韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

犯罪

【盗撮が日常化www】警察が巨額を投じて対策するも、摘発件数はゼロのままwwww

盗撮行為が日常化しているバ韓国


盗撮行為が日常の一部と化しているバ韓国。

そこで警察は8000万ウォンを投じて全国6万カ所以上に隠しカメラを設置して摘発に動きだしていました。


しかし!


その隠しカメラによる摘発件数はゼロww



屑チョンどものことですから、警察が設置したカメラで撮られた画像を「盗撮動画」として売買していそうですね。


あるいは、見つけた盗撮カメラを私物化してこっそり楽しんでいるのでは?


ま、屑チョンどもの裸なんざ目にもしたくないので、バ韓国のみで勝手に楽しんでいてほしいものです。



-----------------------
盗撮が社会問題の韓国、巨額を投じて取り締まるも成果は“ゼロ”=韓国ネットは「おかしい」

 2018年10月3日、韓国・MBNは「8000万ウォン(約800万円)の予算をかけた隠しカメラの取り締まり、摘発件数は“ゼロ”」と題する記事を掲載した。 

 記事によると、韓国では隠しカメラによる盗撮が社会問題となっている。そのため警察はここ1年間、8000万ウォンの予算を投じて最先端の隠しカメラ装備を動員するなど大規模な取り締まりを行ってきた。しかし、対象は全国にあるプール施設や公衆トイレ、更衣室、ターミナルなど6万カ所を超えるも、摘発件数は0件だったという。 

 記者が問題点として指摘するのは「隠しカメラの設置場所」。犯罪は主にモーテルなど民間施設で起こっているが、警察は取り締まり場所を公衆トイレのような公共施設に制限した。警察関係者は「民間トイレは私的な領域であり、取り締まりは法律的、任意的に難しい」と話しているという。民間の店であっても多くの人が利用する施設などは警察の取り締まりが行われるよう、制度補完が必要という指摘が出ている。また、取り締まりの時期や時間を決めずに抜き打ちで行う方が効果的だと指摘する声も出ているという。 

 これを受け、韓国のネット上では「設置された物を検挙するんじゃなくて、隠しカメラを売買する人や画像を流す人を捕まえて」「最近官公庁でも職員が紙コップに隠しカメラを仕掛けて摘発されたじゃん。隠しカメラが1個も見つからないのはおかしい」など非難の声が上がり、「隠しカメラの摘発を強化して」と願うコメントが寄せられている。 

 しかし一方では「予防対策なのだから成果を求めるのはやめて」「発見されなかったのだからよかったじゃん。8000万ウォン分の価値を見出さなきゃダメ?」など擁護の声や、「(でもこれにより)婦人警官の雇用が増えたでしょ?」「きっと大統領府は『若者を多数採用して取締官として働かせたらいいのでは?』と思ってることだろう」など深刻な就職難に悩む韓国社会らしいコメントも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b650717-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国の日常】女子寮に侵入してオナニーを見せつけた屑チョンに実刑判決!

バ韓国塵にとって性犯罪はただの日常行為


バ韓国の大学女子寮で、実に屑チョンらしい事件が発生していました。


31歳のオスが女子寮に侵入。


そして、懐中電灯の光で女学生たちの注目を集めてから自慰行為を披露したんだとかwwwwww



親指ほどの大きさもない粗チンを見せられても、女学生たちは何も感じなかったのでは?


ちなみに、この屑チョンは過去にも同じような犯罪を犯していたようです。


やはり、屑チョンには更生なんて絶対にできないのでしょうね。

さっさと死刑にするしか再犯を防止する手立てはないのです。



-----------------------
大学女子寮で淫乱行為30代実刑

 済州(チェジュ)地方法院(地方裁判所)刑事4単独(部長判事=ハン・ジョンソク)は1日、公然わいせつの疑いで起訴されたチェ某被告(31歳)に対し、懲役6ヶ月を宣告したと明らかにした。 

 チェ被告は去る6月13日と6月30日、済州道内の某大学校女子寮で学生5人に対して懐中電灯の光で視線を誘導した後、オナニーをした。 

 ある判事は、「被告人は罰金刑を受けた前科があるのに同じ犯行を起こした」とし、「被告人が犯行を反省している点を考慮した」と量刑理由を明らかにした。 

http://www.jejuilbo.net/news/articleView.html?idxno=105672
-----------------------

それにしても、性犯罪の再犯者なのに、「反省している点を考慮したニダ」と量刑を軽くするだなんてwwwww

さすが、キチガイしか存在しない国家ですなぁ。





韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【組織犯罪!】バ韓国原子力研究院の職員が放射性廃棄物を無断で売却! その量なんと80トン!!!!!!!!!

バ韓国原子力研究院の職員が廃棄物を売却


以下のニュースはちょっと長いので、3行でまとめると……。


・バ韓国原子力研究院から大量の放射性廃棄物が持ち出されていたことが発覚!

・バ韓国原子力研究院で働く管理職の職員らによる組織的犯罪だと判明。

・関係者のフトコロだけが温まり、放射性廃棄物は行方不明のままに。


……いやぁ、まさにバ韓国ならではの犯罪ですね。

持ち出されて勝手に売却された廃棄物は80トンにもなるとのこと。


管理する側が犯罪を犯していたので、実際はもっと大量の廃棄物が市場に出回っていることになります。



鉛やステンレスや銅といった金属は2次加工がしやすいので、

バ韓国のあちこちから高い放射線反応が現れるのも納得ですねwwwwwwwww



-----------------------
放射性廃棄物の行方不明事件で内部の「黒いコネクション」の情況が明らかに

 韓国原子力研究院で放射性廃棄物である鉛や銅、金などが10~15年前に大量に持ち出され、“行方不明”になった事実が今年初めに確認され、波紋が広がる中、この廃棄物の搬出や売却などの違法行為に原子力研究院の管理者級の職員たちが直接・間接的に介入あるいはほう助した情況が、原子力安全委員会の調査で明らかになった。廃棄物に接近できる委託先の窃盗や末端研究員らによる逸脱のレベルを超える“組織的犯罪行為”が行われ、厳格であるべき放射性廃棄物の管理システムに穴があいたという声も上がっている。

 28日、イ・チョルヒ議員(共に民主党)が原子力安全委員会から提出された「原子力研究院の放射性廃棄物の無断処分などに関する調査結果」によると、現在まで確認された2003~2009年における原子力研究院の放射性廃棄物の無断流出及び売却事件について、研究院の部署長級の職員らが搬出当時から知っていたか、直接関与したものとみられる。原子力研究院の規制機関である原子力安全委は今年初め、研究院から廃棄物が無断で流出されたという情報提供を受け、2月19日から6月27日まで、研究院の廃棄物管理記録を再検討すると共に、事件関係者らを呼んで調査を行った。書類上の保管記録とは異なり消えたことが確認された廃棄物は、鉛44トンや鉄製・アルミ・ステンレス30トン、銅6トン、金0.26キログラムなど、合わせて約80トンに達する。これらの廃棄物は原子力の基礎・応用研究を行ったソウル蘆原区にある「ソウル研究炉」(研究用原子炉施設)を解体したり、大田(テジョン)原子力研究院のウラン変換施設をそれぞれ2000年と2004年から解体する過程で出たものだ。

 このうち10.6トンの鉛レンガが2003年5月、ソウル研究炉から消えた事例を見てみると、当該廃棄物を搬出した研究院の職員の供述と関連記録、そして第3者の供述が食い違っている。該当職員A氏は原安委の調査当時、「ソウル研究炉放射性アイソトープ生産施設に設置されていた鉛レンガを大田研究院に移して使用した」と主張した。しかし、A氏が2003年の搬出当時作成した「運搬・搬出通知簿」には、持出し目的が「容器の製作」と書かれており、供述とは異なる。さらに、原安委の調査結果2003年当時、大田(テジョン)研究院にソウル研究炉の廃棄物が持ち込まれた事実がないことが明らかになっており、A氏の主張は説得力に欠ける。これに対し、原安委は調査結果で「鉛レンガが大田研究院に移送されず、関係者の不当な利益のために使用された可能性が高い」と判断した。廃棄物を無断で売却した可能性が高いと見たのだ。

 大田のウラン変換施設で2009年に銅5トンが消えた経緯にも、釈然としないところが多い。研究院の放射線安全管理者B氏は、原安委の調査で「人材派遣会社の社員らによる銅の窃取、売却を把握し、上級者に報告した後、銅電線を回収するため古物商を訪ねたが、すでにリサイクル業者に渡され、回収できなかった」と説明した。しかし、B氏はその古物商の位置を全く覚えていないうえ、委託先の売却代金の返還を求めなかったと、原安委の調査で供述した。原安委は、B氏が事件直後、銅の廃棄物をいくらで売却したのか調べるべきだったにもかかわらず、代金の返還を試みなかった点に注目し、B氏の供述の信憑性を疑っている。当時、B氏などは銅の窃取及び売却事件を研究院長や原案委に報告すらしなかった。

 原安委は独自の調査結果を盛り込んだ文書に「(廃棄物窃取・売却は)個人ではできないこと」という明確な判断を付け加えた。原安委は、「当時、解体責任者と関係者らは廃棄物の窃取・消失にかかわらなかったと主張しているが、鉛や鉄製の廃棄物はフォークリフトやトラックのような重装備がなければ、運送できない」とし、「鉛廃棄物の窃取・消失に研究院所属の解体責任者及び関係者が直接・間接的に関連するか、黙認したものと判断される」と記した。研究院内に重装備が入り、体積が大きな廃棄物が輸送機器に運搬される過程を、少数の個人や外部委託先が密かに決定して実行するのは不可能に近いということだ。

 原安委は、廃棄物の無断持ち出し及び売却過程と、これを通じて不当利得を得た者たちをより正確に把握するため、この事件を今年6月末に科学技術情報通信部と大田地方検察庁に通報し、現在警察の調査が行われている。原安委はそもそも当該廃棄物は外部に漏れる放射線量が少ないため、研究院が原案委に年間放射線量率が低いという事実を規定通りに立証・報告すれば、正常な売却または処分手続きを踏むことできるという立場だ。搬出された廃棄物が環境と人体に有害なレベルではないということだ。しかし、このようなずさんな放射性廃棄物管理体系が情報提供を通じて明らかになっていなければ、危険な廃棄物の搬出を防ぐ手立てがないのではないかという批判もある。何より政府出資の研究機関で明らかになったずさんな管理という点で懸念が広がりかねない。イ・チョルヒ議員は「今回の事件は、原子力研究院の組織的ほう助がもたらした犯罪事件」だとし、「検察の厳正な捜査と共に、原子力研究院の徹底的な改革が急がれる」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00031727-hankyoreh-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国政府が用意した家出少年の保護施設が、"犯罪者グループ養成場"に成り下がるwwwww

バ韓国の家出少年らは犯罪者となる


秋夕の連休期間に、家出少年を保護する目的で国内130か所に“憩いの場”なるものを運営していたバ韓国政府。


しかし!


その“憩いの場”が犯罪の温床と化しているようです。

ここに集まった屑餓鬼どもが犯罪の計画を練り、詐欺や売春の強制などが実行に移されているとのこと。



つまり、政府が大量の税金を投じて犯罪者グループを養成していることになりますwwwww




さすがバ韓国!!!!


本当に未成年を救いたいなら、さっさとあの世に送ってあげたほうがよっぽどマシでしょうねぇ。



-----------------------
韓国の家出少年を支援する場が犯罪の温床に

 秋夕(中秋節。今年は9月24日)翌日の25日、ソウル市竜山区のインターネット・カフェ。10代半ばから後半の家出少年ら約20人がゲームをしていた。彼らはインターネット・カフェやカラオケ、モーテルを転々として秋夕連休を過ごしたという。女性家族部(省に相当)が19日、「秋夕連休期間に家出少年らが街で危険にさらされないよう、全国130カ所余りの青少年憩いの場を24時間運営する」と発表したが、彼らはそこに行かなかった。7カ月前に家出したチョン君(17)も憩いの場ではなくインターネット・カフェに来た。彼は今年5月、ソウル市内の青少年憩いの場に入ったが、1カ月でそこを出たそうだ。チョン君は「憩いの場で会った子たちに『女の子たちに売春をあっせんする仕事をしよう」とそそのかされたり、毎晩『憩いの場を出て酒を飲もう』と言われたりした。憩いの場に長くいると、もっと悪い道にはまるような気がして、出ることにした」と言った。チョン君が過ごした憩いの場は定員が10人だったが、実際には13人が暮らしていたとのことだ。

 女性家族部が26日に明らかにしたところによると、憩いの場に来た青少年は最近5年間で約1万5000人から3万人と倍増しているという。その一方で、憩いの場は103カ所から130カ所と26%の増加にとどまっている。憩いの場1カ所当たりの定員は7-20人程度だが、寒くなって家出少年が集まる時は1カ所当たり多くて定員を5人前後オーバーして受け入れている。憩いの場は家出少年を支援するために政府が用意したものだが、その本来の役割を果たせずにいるとの指摘もある。

 憩いの場の教師たちは、子どもたちが滞在している間の生活指導もする。例えば、憩いの場の中では子どもたち同士で話ができないようにしている。これは、互いに通じ合ってさらに道を外れたり、犯罪に手を染めたりするのを防ぐためだ。

 ところが、家出少年の数は多いのに、彼らを管理する青少年指導士や社会福祉士は少ないため、1人1人をきちんと監督したり世話したりするのは難しい。韓国憩いの場協議会のキム・ギナム会長は「昼間は教師や指導士が2-3人いる憩いの場も、夜間は1人しかいないため、子ども全員について相談・管理するのは容易でない」と説明した。

 憩いの場の管理が行き届かない場所で計画された家出少年たちの犯罪が、大人も驚くほど大胆なものに発展することもある。憩いの場で知り合った家出少年たちが先月、20歳の男と共にインターネット中古品取引詐欺を図り、2500万ウォン(約250万円)相当をだまし取って警察に捕まった。昨年は17歳の高校生が憩いの場で知り合った女子中学生に売春をさせるなどして摘発されたこともあった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/28/2018092801768.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る