韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


犯罪

【これがバ韓国!!】ナッツ婆の母親に対する逮捕状、またまた却下される!!

バ韓国では家族全匹犯罪者が当たり前


パワハラに引き続き、外国人の違法雇用でまたもや逮捕状を請求されていたナッツ婆の母親。

しかし!!

前回同様、またまた逮捕状請求が却下される事態となりましたwwwww



さすが、犯罪者天国のバ韓国ですなぁ。


金さえあれば逮捕されないし、

もし逮捕されたとしてもすぐに娑婆に戻ってこれるのですからwwww




以上、やはりバ韓国は法治国家ではなかったというお話でした。


-----------------------
大韓航空会長の妻、逮捕状請求また却下

 韓国の大手財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の妻で一宇財団理事長のイ・ミョンヒ氏(69)に対する逮捕状請求が20日、裁判所に却下された。イ氏は過去10年間、フィリピン人20人余りを大韓航空の研修生であるかのように装い、韓国に入国させた上で、韓進グループ経営者一族の家事ヘルパーとして違法に雇用していた疑いが持たれている。

 ソウル中央地裁は「容疑の内容とこれまでの捜査進展結果からみて、身柄を拘束して捜査を行う理由や必要性、相当性が認められない」と説明した。現行法では家事ヘルパーに就業できる外国人は、韓国系外国人や結婚による移民者など韓国人に準ずる人に限られている。違反者には3年以下の懲役または2000万ウォン(約199万円)の罰金が科される。

 イ氏は外国人家事ヘルパー雇用容疑に先立ち、パワーハラスメントによる暴行容疑で警察による捜査を受けた。運転手、警備員、韓進グループの社員ら11人に暴言、暴行に及んだとして逮捕状が請求されたが、4日に裁判所に却下されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/21/2018062101357.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












運転手への暴行が毎日多発しているバ韓国!! しかし、逮捕率は1パーセント以下wwwwwwwww

バ韓国では運転手への暴行が日常的


バ韓国では、タクシーやバスの運転手に対する暴行事件が毎日発生しています。


その数、なんと1日に8件以上!!!!!!!!!!



ニダァと醜く生まれ落ちた時からずっと気が違っている屑チョンどもなので、

これが当然なのかもしれませんね。



これだけ暴行事件が多発していても、加害者への処罰はとても軽いようです。

その逮捕率は0.7パーセントから1パーセント程度なんだとかwwwwwww



さすが犯罪者天国のバ韓国ですなぁwwwwww


単なる暴行ではなく、もっともっと屑チョン同士で殺し合ってほしいものです。


-----------------------
一日平均8人検挙、酔客の暴行におびえる韓国のタクシー運転手

 ソウル市内で個人タクシーをしているキム・チュンガンさん(63)は数カ月前の未明、酒に酔った40代の男性を乗せた。目的地である京畿道平沢市内に向かう途中、この乗客は「用を足したい」と車を降りると言い出した。「走行中なので難しい」と答えたところ、乗客は運転していたキムさんに向かってカバンを振り回した。このため、バックミラーが壊れただけでなく、バッグの中にあった焼酎の瓶の破片でキムさんの額が切れた。やっとのことで車を止められたものの、まかり間違えば大事故につながる恐れがあった。キムさんは「被害が大きくないという理由で加害者の乗客は逮捕されなかった。運転手に対する暴行は事実上の『殺人未遂』なのに処罰が軽すぎる」と憤っている。

 タクシー運転手に対する暴行が相次いでいる。今年4月、ソウル市恩平区のあるマンション近くで70代の運転手が目的地をめぐり30代の男に殴られて死亡した。5月にはソウル市西大門区で60代の運転手が酔った20代の男に殴られて意識不明に陥った。警察庁は「バス・タクシー運転手に対して暴力を振るって検挙された人数は2015-17年の3年間で9251人に達する」としている。一日平均8人という計算になる。

 運転手に対する暴力が後を断たない原因の1つに、加害者に対する処罰が軽い傾向にあることが挙げられている。法律上、タクシー・バス運転手に対する暴行は特定犯罪加重処罰法が適用され、単なる暴行より重い5年以下の懲役または2000万ウォン(約200万円)の罰金に処せられる。しかし、実際に厳罰に処せられるケースは多くない。警察関係者は「道路の真ん中で運転中の運転手を殴るなどのケースを除けば、実質的に脅威を受けた程度がそれほど大きくないと判断され、逮捕にまでは至らないことが多い」と話す。加害者と和解したり、停車中に暴行が発生したりした場合は単純な暴行が適用されるケースが多い。逮捕率は0.7-1%程度だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/15/2018061501744.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












バ韓国政府「トイレ盗撮犯罪が多いので、5万カ所を常時点検するニダ!!」

盗撮多発中のバ韓国の公衆トイレ


公衆トイレでの盗撮行為が多発しているバ韓国。

そんな事態に対応するため、公衆トイレ5万か所を“常時点検”するとバ韓国政府が決めたようです。

大金を投じて盗撮カメラ探知機を購入したり、地方自治体や警察署、女性団体などが合同点検班を組織するなど、かなり大がかりの体勢になる模様。


いやぁ、目に浮かびますなぁ。


点検班がカメラを仕掛け、週に1度の点検の際にそのカメラを回収する様がwwwwwww


点検班のメンバーになりたがる屑チョンが殺到していそうですね。




-----------------------
「盗撮を許すな」 韓国政府、公衆トイレ5万カ所を常時点検へ

 韓国政府は、およそ5万カ所の公衆トイレに「盗撮用カメラ」が設置されているかどうか常時点検することにした。教育部(省に相当、以下同じ)・法務部・行政安全部・女性家族部・警察庁は15日、政府ソウル庁舎で、「盗撮が根絶されるよう、可能なかぎり全ての手段と資源を動員したい」という内容を盛り込んだトイレ盗撮犯罪根絶特別対策を発表した。

 韓国政府は、特別財源50億ウォンを支援して盗撮カメラ探知機を購入する一方、公衆トイレおよそ5万カ所を常時点検することとした。地方自治体や警察署、女性団体などが合同点検班を立ち上げ、密集地域など盗撮カメラの設置が疑われる区域を探知機で週1回点検する方針だ。周期的に点検するトイレには「女性安心トイレ」のステッカーが付けられる。

 民間の建物内にあるトイレは、建物の管理者から要請があった場合に点検を支援し、デパートやショッピングモールといった大型民間建造物には独自の点検を要請することとした。小・中・高校でも盗撮カメラ点検ができるよう、教育庁(教育委員会に相当)ごとに探知装置を配り、予防教育を強化する計画だ。

 このほか、「メガネ型のカメラ」「ボタン型のカメラ」など、誰でも購入できて盗撮ができる変形カメラの登録制度を導入し、成人サイトで違法に流布されている映像をリアルタイムで遮断する技術を開発したい-と韓国政府は表明した。警察庁は、外国にサーバーがあるサイトは海外の捜査機関との共助を強化してサーバーの閉鎖を推進したい、とコメントした。女性家族部の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)長官は「少し前にあった恵化駅のデモは、これまで韓国社会の女性たちが抱えてきた傷と苦痛の深さがどれほどか、あらためて振り返らせる事件だった。今までに韓国国民の前で発表したデジタル性犯罪関連対策がきちんと履行されているかどうか、責任もって点検したい」と語った。

 張長官と行政安全部の金富謙(キム・ブギョム)長官、および李哲聖(イ・チョルソン)警察庁長は15日午後、ソウル・東国大学一帯のトイレを回って、盗撮カメラが設置されているかどうか自ら点検を行った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/16/2018061600516.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












さすがバ韓国www 公園を占拠するテントの群れ!! テントの中で交尾する屑チョンもwwwww

テントに占拠されているバ韓国の公園


バ韓国・ソウルの公園がトンデモない事態になっているようです。

屑チョンどもが好き勝手にテントを立てまくり、周囲一帯を占拠しているんだとかwwww


規則を無視して閉め切ったテントの中で交尾する屑チョンまでいるようです。

さすが屑チョンどもですなぁ。


とにかく自分さえ良ければ、周囲のことなんかどうでもいいのでしょう。




この日本でも、公共の場でルールを守らない屑チョンどもが多数生息しています。

きゃつらに規則を守らせるのは、ゴキブリに芸を教えこむことより難しいでしょう。


それゆえ、対応策はただ一つ!!

見かけ次第、土に還してあげることだけなのです。



-----------------------
ソウルの人気観光地が“修羅場”に?市民のマナー不足を韓国ネットが批判

 2018年6月13日、韓国・アジア経済は、気温の上昇とともにソウル市内を流れる漢江(ハンガン)沿いにある汝矣島(ヨイド)漢江公園を訪れる市民が増加し、それにより公園に変化が生じていると報じた。

 記事は、涼をとる市民でにぎわう公園の様子を「修羅場と化している」と表現。中でも目に付くのは夏の日差しを遮ってくれる「テント」だといい、読書や昼寝、カードゲームなどを楽しむ市民が多い中、入り口を締め切っているものもあったという。また、日没後もテントの数は減らなかったそうだ。なお、漢江でテントを利用する際には2面以上を開放し、夜には撤去しなければならない決まりになっている。

 記事は、公園内の交通の問題も指摘している。自転車と歩行者が入り混じっているため、事故につながる可能性のある危険な光景が何度も見られるという。この他にも、公園の最寄駅である汝矣(ヨイ)ナル駅の前には違法露天商が道路に列をなしており、調理の際の煙などが通行人の迷惑になっている。

 公園近くに住むある住民は「冬以外の春、夏、秋には人が多くうるさい。休むのはいいが、騒がず、ごみの分別をしっかりするなど高い市民意識を見せてほしい。違法露天商対策もしてほしい」と残念そうに話しているという。

 これを受け、韓国のネット上では800件近くのコメントが寄せられているが、「シンガポールのようにかなりの罰金を科さない限り無理。処罰が軽いから管理事務所の職員や警察が注意しても甘くみられる」「他はまだしも、テントの中で痴話げんかやイチャイチャする人の気が知れない。子どもたちに聞こえるんじゃないかとヒヤヒヤする」「ソウル市長は何やってるんだ。警察に見回りさせてくれてもいいじゃん」「テント禁止にしたら?どこでも食べ物を広げて食べる文化をなくすべき」「難民キャンプじゃないんだし…」など批判のオンパレードだった。

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180616/Recordchina_20180616009.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る