韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

アシアナ航空

【バ韓国経済】アシアナ航空、社員に最大3年間の"無給休職"を通知! もう給料が払えないニダ!!

バ韓国のアシアナ航空、大幅リストラで事故多発間違いなし


バ韓国のアシアナ航空がとんでもない組織整備案を出していました。


その内容は、

職員に“無給休職”させるというもの!


最大で3年間にもなるようで、実質的なクビ宣告ですね。



職員の数が減ることにより、当然ながら安全性はさらに悪化します。


アシアナ航空機がアチコチで墜落する姿が目に浮かびますねwwww




そうした事故が、朝鮮半島の中だけで発生しますように。


-----------------------
アシアナに来るものが来た…「最大3年の無給休職」

「構造調整の信号弾ではないか。恐ろしい」 

 アシアナ航空のある職員はこのように訴えた。年内の売却作業完了を目指して組織を整備し、売却価格の引き上げを狙った作業に入ったアシアナ航空が職員に無給休職を通知した直後だ。 

 アシアナ航空人事チームは29日、社内全職員に「無給休職実施案内」に関する電子メールを一括送信した。無給休職対象者は2016年以降の希望休職未実施者だ。 

 職種は営業および空港サービス職、運航管理職、航空エキスパート職、国内整備職のうち事務業務遂行者だ。操縦士や客室乗務員、整備職は無給休職対象から除外された。無給休職期間は最小15日から最大3年だ。 

 アシアナ航空の別の職員は「苦痛分担次元という名目で突然会社が無給休職を通知して非常に困っている」とし「何の準備もなく、どうしたら無給休職に入ることができようか」と不満を吐露した。 

 これに対し、アシアナ航空側は「当社の自救努力に全職員が参加する次元で無給休職を拡大施行することになった」とし「安全運航と直結している一部職種は除いた」とした。これに先立ち、アシアナ航空のハン・チャンス社長は1日、アシアナ航空経営危機克服のための重点推進課題として▼追加的な資産売却を通した流動性確保▼非収益路線の整理▼航空機運営機数の縮小▼生産的で効率的な組織改編案--などを提示した。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=252941&servcode=300&sectcode=300
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国の2大航空会社、問題続出で営業利益が激減wwww 機体も業績も真っ逆さま!!

バ韓国・アシアナ航空職員どもによるデモ


昨年は、バ韓国の航空業界の実態が何かとさらけ出されていましたねwwww



大韓航空のオーナー一家のパワハラや密輸問題、アシアナ航空の「ノーミール」問題など、

屑チョンらしさ全開の醜聞ばかりでしたからねwwww


その結果、営業利益が激減!!

大韓航空では27.6パーセントも減少していたようです。


いやぁ、いい調子じゃないですか!


屑チョンどもが運行する航空機が1機でも減れば、それだけ悲惨な事故が減るんですから!


今年もこの調子を持続していただきたいものです。



-----------------------
パワハラと機内食大乱…悪材料で業績まで墜落した大韓航空・アシアナ航空

 大韓航空とアシアナ航空の昨年の営業利益が急落した。原油価格急騰が業績悪化の最大の原因となった。だが韓国を騒がせたオーナー一家の各種パワハラ問題と機内食大乱も両社の苦戦に影響を及ぼしたというのが業界の分析だ。 

 大韓航空はこのほど2018年の売り上げが12兆6512億ウォン、営業利益が6924億ウォンを記録したと明らかにした。 

 細部指標は良くなかった。営業利益は2017年の9562億ウォンより27.6%減少した。これは3725億ウォンを記録した2014年から4年ぶりの最低水準だった。当期純利益はマイナス803億ウォンで赤字に転落した。 

 アシアナ航空の状況もこれと変わらない。 

 アシアナ航空の昨年7-9月期売り上げは1兆8520億ウォンで、前年同期比14%増えた。だが営業利益は15%減少の1010億ウォンを記録した。 

 昨年10-12月期の営業利益見通しも明るくない。有進投資証券によるとアシアナ航空は昨年10-12月期の営業利益は695億ウォンを収めると予想される。前年同期より21.2%減った水準だ。 

 両社とも航空会社の運営コストの20~30%を占める燃料類費用の急騰を業績悪化の原因に挙げる。実際に大韓航空の2018年の油類費は前年より6800億ウォンほど増えた。アシアナ航空もやはり昨年7-9月期までで油類費が前年比41%ほど増加したという。 

 だがオーナー一家のパワハラ問題と機内食大乱など「人災」も業績悪化に影響を及ぼしたというのが大半の意見だ。 

 韓進(ハンジン)グループは昨年初めに趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)前大韓航空専務が社内会議中に広告代理店社員に水を浴びせて暴言を吐いた事実が明らかになり世論の叱咤を受けた。韓進グループ会長夫人の李明姫(イ・ミョンヒ)一宇財団理事長と趙顕娥(チョ・ヒョナ)前大韓航空社長の密輸事件もやはり大韓航空のイメージを低下させた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願掲示板には大韓航空と韓進グループオーナ一家を厳正に調査してほしいという請願が多く上げられた。 

 アシアナ航空も風の収まる日はなかった。 

 アシアナ航空は昨年7月に機内食がないまま航空機が出発する史上初の「ノーミール」問題を起こした。その結果韓国出発57便と海外出発43便の国際線航空便100便が1時間以上遅れ利用客の不満を買った。アシアナ航空に機内食を供給する下請け業者代表が押し寄せる注文をさばききれず自殺した事件も国民の怒りを買った。アシアナ航空の金秀天(キム・スチョン)社長はノーミール問題の責任を取り辞任した。 

 大手航空会社の2019年の見通しは悪くなかった。THAAD問題の後遺症で萎縮した中国人観光客が回復し、欧米路線の好調が続き前年より良いだろうということだ。原油価格も安定傾向を描いている。大韓航空は昨年の業績を発表しながら今年の営業利益目標を1兆ウォンに決めたと明らかにしている。 

https://japanese.joins.com/article/179/250179.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・アシアナ航空機、ロスの国際空港で火災事故!!! 原因は無申告のリチウム電池!!!!

ロスの空港で、バ韓国・アシアナ航空機が火災


ロサンゼルスの国際空港で、アシアナ航空機が火災事故を起こしていました!!


荷物の中にあったリチウム電池が突然発火していたというのです!


しかも、

そのリチウム電池は貨物の申告リストに無記載だったんだとか!!



やはり屑チョンどもが運行する航空機はいつ爆発するか分かったものではありません。

自国の空の安全を守るために、バ韓国の航空機を完全に排除しなければなりませんね。

そのためにも、一刻も早くバ韓国との国交を断つべきでしょう。



朝鮮半島上空で航空機が墜落して、屑チョンどもが大量死してくれることは歓迎ですけどwwwww


-----------------------
アシアナ貨物機で火災、原因は無申告のリチウムバッテリー=韓国ネットから非難の声

 2018年12月20日、韓国・KBSによると、米国・ロサンゼルス国際空港で2日、韓国・仁川空港から到着したアシアナ航空の貨物機の荷下ろし中に荷物が発火し、火災が起きた。 

 記事によると、貨物機から荷下ろしをしていたフォークリフトが荷物の箱を破損した際に発火した。原因は箱に入っていたリチウムバッテリー30個だったが、貨物の申告リストには無かったという。爆発性のあるリチウムバッテリーは危険物として分類されなければならず、危険性が高い場合は航空運送が制限されることもある。操縦士らは、「命に関わる状況だった」と話しているという。 

 アシアナ航空側は「荷主がリチウムバッテリー30個を、機器に付属しているバッテリーだと虚偽の申告をした」と話しているという。しかし監督部処は「貨物の運送状のみを確認するのが慣行であり、虚偽申告はどうすることもできない」との立場だという。国土交通部の関係者も「確認の手続きはあるが、荷物をX線で調べても、それが危険物かどうか確実に判断することはほぼ不可能」と話しているという。 

 2011年にもアシアナ航空機の貨物機にリチウムバッテリーと引火性物質が搭載され、それにより火災が発生して機体が墜落し2人が死亡する事故が起きていた。アシアナ航空はそれから7年間リチウムバッテリーの運送を中止し、今年の4月から運送を再開したが、再びこのような火災事故が起きた。 

 これを受け、韓国のネット上では「荷物の持ち主が正直に申告をしないとどうしようもできないだなんて、会社と政府のレベルの低さが恥ずかしい」「X線で発見できないって?かばんに入っているモバイルバッテリーも全部見つかるっていうのに」「航空会社はきちんと1つずつ荷物の確認をしないで、荷主の言葉だけを信じて…。事故が起きたら全部責任取るつもりなの?それとも今回のように荷主のせいにするの?お金をもらってやっている仕事なのに、責任感がない」とアシアナ航空を非難する声が多く上がっている。 

 一方で、「アシアナ空港も確認が甘く問題だが、1番の問題は虚偽の申告をした人だ」「本当に人間性がどうかしている。自分勝手だ。テロ犯と同じようなものだ」「これは荷物の内容を正確に申告しなかった荷主が責任を負うのが正しいと思う」と荷主の責任を問うコメントも寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b673357-s0-c30-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国!! アシアナ航空会長(73歳)のセクハラ行為が次々と暴露される!!!!!!!!

客室乗務員にセクハラしまくっているバ韓国・アシアナ航空の会長


大韓航空に続いて、アシアナ航空の醜すぎる実態が次々に明らかになっています。

今回発覚したのは、アシアナ航空会長のパク・サムグによるセクハラ行為!!


・客室乗務員らの体に触れる

・会長が職場に来る際は、大々的な歓迎行事をしなければならない

・行事の準備として折り紙で100本のバラを折る

・歌を歌いながら会長と腕を組み、「愛してます」と言わされる

・搭乗時のブリーフィングより、歓迎行事を優先させるので、安全面がないがしろにされている


……まだまだ一部でしょうけど、こんな告発が相次いでいるとのこと。


いやぁ、凄いですなぁ。


まるで、性行為を目的に立ち上げたカルト宗教みたいですwwwwwwwww




ま、キチガイしか存在しないバ韓国なので、

こんなことがまかり通っているのでしょうね。


-----------------------
「体に触るのやめて」 アシアナ航空でもパワハラか

 経営者一族によるパワハラが問題になった大韓航空に続き、韓国第2の航空会社「アシアナ航空」でもパワハラ騒動だ。73歳の会長が客室乗務員らの体に触るなどしているとして猛烈な抗議を受けている。

 不気味な仮面の集団。経営者のパワハラを告発する韓国アシアナ航空の客室乗務員らだ。立場を利用してCAの体に触る。不名誉なスキャンダルが浮上しているのは、この人、アシアナ航空のパク・サムグ会長だ。アシアナ航空はナッツリターン事件に端を発し、経営者一族の横暴が次々と暴露された大韓航空に次ぐ韓国第2の航空会社。何か構造的な問題なのか。パク会長が職場に来る際はすさまじい歓迎行事を強要されたという。折り紙で100本のバラの花束を作って歌を歌い、会長と腕を組み扇の舞を踊る。そして、こんなセリフを言わされたという。

 アシアナ航空のCA:「会長にお目にかかれるなんて、夜も眠れませんでした。愛しています

 その様子はまるでカルト宗教のようだと内部告発者は指摘する。また、こうした歓迎行事のため搭乗前のブリーフィングに参加できないなど、安全面がおろそかにされている疑いもある。アシアナ航空側は会長の職場訪問は激励が目的だったと釈明。ブリーフィングに支障をきたした事実は確認されていないと主張するが会長の職場訪問は中止しているという。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000131620.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る