韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

犯罪

麻薬の密輸が急増中のバ韓国、わずか3年で2500倍wwww

麻薬の密輸が急増中のバ韓国


バ韓国では麻薬の密輸が急増しているようです。


海外渡航者を通じた麻薬の密輸が増加しており、金額にすると2017年には6100万ウォンほどだったのがわずか3年で1550億ウォンとなっていました。


金額にして2500倍!!!!!!!!!



それだけ需要が多いということでしょうね。


ただでさえキチガイのヒトモドキが麻薬で更にぶっ飛ぶとはwwww



もっと麻薬が蔓延し、ヒトモドキどもを大量に殺戮するジャンキーが増えてくれることを祈りたいものです。



-----------------------
海外旅行者・海外直入で麻薬類の流入が急増=韓国

 20日午後、プサン(釜山)地方国税庁で開かれた国会企画財政委員会の釜山本部税関に対する国政監査では、麻薬類などの有害物品に対する税関の積極的な検査を要求する声が相次いだ。

 ソ・ビョンス国民の力国会議員はこの日、「新型コロナウイルス感染症の事態で、キメ(金海)空港の出入国者は大幅に減少したが、麻薬の密輸は続いている」とし「過去3年間の海外渡航者を通じた麻薬の密輸が、2017年の2件から2019年は10件となり、金額は6100万ウォン(約570万円)から1550億ウォン(約144億円)に増加した」と明らかにした。

 続けて、「今年は新型コロナウイルスのために減ったが、毎年急増していた海外旅行の需要傾向を見ると、海外渡航者を通じた麻薬密輸摘発状況は相当懸念される」とし「釜山本部税関レベルで、緊急対策が必要だ」と述べた。

 チョ・ヘジン国民の力議員は、「最近は海外直入で麻薬類などの有害品目が入ってくることが増えている」とし「最近は中国からの海外直入が増えているが、これに対する対策が必要だ」と述べた。

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1020/10274318.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















全身あざまみれ!! バ韓国の幼児、養父母に虐待されて死亡!

バ韓国の幼獣は虐待で死ぬのがデフォルト


バ韓国で生後16か月の女児が死亡していました。


病院に運ばれた際、この女児の身体は全身あざまみれ!!



養父母による虐待だったと見られているようです。



今年の2月に養子として迎え、8か月間ずっと殴る蹴るの暴行を加えていたんでしょうね。




これが人類の話ならとんでもないことですが、朝鮮ヒトモドキの場合は別です。


害獣同士で殺し合ってくれるのは、とても効率的ですから。



しかも、老い先短い老害ではなく、これから先長い期間をかけて人類に迷惑をかけまくる幼獣が消えてくれたほうがコスパが良くなります。



現在警察による調査中とのことですが、これに懲りずこれからも幼獣減らしの活動に邁進してほしいものです。



-----------------------
死亡した16か月の養女、5月から虐待の疑い…養父母を召喚調査=韓国

 ソウル・ヤンチョン(陽川)区で、16か月の女児死亡事件と関連して、警察は20日、この女児の養父母を呼んで調査している。この女児は、今年2月に現在の養父母の養女となった。

 ソウル陽川警察署はこの日午後、この女児の養父母を召喚して、現在調査を進行中だと明らかにした。死亡当時、変死事件処理のため、警察が養父母の陳述を受けたことはあったが、虐待の疑いのために調査をするのは今回が初めてだ。

 警察関係者は、「関係者の調査、被害女児の診療内訳と解剖結果を総合的に検討し、虐待かどうか、ならびに死亡との関連性を明確に確認する予定」とし「まだ立件はしていない」と述べた。

 この女児は13日、ソウル陽川区のある病院の緊急治療室で治療を受けていて死亡した。当時医療スタッフは、全身にあざがあった状態で病院に運ばれてきた女児の姿を確認し、警察に児童虐待の疑いで申告をした。

 女児死亡事件をめぐり、死亡する前に、養父母による女児虐待を疑う申告が警察にされたにもかかわらず、警察の初動措置が不十分だったという指摘がされている。

 これに先立ち、今年5月から女児が養父母から虐待を受けている疑いがあるとする申告が3度もあり、養父母が警察の調査を受けていたことが確認された。

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/1020/10274322.html
-----------------------


虐待の通報を放置していた警察もGJですねwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・寄付金横領婆】寄付金返還訴訟の第1回口頭弁論「金は返せないニダ! 請求の棄却を求めるニダぁぁぁ!!」

売春婦を見世物にして大金を稼いだバ韓国の尹美香


寄付金横領婆の尹美香や正義連を相手どって起こされている「寄付金返還訴訟」。



その第一回口頭弁論が行われていたようです。




被告側は請求に応じず「返還できないニダ」の一点張りwwww


さらに請求棄却を求めていたのです。




いやぁ、まさに屑チョンの本性全開の醜い争いに発展しそうですね。


この期に及んでも、文政権が尹美香を擁護するのか?

これから先の展開が実に楽しみです。



-----------------------
慰安婦寄付金「返還できない」 韓国与党議員ら、請求棄却求める

 韓国の元慰安婦支援団体による寄付金流用疑惑で、寄付をした市民らが、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協、現・日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯)と、挺対協の元代表で与党・共に民主党議員の尹美香(ユン・ミヒャン)被告、元慰安婦が生活する「ナヌムの家」を相手取り、寄付金返還を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、ソウル中央地裁で行われた。聯合ニュースによると、被告側は寄付金を返還できないとの立場を示し、請求棄却を求めた。

 被告側は「原告をだました事実がない。定款上の事業内容に合わせ寄付金を使用した」と主張した。疑惑をめぐり6月以降、寄付金返還要求の提訴が相次ぎ、計60人以上が原告団に参加している。

 尹被告は横領や詐欺などの罪で在宅起訴されている。

https://www.sankei.com/world/news/201012/wor2010120012-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【対北朝鮮制裁違反】バ韓国でバカ売れしたパイロットジャンパーが北朝鮮製だったと判明!!!!!!!!!

北朝鮮の外貨獲得に協力するバ韓国に鉄槌を


トンデモない形で、バ韓国が国連制裁決議違反をしていることが判明していました!!


北朝鮮の工場で縫製されたジャンパーが、中国を経由してバ韓国のテレビ通販番組で販売されていたのです。



その売り上げは17億ウォン!



テレビ局側は北朝鮮で製造されたことを事前に知っていたので、相当悪質な事案です。



いくら国連が制裁を強化しても、これでは意味がありませんね。






やはり、朝鮮半島を北と南で区別するのは間違いです。


朝鮮ヒトモドキという欠陥生物に変わりはないので、分け隔てなく地上から消去するべき存在なのです。



-----------------------
「メイド・イン・北朝鮮」のジャンパー、テレビ通販で売り上げ17億ウォン

 北朝鮮で製造されたパイロットジャンパーが韓国国内で流通しているが、これに韓国中小ベンチャー企業部(省に相当)中小企業流通センターが支援を行っていたことが7日までに分かった。これは北朝鮮からの繊維製品輸出を全面的に禁止している国連安保理制裁決議2375号に完全に違反している。問題の北朝鮮製パイロットジャンパーは2018年9-12月にあるテレビ通販番組を通じて販売され、17億ウォン(約1億6000万円)の売り上げを記録した。

 保守系野党・国民の力の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員事務所が入手した資料によると、中小企業流通センターは2017-19年に韓国国内の中小企業A社に対し、製造支援などの名目で17億8000万ウォン(約1億6300万円)の資金援助を行った。中小企業における製造と流通のために「先払い」の形で現金を支払ったのだ。

 韓国政府から資金援助を受けたA社は2018年、中国江蘇省江陰市のB工場に生産を委託し、遼寧省丹東市にあるC工場が孫請けとなった。問題は孫請けのC工場が北朝鮮の平壌にある縫製工場に発注を行ったことにある。これは北朝鮮産繊維製品の輸出を全面的に禁じた国連と米国の対北朝鮮制裁違反に当たるからだ。

 実際に平壌の縫製工場で製造されたパイロットジャンパーのうち、少なくとも2万7000着が密輸によって丹東に送られ、丹東で中国製に偽装され仁川港を通じて韓国に持ち込まれたことが分かった。

 平壌で製造されたパイロットジャンパーが飛ぶように売れたことで、A社は17億4000万ウォン(約1億5900万円)の売り上げを手にした。投資の形で資金援助を行った中小企業流通センターも手数料として1400万ウォン(約130万円)の利益を得た。「対北朝鮮制裁違反」と指摘する鄭議員の追求に対し、中小企業流通センターと問題のテレビ通販会社は「パイロットジャンパーが北朝鮮の平壌で製造されたことを知らなかった」と弁解した。

 しかしこのテレビ通販会社は問題の番組放映直前に作成した評価報告書の中で、丹東のC社について「北朝鮮の作業員が作業に当たる中小型の工場で、製品の一部は北朝鮮で縫製作業が行われている」と明記していた。北朝鮮製であることをテレビ通販会社が事前に認知していたということだ。

 鄭議員の事務所は「縫製業界に従事する人たちのネット掲示板でも『北朝鮮で衣類の製造を請け負う』といった書き込みが複数回にわたり掲載されるなど、北朝鮮製品の流通は公然の秘密になっている」と明らかにした。鄭議員は「北朝鮮製品の韓国国内での流通問題については全数調査が必要だ」と指摘した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cde8059165c799c66d7c1d607d3651ff9cffce84
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る