韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

反日

【徴用工訴訟】バ韓国・済州で集団訴訟説明会が開催予定!!【遺族への参加も呼びかけwww】

自称徴用工が続出しているバ韓国


バ韓国の大法院でトンデモ判決が出された徴用工訴訟。

この流れを受け、徴用被害者の集団訴訟説明会が開催されるようです。


自称元徴用工や、自称元徴用工の遺族らが大挙して押し寄せてくるのが目に浮かびますねwwwwwwww




こんな具合に屑チョンどものキチガイぶりが加速していくのは、大歓迎です。


きゃつらが騒げば騒ぐだけ日韓関係が悪化していくので、日本にとっては得なことばかりですからね。




追軍売春婦問題、徴用工訴訟、そして竹島への不法上陸……。



まだまだ材料はたくさんあるので、今以上に日韓関係が悪化してくれるのを祈るばかりです。



-----------------------
済州で「日帝強制徴用被害者」の集団訴訟説明会を開催

 日本企業を対象に日帝強制徴用被害者への賠償を命じた判決が先月、韓国大法院(最高裁)で確定された中で、集団損害賠償請求訴訟を進めている団体が済州を訪ねて損害賠償訴訟への参加に向けた説明会を開催する。 

 社団法人「対日抗争期強制動員被害者連合会」と社団法人「日帝強制労役被害者正義具現全国連合会」は7日に済州市(チェジュシ)未来コンベンションセンター3階で「済州道日帝強制徴用被害者説明会」を行うと4日、明らかにした。 

 また、説明会では外形上勤労契約を結んだが、労働の代価をまともに支払わなかった三菱重工業、横浜ゴム、日産など日本の戦犯企業70社を対象に推進している「1004人集団損害賠償請求訴訟」の過程を説明し、済州地域の被害者と遺族らのさらなる参加を呼びかける予定だ。 

 済州道は韓国で日帝強制徴用被害が最も多い地域の一つだ。集団訴訟団体関係者は「日帝強制徴用被害者の傷は今この瞬間までも苦痛が続いている」として「済州地域の被害者と遺族らの訴訟参加を呼びかけたい」と話した。

https://japanese.joins.com/article/796/246796.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の大学教授「元慰安婦女性は被害を誇張してるニダ!」、学生どもが激怒して謝罪を要求wwwww

嘘まみれのバ韓国の自称慰安婦


バ韓国の大学教授が授業中に、


「自称元慰安婦は、被害を誇張しているニダ!」


「証言の度に年齢や被害状況がコロコロ変わってるニダ!」


「自称慰安婦が20万匹もいたというのはあり得ないニダ」


……と説明していたそうです。


屑チョンにしては珍しく冷静に分析していますなぁ。


しかし!


この授業内容を聞いた屑チョン学生どもが激怒!!!!!



「事実を歪曲して被害者の名誉を傷つけたニダ!」と謝罪を求めているとのこと。





偽証婆どもの話を妄信的に真実だと思い込み、

事実を列挙していた教授の話を嘘だと決めつけるとは、

頭がおかしいとしか思えません。



でも、こうしたキチガイ思考が屑チョンにとっては普通のことなのです。




-----------------------
「元慰安婦女性は被害を誇張している」=韓国大学講師の発言に学生ら怒り

 2018年11月1日、韓国・クッキーニュースはこのほど、ある大学講師が「元慰安婦女性は被害を誇張している」と発言し、物議を醸していると報じた。 

 記事によると、韓国有名私大の延世(ヨンセ)大学のソウル・新村(シンチョン)キャンパスに掲示されたポスターからこの事実が明らかになった。先月4日、仁川(インチョン)にある同大国際キャンパスでの授業中に、A講師は元慰安婦の証言に対し「人は誰でも自身が遭った被害を誇張しようとする傾向がある。(元慰安婦の)おばあさんたちも例外ではない」と話したという。元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんについては「証言するたびに年齢と被害状況の説明が変わる」とし、慰安婦被害の規模についても「(朝鮮の人口が当時2000万人だったのに)20万人の朝鮮人被害者がいるというのはありえない」と話したという。 

 これを聞いた学生らは反発。「事実を歪曲し被害者の名誉を傷つけた」などとして、謝罪を求める声が上がっているが、A講師は遺憾の意を示しているという。先月25日には、自身の授業でプリントを配布し「当該発言は一つの見解だった」と釈明。「非公式的な討論であればあるほど、いかなる発言も受け入れなければならない。もし差別や名誉棄損などに関連した発言が出たら、その場で解決できる」とし、「外部の力でこれを解決しようとすることは、討論に参加した人の権利を侵害することになる」と伝えたという。 

 なお、大学側は特別な措置を取っていない。 

 これを受け、ネット上では「この国の知識人や教育者の中には今なお親日派が多い」「これが韓国のトップクラスの大学講師のレベル?」「講師の名前を公開して処罰すべき」「自分の娘が同じ被害に遭ってもそんなこと言える?」といった講師への非難が相次ぎ、「もしかして日本の財団から研究費の支援を受けてるのでは」「大学側でも特別な措置を取っていないということは、大学側の意見を代弁してるから?」など日本との関係を疑うコメントも寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b658834-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・徴用工訴訟、日本の経済4団体が共同コメントを発表!

大法院の判決に喜ぶバ韓国の元徴用工


先日の徴用工訴訟で、キチガイ判決が出されていました。


それを受け、日本の経団連や商工会議所が共同でコメントを発表。


今後のバ韓国への投資やビジネスを進める上での障害になりかねない


ま、そりゃそうでしょうね。



もっとも、本気で心配しているわけではないでしょう。

キチガイ判決が出る事は目に見えて分かっていたでしょうからwwww


どちらにしろ、これで日韓関係がますます悪化することになり、バ韓国経済はますます冷え込むことになります。



バ韓国の大法院が自ら国の崩壊を加速させてくれた形です。


日本政府も遺憾の意を表していましたが、裏では喜んでいることでしょうwwww



-----------------------
経済4団体「韓国への投資やビジネスに障害」 徴用工勝訴で共同コメント

 韓国最高裁の判決を受けて、経団連、日本商工会議所、経済同友会、日韓経済協会(日韓経協)は30日、各会長、会頭、代表幹事名で、「今後の韓国への投資やビジネスを進める上での障害になりかねない」などと懸念する共同コメントを発表した。日韓経協の是永和夫専務理事は報道陣に対し、「ここまで築いてきたビジネス関係に水を差さないよう、両国政府は支援してほしい」と訴えた。

 コメントは「昭和40年の日韓請求権協定によって、問題が完全に最終的に解決したことを基礎に、日本企業は両国関係の発展に貢献してきた」と強調した。

 その上で、韓国政府に対し、「日本企業の正当な経済活動が保護されるよう、適切な措置」を要望、日本政府にも「あらゆる選択肢を視野に対応を講じることを強く要望する」とした。

https://www.sankei.com/economy/news/181030/ecn1810300029-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国大法院、日韓請求権協定を無視して強制徴用訴訟の判決を下す!!!!!

バ韓国の徴用工像


バ韓国大法院で行われていた元徴用工らの損害賠償請求訴訟で、判決が下されていました。


「日本企業は強制徴用被害者に各1億ウォンと遅延損害金を支払うニダ!!」


これは1965年の日韓請求権協定を全く無視した判決となります。



ま、予想通りですね。


きゃつらが日韓請求権協定を守らないのはいつものことですから。




これでまた日韓関係が遠のくので、我々日本からしてみれば大歓迎です。



これもバ韓国という国自体が自殺したがっている証左でしょう。


これから先、バ韓国大法院は同じように日韓請求権協定を無視した判決を乱発するんでしょうね。


いやぁ、本当に楽しみですwwww



-----------------------
「日本企業は強制徴用賠償せよ」 65年韓日協定を覆した韓国最高裁

 韓国大法院(最高裁に相当)が日帝強制徴用被害者に軍配を上げた。1940年代に強制徴用された被害者4人は、日本企業に賠償責任を問えるようになった。

 大法院全員合議体(主審キム・ソヨン大法官)は30日、故ヨ・ウンテクさんら強制徴用被害者4人が新日鉄住金(旧・新日本製鉄、第2次世界大戦以前の日本製鉄)を相手取って起こした損害賠償請求訴訟の再上告審宣告裁判を開き、原告勝訴の判決を下した。 

 この日、全員合議体は2012年最高裁判事4人(キム・ヌンファン、イ・インボク、アン・テヒ、パク・ビョンデ)による小部判断をそのまま認めた。当時、大法院1部は原告敗訴の判決を下した1・2審を覆して強制徴用被害者の損害賠償請求権を認めて、当時の日本製鉄に強制労働に対する賠償責任があると判断した。 

 大法院1部は日本の確定判決が日本の韓半島(朝鮮半島)支配と強制動員そのものが不法だと見る大韓民国憲法の核心価値と正面から衝突し、韓国内で効力が認められないと判断した。また、韓日請求権協定で個人請求権まで消滅したと見ることができず、日本製鉄と新日鉄住金の法的同一性が認められるとした。これにより破棄差戻し後の控訴審は大法院の趣旨に沿って強制徴用被害者に各1億ウォンと遅延損害金を支給するよう命じる判決を下した。 

 今回の宣告は、2013年8月大法院に事件が再上告されてから5年2カ月を経て出された。2005年2月に初めて訴訟が提起されて13年8カ月となる。13年の年月が流れて、訴訟当事者4人のうち3人がすでに亡くなり、唯一の生存者であるイ・チュンシクさん(98)だけがこの日の訴訟に参加した。 

 4人は1941~43年、新日鉄住金の前身である日本製鉄に強制徴用されたが、賃金を受けることができなかった。その後、ソ連軍の空襲で工場が破壊され、1945年の解放と同時に帰国した。 

 ヨ・ウンテク、シン・チョンスさんは1997年に大阪地方裁判所に損害賠償金と未払い分の賃金を請求する訴訟を起こしたが原告敗訴で判決が確定した。その後、キム・ギュス、イ・チュンシクさんとともに2005年に韓国裁判所に同じ趣旨で訴訟を起こした。 

 1965年韓日国交正常化とともに結んだ請求権協定で、被害者の損害賠償請求権が消滅したかどうかが今回の宣告の核心になった。当時、1・2審は日本裁判所の判断に問題がなく、1965年朴正熙(パク・チョンヒ)政権でむすんだ韓日請求権協定で被害者の請求権が消滅したと判断した。だが、2012年5月大法院がこれを覆し、賃金を支払うべきだとする趣旨の判決を初めて下した。 

 大法院が最終的に強制徴用被害者に軍配を上げて関連訴訟が続くものと予想される。現在、裁判所には計15件の日本戦犯企業賠償訴訟が保留されたままの状態だ。 

 だが、問題は日本側だ。日本政府は65年協定ですべての賠償が終わったという立場だ。賠償をしなければならないのは新日鉄住金だが、日本政府が強硬な立場を示す中で会社側がどのような対応を取るかは不確実だ。

https://japanese.joins.com/article/601/246601.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る