韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ウンコ酒

輸入ビールが市場を占めるバ韓国、貿易赤字は1億ドルを突破!!!!

バ韓国製のビールは小便味です


現在、バ韓国では輸入ビールが市場を占めているようで、

ビールの貿易赤字が1億ドルを突破したようです。


けしからん話ですね。

ヒトモドキの分際で、人類と同じ酒を飲むだなんて!!


きゃつらには小便酒やウンコ酒がお似合いです。


無理に背伸びしてヒトの真似をしても、

不様な醜態を晒すだけなんですからwwwwww




ちなみに、この貿易赤字は今後も増え続ける見通しとのこと。

バ韓国の国力が衰えるのは人類にとって歓迎すべき事態なので、

大目に見てやりましょうかねwwwwwww



-----------------------
韓国ビール市場、輸入ビールが占領…貿易赤字1億ドル超

 韓国で輸入ビールがブームを起こし、初めて貿易赤字が1億ドル(約110億8000万円)を超えた。

 22日、韓国関税庁の輸出入貿易統計によると、2017年韓国のビールの年間輸入額は2016年より44.9%増えた2億6309万ドルということが分かった。韓国ビールの輸出額1億1245万ドルの2倍に達する。

 これを受け、2017年の韓国におけるビール貿易の赤字規模は1億5065万ドルで2016年より66.1%急増した。ビールの貿易赤字規模が1億ドルを超えたのは今回が初めてだ。

 このような結果の原因としては多様な外国ビールを好む消費傾向の拡大、海外旅行を経験した20~30代若年層の外国ビールへの選好増加などが挙げられる。また、大型マートやコンビニなどで行っている「外国ビール4缶に1万ウォン(約1036円)」マーケティングも奏功したという分析だ。

 特に、今年からは米国と欧州ビールに対する韓国の輸入関税が消えることで輸入ビールが韓国市場を占める速度が加速化するものと見られている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000022-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国のマッコリ、5年間で輸出量が75パーセント減!! バ韓国側が打ち出した対策は……

不潔な飲み物の代表格・バ韓国のマッコリ


バ韓国のマッコリの輸出額が激減しているとのこと。

この5年間で75パーセントも減っているようですね。


ま、当然と言えば当然でしょう。

当ブログの管理人である私は飲んだことなどありませんが、

屑チョンの造るものなんざ推して知るべしでしょうからwwww



これを受け、バ韓国イの農水産食品流通公社は、

「マッコリのイメージを高価・高品質の酒と変えなければならないニダ!」

などと発言しているようです。


本当に馬鹿ですねぇ。

バ韓国というイメージと“高価・高品質”は真逆だというのにwwww


ま、屑チョンどもの化けの皮が剥がれている現在は、

何をやっても無駄でしょうね。



-----------------------
韓国のマッコリ輸出が5年で75%減 日本酒と対照的

 一時、大ブームを巻き起こしたマッコリ(韓国伝統の濁り酒)の輸出が、安定した海外市場の構築に失敗したことで減少を続けている。 

 韓国農水産食品流通公社(aT)が先ごろ公開した「2017農食品輸出イシュー報告書」によると、昨年のマッコリの輸出額は1286万8000ドル(約14億6000万円)だった。 

 マッコリの輸出額は2011年に5273万5000ドルを記録したのをピークに、5年で75.6%減少した。 

 今年1月から11月までの輸出額は前年同期比4.6%減の1110万ドルで、今年の年間輸出額も前年を下回る見通しだ。 

 マッコリの輸出額は焼酎(8410万ドル)やビール(1億370万ドル)などほかの酒類と比べ小規模だ。最近、韓流ブームが起きているベトナムや台湾などでは輸出額が2桁成長を見せているものの、輸出量は多くない。 

 同じ期間の日本酒の輸出額は1億4361万ドルで30.2%増加、中国の伝統的な蒸留酒「白酒」は4億6789万ドルで172.7%増加した。 

 マッコリは10年から11年にかけ、韓流ブームと円高の影響を受け、生産量と輸出量が増加したが、海外で品質が認められず、「韓国の伝統酒」というブランドイメージを確立できなかったことなどが影響し、安定した消費市場を構築するのに失敗した。 

 高級なイメージを確立した日本酒や白酒とは異なり、低価格中心の輸出戦略を進めたことがマッコリの敗因だったと報告書は分析している。 

 実際、マッコリの昨年の平均輸出単価は1リットル当たり0.99ドルで、1ドルに満たない。一方、日本酒は1リットル当たり7.28ドル、白酒は同28.65ドルだった。 

 また、マッコリはほとんどが透明か緑色の半透明のペットボトル容器に入れられ、類似したデザインで発売されており、若者層を攻略するためのデザインの面でも失敗したと報告書は説明した。 

 aTは報告書で、マッコリの輸出を拡大するためには安いというイメージから、高価・高品質の酒というイメージに消費者の認識を変えなければならないと強調した。また、輸出先を多角化し、世界の主な市場のトレンドである低度数・ノンアルコールに合ったマッコリの新製品を開発するなどの努力が必要と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00000007-yonh-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【不買運動はどうした?】バ韓国でビールの輸入額が過去最高に! しかも日本産ビールが1位とはwwwww

バ韓国塵はウンコ酒でも飲んでろ!


種としての終焉を間近に控えているバ韓国塵ども。

その現実から目をそらそうと必死なのでしょうね。

飲酒に走る屑チョンが後を絶たない状態ですwwwwww



そんなバ韓国におけるビールの輸入額が過去最高になったんだとか。

しかも、日本産のビールが輸入額の3割近くとなっていて1位とのこと。



非常にけしからんですね。

まだまだ反日が足りていない証拠でしょう。

そもそもヒトモドキの分際で人類用のお酒を飲むだなんて許し難い行為です。



大人しくウンコ酒でもガブ飲みしながら、滅びの時を待っていてほしいものですね。


-----------------------
ビール輸入額が過去最高に 日本産が1位=韓国

 韓国貿易協会は22日、1~10月のビールの輸入額が1億1800万ドル(約145億円)となり、過去最高を更新したと明らかにした。初めて1億ドルを超えた前年の同期比では26.9%増加した。

 韓国の2000年のビール輸入額は500万ドルにすぎなかった。若者を中心に海外の多様なビールを求める傾向が続いており、15年間で20倍以上拡大した。

 国別では、アサヒやサッポロ、キリンビールなどが根強い人気を誇っている日本からの輸入額が前年同期比24.4%増の3400万ドルとなり、最も多かった。エールビールが中心のドイツが同27.7%増の1600万ドルで2位。ギネスビールを生産するアイルランドは同66.9%増えた1300万ドルで3位となった。青島ビールが人気の中国は同61.7%増の1200万ドルで4位だった。

 輸入ビール業者は「海外旅行で味わったビールを国内で求めるケースが多い。アサヒやバドワイザー程度だったブランドの種類も多様化し、市場規模も大きくなった」と説明した。輸入ビール業界の積極的な割引キャンペーンなども大きく後押ししたとみられる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/22/2015112200393.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【崩壊間近のバ韓国】危険飲酒に走るメスが増加中!! この10年で2倍以上に!!

ウンコ酒で屑チョンがたくさん死にますように


バ韓国では、アルコール中毒に陥るメスが増加中なんだそうです。

国の崩壊を肌で感じている屑チョンどもは、飲酒や喫煙に走るしかないんでしょうねwwww


ま、屑チョンのメスにはもっと危険飲酒してもらいましょう。

流産、不妊などで害獣が生まれにくくなるのは人類にとって大歓迎ですからね。



アル中でおっ死ぬ屑チョンがオスメス問わずさらに増加してくれますように。

-----------------------
韓国で酒に依存する30代の女性が増える

 韓国で、酒に依存したり、乱用して精神的に治療が必要な「アルコール使用障害」、すなわち、アルコール中毒に陥った人のうち、男性は減っているのに対し、女性はますます増えている。

 アルコール使用障害は過度な飲酒で精神的、身体的、社会的機能に障害が来る「アルコール乱用」と、酒のせいで問題が起きているにもかかわらず、酒をやめられない「アルコール依存」を両方とも含んでいる。

 韓国の盆唐ソウル大学病院の精神健康医学科のソン・スジョン教授チームが、2001年と2011年の全国精神疾患の実態調査にそれぞれ参加した18~64歳の1万人以上の成人を対象に、10年間、性別によるアルコール使用障害の違いを比較して分析した結果、このようなことが明らかになった。

 研究結果によると、アルコール乱用の危険度は、2001年に男性が女性よりも6.41倍高かったが、10年が過ぎた2011年には4.37倍の差へと減少した。アルコール依存の危険もやはり3.75倍から2.26倍の差へと減少した。アルコール使用障害の危険度の男女別の違いの減少は、ほぼすべての年齢層で示されたが、若年層での変化が目立った。特に18~29歳では、アルコール依存症と乱用の両方で、男女間の危険度の差が統計的に有意ではない水準まで落ちた。

 アルコール依存では30~39歳の場合も、男女間の危険度の差がなかった。このように、アルコールの乱用に、男女間の差がなくなったのは、女性のアルコール乱用が増加したためというのが研究チームの分析だ。また、アルコール依存で男女差がなくなったことも20代の男性のアルコール依存の減少、30代の女性のアルコール依存の増加のためというのが研究チームの説明だ。実際に2001年と2011年のアルコール乱用の比率を年齢別に比較してみると、30代の女性でひときわ危険度が2.13倍高くなった。

 それだけ30代女性の危険飲酒が増えたという話だ。また、男性のアルコール依存の危険は全年齢層で全体的に減少したが、女性は、このような減少が観察されなかった。研究チームは、このような内容の論文を国際学術誌である『大韓医学誌(Journal of Korean Medical Science)』11月号に発表した。

 ソン教授は「西欧では、アルコール使用障害の危険度の男女差が徐々に減少する傾向を示すという報告があったが、アジアの国で体系的な比較研究が出てきたのは今回が初めてだ」とし「しかし、韓国の場合、米国とは異なり、男女差の減少変化の幅が非常に大きく、急激な社会変化を示唆するものと見られる」と述べた。

http://mottokorea.com/mottoKoreaW/KoreaNow_list.do?bbsBasketType=R&seq=28317&cate3=&pageNum=
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る