申告を受けた事例のうち、実際に虐待が行われていた事例6154件をタイプ別に分析した結果、「精神的虐待」(37.9%)や「身体的虐待」(25.9%)が多かったものの、一方で「放任」(14.9% )、「遺棄」(0.8%)も決して少なくないことが分かった。「放任」は扶養義務者が一切の責任を拒否し、高齢者の衣食住や医療を提供しない行為を、「遺棄」は扶養義務者が高齢者を捨てる行為を指す。 

 記事は、こうした被害に遭った2人の高齢者の事例を紹介している。 

 80代の女性キムさんは、末息子に連れられてフィリピンに渡ったが、息子が兄たちに「母さんが死んだ」とうそをつき葬儀費用を受け取っていたことを知ったショックで倒れ、後に認知症の症状まで現れた。息子は衰えた老母を現地のモーテルに遺棄し逃げてしまった。 

 また、一人娘に連れられ米国に移住した60代後半の女性ハンさんは、医療保険制度が整っていない米国で認知症にかかった。娘は経済的に母を扶養できないと判断し、母を連れて韓国に戻ったが、ソウルの仁川(インチョン)空港にそのまま置き去りに。ハンさんは空港で「母をソウルの老人ホームに送ってほしい」と書かれた名札を着け一人さまよっていたという。現在、ハンさんは無縁基礎生活受給者に指定され、保護施設で生活している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「自分の老後は自分でなんとかせねばならないようだ」「今のように世知辛い世の中、子どもには頼れない」「子どもの教育費に全財産を使ってしまったら、老後は悲惨だ」「子どもは老後の保険ではない」「老後に備えておかねば…」など、自身の老後に不安の声が多く寄せられた。 

 また、「行いはブーメランになって自分に返ってくる」「昔はこんなことはなかったのに」など、変わってしまった社会や虐待を嘆く声もあった。

http://www.recordchina.co.jp/b173454-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る