韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

犯罪

バ韓国の不法廃棄物243トン! 中国から送り返されることに!!

違法ごみがバ韓国に戻される


フィリピンに大量のゴミを不法輸出していたバ韓国。

それらのゴミはバ韓国に返品されていましたが……。


今回、中国の汕頭市に持ち込まれようとしていた不法輸出ゴミもバ韓国に返品されることになったようです。


その量、243.7トン!!


この調子で過去にも遡り、バ韓国産のゴミを朝鮮半島に戻したいものです。


あ!

朝鮮ヒトモドキという生ゴミも忘れちゃいけませんね。



全世界に散らばっている屑チョンどもを送り返し、

朝鮮半島以外をきっちり浄化したいものです。



-----------------------
韓国から送られた「ゴミ」243.7トンを全て「返品」

 3月30日、汽笛が大きく鳴り響き、1隻の貨物船がゆっくりと広東汕頭(スワトウ)港を出港、243.7トンの「廃棄粉末塗料」が「原産国」である韓国に送り返された。法制網が伝えた。 

 この返送貨物は、2018年9月にスワトウ税関と青島税関が共同で摘発・調査処分した。「青島某国際物流有限公司・袁容疑者らによる廃棄物密輸入事件」に関係して差し押さえられた貨物だ。2018年8月13日、事件に関係する企業は、40フィートコンテナ10個に収められた計243.7トンの「粉末塗料」の輸入申請をスワトウ港税関に申告したところ、同税関に押収された。鑑定の結果、この貨物は、「期限切れの廃棄塗料」であり、中国が輸入を禁じている個体廃棄物の部類に入ることから、密輸の容疑がかけられた。「個体廃棄物輸入管理弁法」および関連規定にもとづき、スワトウ港税関は、法によりこの廃棄物を撤収するよう命じた。事件に関わった企業と個人は、現在、法に依り法的責任が追及されている。 

 税関総署が2017年に「海洋ごみ一掃青空特別連合活動」をスタートして以来、スワトウ税関は累計78件の「海外ゴミ」密輸事件と80の密輸グループを摘発・調査処分した。

https://www.recordchina.co.jp/b699878-s10-c30-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















国際線機内でバ韓国塵が泥酔して大暴れ!! 子供に暴行して逮捕!!!!

バ韓国塵はウンコ酒だけ飲んでいろ


またバ韓国塵が国際線の旅客機で騒動を起こしていました。


ハワイから仁川市に向かう機内で、40代の屑チョンのオスが酒に酔って暴れ回り、

離陸4時間後にハワイへ引き返す事態になったとのこと。



もちろんこの屑チョンは、ハワイの空港でFBIに逮捕されていました。



屑チョンに機内で飲酒させるのは全面的に禁止するべきでしょう。


否、

やはり屑チョンなんぞに飛行機を利用させるのが間違っているのです。



空の安全を守るため、

全世界が一丸となって朝鮮ヒトモドキを排斥することが喫緊の課題ですね。



-----------------------
ハワイ発の米旅客機、韓国人泥酔客が暴れ引き返し

 ハワイを出発し仁川(インチョン)に向かっていた旅客機で酒に酔った40代の韓国人の男が暴れ回り、離陸4時間後にハワイに引き返した。ハワイ~仁川間の飛行時間が10時間以上であることを考慮するとほぼ半分飛んでから戻ったことになる。 

 ハワイのメディア「スターアドバタイザー」などが1日(現地時間)に伝えたところによると、先月27日午後1時にハワイのホノルル空港を出発し仁川空港に向かっていたハワイアン航空HA459便が、韓国人キム氏(47)が酒に酔って暴れたため引き返した。この旅客機には乗客263人と乗務員13人が乗っていた。 

 キム氏は先月25日にハワイに行ったが書類不備のため米国関税国境保護局(CBP)から入国を拒否され戻ってくるところだった。キム氏は出国便が手配できるまで2日間拘禁されていた。 

 出入国担当係官により旅客機に乗せられたキム氏はこの日機内免税品で購入したウイスキー1本を飲んだという。現地メディアによると彼は隣の席に座った9歳の子どもに話しかけ続け、「息子に触るな」という子どもの母親の要請にもかかわらず子どもの肩に足を上げた。これを止める乗務員に大声を上げるなど暴れたため乗務員は一部乗客とともにキム氏を制圧し手錠をかけた。 

 その後キム氏が暴言とともに手錠をはずすよう韓国語と英語で叫び暴れたことから機長は引き返すこと決定した。航空機は出発から約8時間後の午後8時40分ごろにホノルル空港に戻ってきた。 

 キム氏は空港で待機していた米連邦捜査局(FBI)要員に逮捕され拘置所に移送された。5日と13日にはキム氏に対する拘禁適法可否審理と予備尋問が開かれる。 

 キム氏は米国法に基づき捜査と裁判を受けることになる。機内で暴れた場合、乗客の安全を脅かす行為と見なされ最高で懲役20年か25万ドルの罰金刑を受ける可能性がある。

https://japanese.joins.com/article/798/250798.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------
この屑チョンには、最高刑の懲役20年でも生温いですね。

色々ひっくるめて、裁判抜きで即銃殺するのが妥当でしょう。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞ朝鮮脳】バ韓国の元追軍売春婦の『養女』となった屑チョンが立場を利用して金儲け!!

追軍売春婦はバ韓国の勝ち組www


元追軍売春婦の養子となっていた屑チョンのメスが、その立場を利用して金儲けをしていたようです。


なるほど、こういう手口もあったんですね。


養子となれば簡単に被害者階級になれるわけですし、

偽証婆が死んだ後も堂々と遺族様を名乗れるという仕組みですwwwww



このメスのように、今後は偽証婆関連の養子縁組が急増しそうですね。


-----------------------
養女が元慰安婦女性を利用し募金呼び掛け?市民団体が捜査を要求=韓国ネットからも怒りの声

 2019年2月26日、韓国・聯合ニュースなどによると、元慰安婦らを支援する市民団体が、ある元慰安婦の周辺人物に対する捜査を求めた。 

 周辺人物とは、元慰安婦のクァク・イェナさんの養女として各種行事に出席するなどしたイさん。イさんはクァクさんの口座に募金を呼び掛けたり、政治家らに連絡したりしており、体の不自由なクァクさんの“直筆”の手紙と手袋を100人余りの国会議員に送ったこともあるという。 

 韓国のテレビ番組はこのほど、上記の内容を紹介しつつ「イさんがクァクさんを利用した」と報じていた。これを受け市民団体「光州(クァンジュ)蝶(ナビ)」は報道資料を発表し、「多くの人々が彼らの不審な行動に憤りを爆発させている」と指摘した。同団体は「残り少ない人生が不幸にならないよう政府と地域社会がクァクさんを保護しなければならない。政府と捜査機関は番組で提起された疑惑を調査しなければならない」と要求したという。 

 これを受け、韓国のネット上では「金に目がくらんだのだろう」「必ずや捜査して厳罰に処さなければならない」「これまでも障害者などさまざまな人に詐欺を働いてきたという情報もある」「みんなで厳罰に向けて国民請願をしよう」など、イさんへの憤りの声が続出している。 

 一部ユーザーからは「イさんは政治家とつながってるから簡単に手をつけられないだろう」と憂慮するコメントや、「どこへ行っても利用されてしまう元慰安婦」と悲しむコメントも寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b691046-s0-c30-d0127.html
-----------------------


それにしても、よぼよぼの偽証婆すら金儲けの道具に使うとは……。


流石朝鮮ヒトモドキですなぁwwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・ナッツ婆】旦那が離婚請求!! 原因は家庭内暴力wwwwwww

旦那から訴訟を起こされたバ韓国のナッツ婆


あのナッツ婆が、旦那から三下り半を叩き付けられていましたwwww


「妻の頻繁な暴言と暴行による苦痛で、これ以上結婚生活を続けるのは難しいニダ!」


というのが理由のようで、離婚訴訟を起こしたんだとかwwww


しかし、韓進グループ側はこれを真っ向から否定して、


「慰謝料目当ての訴訟ニダ!! ナッツ婆が家庭内で暴力を振るったという主張は話にならないニダ!!」


と述べているようです。



いやぁ、朝鮮ヒトモドキならではの醜い争いですなぁwwww



この調子で騒ぎが大きくなれば、

醜いきゃつらの本性が今以上に世界に知れ渡ることになるので頑張ってほしいものです。



-----------------------
ナッツ姫の夫が離婚請求「妻の暴行・暴言による苦痛で結婚生活困難」

 韓進グループ趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女・趙顕娥(チョ・ヒョナ)元大韓航空副社長の夫が、「妻の暴行」を主な理由に離婚訴訟を起こしていたことが分かった。

 法曹関係者が15日に明らかにしたところによると、趙顕娥元副社長の夫で整形外科医のA氏は昨年4月、ソウル家庭裁判所に離婚訴訟を起こした際、「妻の頻繁な暴言と暴行による苦痛で、これ以上結婚生活を続けるのは難しい」と主張したとのことだ。A氏は同様の理由で自身が子どもたちの親権も持つべきだと主張しているという。

 2人は小学校の同級生で、2010年10月に結婚した。A氏は韓進グループが投資した仁荷国際医療センターで勤務していたが、韓進グループ会長一族の「パワハラ問題」が報道された後、辞表を提出していたことが分かった。一般的に離婚を求める夫婦は訴訟を起こす前に裁判所の仲裁に応じて協議する調停過程を経るが、A氏はそのような手続きをせず、すぐに離婚訴訟を起こしたという。

 ところが、韓進グループ側は事実関係が違うとの見解を示している。韓進グループ関係者は「A氏は巨額の慰謝料を要求したが、受け取れなくなったために趙顕娥元副社長を陰湿な方法で攻撃し、今になってメディアを利用しているものだ。A氏は、2014年の趙顕娥元副社長による『ナッツリターン事件』から昨年まで続いた会長一族への大規模捜査で、当グループに対する否定的な世論が広がったのを悪用しているものと見られる。趙顕娥元副社長が家庭内で暴力を振るったという主張は話にならない」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/16/2019021680013.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る