どう見ても日本のうなぎパイを丸パクりしただけの「チャンオパイ」




約二年をかけて独自に製造技術を研究開発したニダ!




どう見ても日本のうなぎパイを丸パクリしておきながら、こういう事を醜い真顔で言ってのける韓国塵。

そんな屑チョンなんぞ、生かしておく価値は皆無です。


我々人類にとって、価値のある韓国塵は存在しえないのです。





「ゴキブリがこの世にいてくれて良かった」、そう思う人はいませんよね。
「ゴキブリの中にもいいヤツはいる」、そんなキチガイ理論は成り立ちませんよね。



ゴキブリを殺して罪悪感に駆られる人もいません。
ただ気持ち悪いと思うだけでしょう。



さっさと韓国塵という生き物を害獣に指定して、全地球規模で駆除するべきなのです。



-----------------------
韓国にも「うなぎパイ」 業者「独自開発」

 浜松市特産の菓子として知られる「うなぎパイ」そっくりの菓子「チャンオパイ」が、昨年10月から韓国で発売されている。「チャンオ」は韓国語でウナギを意味し、直訳すれば「うなぎパイ」。ウナギを煮詰めたエキスをパイ生地に混ぜて焼く製法で、味も形状も「うなぎパイ」に似ている。

 韓国北西部京畿道坡州(キョンギドパジュ)市にある「スリホル製菓」が発売した。経営者は、製菓店を二十年間、ウナギ料理店を十年間経営した経験があり、「体が弱い孫のためにウナギのエキスを混ぜた菓子を発案し、約二年をかけて独自に製造技術を研究開発した」と話している。

 研究を始めてから日本でも浜松市の製菓会社「春華堂」が「うなぎパイ」を作っていると知り、同社の一般向けの工場見学に参加したこともあるというが、「味は全く違う」と主張している。昨年十一月には韓国で製造法の特許も取得した。現在は学校給食にも提供しているという。

 春華堂は日本語や英語の「うなぎパイ」の名称を韓国でも商標登録していたが、「チャンオパイ」は商標登録していなかった。同社の担当者は本紙の取材に「初めて知った」と驚きを口にし、「調査して事実を確認した後、対応を検討したい」と話している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014073002000232.html
-----------------------

日本のうなぎパイを製造している春華堂ですが、この会社も相当間抜けですね。

韓国塵なんぞに工場を見学させるだなんて自殺行為もいいところです。

ですので、あまり同情する気は起きません。
わざわざゴキブリにエサの場所を教えたようなものですからね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ